お知らせNews

「シャドーイングは本当に有効か?」

皆さん、こんにちわ。

Discovering Soundsの講師の森本です!

今日は以下の内容についてお話ししたいと思います。

「シャドーイングは本当に有効か?」

をご紹介します。
ネットではとにかく「シャドーイングが英語上達に有効」と書かれていることが多いですね。
本当に果たしてそうなのか、というところをお話ししたいと思います。

本記事では、「シャドーイングは本当にいいの?」「シャドーイングは本当に効果があるの?」というところをご紹介します。

「シャドーイング」とは?

もともとは同時通訳者のための訓練方法として知られていました。

聞いた英語の音声を聞きながらすぐに繰り返す方法で、ただ単に音読するよりはずっと難易度が高いです。

音読であれば、自分のやりやすいスピードに調整して読む事ができますが、シャドーイングは音声のスピードについていきながら、音声を聞きながら繰り返さないといけません。

 

「初心者でもシャドーイングすれば上手くなれるのか?」

これはよく質問されます。果たしてシャドーイングはどんな英語レベルの人にも有効な練習方法なのでしょうか。
答えは「NO」です。

英語初心者はまず発音ができていません。発音ができていないのに、ネイティブのナチュラルスピードの音声にまずついていけません。

初心者がシャドーイングをするのは、英会話で、いろんな勉強法を飛ばしていきなりペラペラになろうとしているようなものです。センテンスを読む練習をやるには、発音の基礎ができていないと上手くはなりません。

 

「シャドーイングはどの英語レベルに有効なのか?」

シャドーイングをやって有効な人というのは、以下の英語レベルの人です。

・単語レベルの発音がすでに問題ない
・ある程度英語が話せる
・自分で音読練習をやっている
・発音の勉強をしたことがあり、ある程度の知識がある

以上の知識があり、英語レベルがある程度あれば、シャドーイングはとても有効です。英語上級者に向いている方法なのです。

当校の生徒さんであれば、A2級以上の生徒さんです。A2級では省略形の基礎をやります。
省略形をやることで、センテンスにおける音の変化を勉強しますので、ネイティブのナチュラルスピードでの音の変化にある程度口と舌がついてきます。S1級までの省略形の応用をやれば、さらにシャドーイングの完成度も高くなっていくでしょう。

「シャドーイングを本当に有効活用したい」場合は、発音の基礎から勉強し、センテンスでの音の変化を理解してからやるべきでしょう。そうでないと、間違った発音で練習してしまうことにもなりますし、いくら練習しても完成度が上がらない結果になってしまいます。

いかがでしょうか?
今回の記事では、「シャドーイングは本当に有効か?」
についてご紹介しました!

 

 

その他の記事はこちらからどうぞ!
「glottal-t,glottal stop」とは?

「Elision(脱落)」とは?

「Assimilation(同化)とは?」と「Elision(脱落)」との違いは?

「英語の[r]ってどんな音?」
「日本人が間違えて発音している子音」
「英語の発音はネイティブに習うほうがいいのでは?の勘違い」
「イントネーションと抑揚」・「アクセントとストレス」・「トーン」それぞれの違いとは?
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第3弾」
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第2弾」
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第1弾」
「聞き取れた英語をどうすればもっと記憶に残すことができるか?」
「英語のリスニングはどうやったら伸びますか?」
「カタカナ英語は何がだめなのか?」
「他言語と英語のスペルの関係」について」
「日本人が間違えやすい発音の一覧をご紹介!」ついて 
「本当に英語の発音は独学でマスターできるのか?」 
「英語の発音記号ってどの位役に立つ?」

お気軽にお申し込みください!

60分無料体験レッスンのお申し込み