お知らせNews

「Elision(脱落)」とは?

皆さん、こんにちわ。

Discovering Soundsの講師の森本です!

今日は以下の内容についてお話ししたいと思います。

 

「Elision(脱落)」とは?

をご紹介します。当校で「Elision(脱落)」という表現はまったく使用しません。

「Elision(脱落)」ルールはすべて「glottal-t、glottal-stop」のところ、3級でまとめて指導しています。

なぜなら、厳密に分けて指導すると、細かいルールのため生徒さんが混乱しやすいためです。

今日は、細かいルールを勉強するのが好きな方に向けて、「Elision(脱落)」ルールをご説明させていただけたらと思います。

「glottal-t、glottal-stop」に関しては別記事にしていますので、そちらを御覧ください。

 

本記事では、「Elision(脱落)」とは?をご紹介します。

 

「Elision(脱落)」とは?

では次に「Elision(脱落)」はいつ起きるのか?ルールをご説明したいと思います。

 

①前後の単語の子音が同じであるとき、前の子音が脱落する。

goo(d) deal

don’(t) talk

so(me) men

 

②前後の単語の子音の口の形が同じとき、前の子音が脱落する。

kee(p) back

ba(d) time

dar(k) gray

 

③前後の単語の子音の発音するときの口の形が近い、舌のポジションが同じのとき、または以下の組み合わせのとき前の子音が脱落する。

<t+子音のとき>

*t+s

tha(t) seems good

*t+ ʃ

whi(te) shirt

*t+ ð

ask(ed) them

*t+ θ

won’(t) throw it

*t+ z

the Tempera(te) Zone

*t+ n

absolu(te) nonsense

*t+ p

tha(t) package

*t+ b

cu(t) bread

*t+ k

tigh(t) corner

*t+ d

attach(ed) document

*t+ g

plan(t) growth

*t+ tʃ

accep(t)  changes

*t+ dʒ

curren(t) job

—————————————————————–

<d+子音のとき>

*d+ s

studie(d) smile

*d+ ʃ

ru(de) shock

*d+ ð

di(d) that

*d+ θ

ba(d) thought

*d+ z

re(d) zone

*d+ n

goo(d) news

*d+ p

ba(d) person

*d+ k

atten(d) class

*d+ t

goo(d) teacher

*d+ tʃ

ba(d) check

*d+ dʒ

goo(d) job

—————————————————————–

<g+子音のとき>

*g+ s

dru(g)store

*g+ ʃ

fla(g) ship

*g+ ð

dra(g) this

*g+ θ

clo(g) thongs

*g+ z

bi(g) zoo

*g+ n

wi(g) net

*g+ p

zigza(g) path

*g+ k

bi(g) catch

*g+ t

bi(g) tree

*g+ tʃ

bu(g) check

*g+ dʒ

bi(g) jar

—————————————————————–

<p+子音のとき>

*p+ s

backu(p) system

*p+  ʃ

dro(p) sharply

*p+ ð

sto(p) that

*p+ θ

dee(p) thinking

*p+ n

develop new product

*p+ k

a(pp) code

*p+ d

sto(p) dead

*p+ g

kee(p) going

*p+ t

sto(p) talking

*p+ tʃ

shar(p) child

*p+ dʒ

chea(p) joke

—————————————————————–

<k+子音のとき>

*k+s

ba(ck) stage

*k+ ʃ

bla(ck) shirt

*k+ ð

as(k) them

*k+ θ

spea(k) through

*k+ z

che(ck) Zoom

*k+ n

dar(k) night

*k+ b

boo(k)binder

*k+ d

ba(ck) draft

*k+ g

wor(k) group

*k+ p

ba(ck) pack

*k+ t

oa(k) tree

*k+ tʃ

ban(k) check

k+ dʒ

jun(k) jewelry

—————————————————————–

 

今回は「Elision(脱落)」のルールを説明しましたが、いかがでしたか?

これらのルールを知り、使いわけることによって、よりネイティブの発音に近づいていくのですね!

今回の記事では「Elision(脱落)」とは?についてご紹介しました!

次は「glottal-t、glottal-stop」とは?をご紹介します。

 

その他の記事はこちらからどうぞ!

「glottal-t、glottal-stop」とは?

「Assimilation(同化)とは?」と「Elision(脱落)」との違いは?

「英語の[r]ってどんな音?」
「日本人が間違えて発音している子音」
「英語の発音はネイティブに習うほうがいいのでは?の勘違い」
「イントネーションと抑揚」・「アクセントとストレス」・「トーン」それぞれの違いとは?
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第3弾」
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第2弾」
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第1弾」
「聞き取れた英語をどうすればもっと記憶に残すことができるか?」
「英語のリスニングはどうやったら伸びますか?」
「カタカナ英語は何がだめなのか?」
「他言語と英語のスペルの関係」について」
「日本人が間違えやすい発音の一覧をご紹介!」ついて 
「本当に英語の発音は独学でマスターできるのか?」 
「英語の発音記号ってどの位役に立つ?」

 

 

お気軽にお申し込みください!

60分無料体験レッスンのお申し込み