レッスン内容のご紹介 Lesson

ネイティブ筋エクササイズとは

日本人のために開発された
英語発音に必要な筋肉を鍛える最新発音習得法です

ネイティブは英語を話すとき、常に口まわりの筋肉を使って口や唇の開閉調節をしながら発音しています。口を大きく動かしているように見えますが、実際は動かしていないのです。
あひる体操を行うことでネイティブと同じように口まわりの筋肉を使えるようになります!

Point 01英語を話すために必要な口周りの筋肉、鍛えてますか?

英語発音に必要な筋肉の動き

英語を正しく発音するために必要な筋肉は、日本語を話しているだけでは鍛えられません。 ネイティブが発音に使っている筋肉が、日本人には無いからです。
日本人特有のカタカナ発音から抜け出すためにはまず、舌・唇・口周りの筋肉を鍛えなくてはならないのです。
Discovering Soundsの発音矯正レッスンでは英語発音を習得するために必要な、口周りのネイティブの筋肉の習得を重点的に行います。
そのことによって舌・唇・口周りの筋肉の使い方を理論的に身につけ、ネイティブと同じ発音をするための基礎能力を身につけることができるのです。

Point 02手に入れたいのはネイティブな発音?モノマネの発音?

日本人が必要としている最新発音技術!

他の英会話スクールや発音スクールでは日本語・英語の仕組みの違いは教えません。「Repeat after me.」の繰り返しで、講師のマネをさせることによって上手に話せたような気持ちにさせているのです。
結局それは、今の生活で使用している日本語を駆使して発音した、モノマネの英語であって、本来のネイティブの発音とは異なるものです。日本人がネイティブと同じ発音をするには、その英語の筋肉(ネイティブ筋)の仕組みを知る必要があります。日本語と英語の違いを踏まえた日本人のための発音技術を手に入れるべきなのです。
あなたが時間とお金をかけて習得したいものはモノマネだけの発音なのでしょうか?

Point 03“ネイティブ教師だから”ネイティブ筋を説明できる?

理論で覚える発音習得方法!

ネイティブの外国人講師は当然、「本物の英語を話す」ことが可能です。
ただ、ここで問題なのは、いくら講師自身が「本物の英語を話す」ことが可能であっても日本語と英語の発音構造の違いをきちんと理解している講師でない限り、カタカナ発音の原因を根本的に直し、受講生に「本物の英語の話し方を理解・習得させる」ことはできないのです。
それこそ発音矯正どころかモノマネをさせて終わりになってしまいます。
結果、「本物の英語を話す」外国人講師に学んだのに「本物の英語」が身に付かなかったという事態を招くのです。
Discovering Soundsでは、日本語と英語の発音構造の違いを理論的に熟知したD.S専属認定講師がレッスンを行うため「本物の英語の話し方を理解・習得する」ことが可能となるのです。

では、ネイティブの英語の筋肉を手に入れるために
どうすればいいの?

Best Answer「ネイティブ筋エクササイズ」の習慣化です!

ネイティブ発音習得の近道!
ずばり、ネイティブ筋エクササイズしかありません!

日本語と英語はもともと使用している筋肉が異なるため、ネイティブがネイティブの発音をどのように作り出しているのか?を理論的に理解し、口周りのエクササイズによって筋肉を身に付ける必要があります。
Discovering Soundsでは日本語と英語の発音の違いを理論的に熟知したD.S専属認定講師がレッスンを行い、あなたのネイティブ筋を鍛え上げます。そしてそれこそが、日本人が話すことのできる本物のネイティブ発音となるのです。