研究活動 Research Activities

Discovering Soundsでは、
外部研究機関との共同研究や論文執筆などを通じて、英語発音の研究活動にも積極的に取り組んでおります。

共同研究

共同研究先

熊本大学
工学部 情報電気工学科
音声言語インターフェース研究室

URL:http://www.voice.cs.kumamoto-u.ac.jp/

研究内容

Discovering Soundsは、熊本大学大学院先端科学研究部上田裕市先生、坂田聡先生にご協力頂き、長年培ってきた当スクールの英語発音矯正メソッドをより直感的に理解できるような学習ツールの開発を開始しております。
従来の発音学習は、お手本となる音を聞き、その音の真似をして学習するという方法がほとんどだったと思います。学習者自身の感覚に頼ったこの方法では、“何を、どのように改善した、正しく発音できるのか”の理解が不十分な状態での学習となる為、効率的に、正しい発音で学んで行くことが難しい状況となります。熊本大学との共同研究では、正しい英語の発音の方法を視覚と聴覚の両方の感覚を活用しながら、体系的に学習できるツールを作成しています。

論文執筆

一般社団法人 教育システム情報学会第45回全国大会 (2020年9月3日)

◆ 今迄にない独自の英語発音矯正法に基いたeラーニングサービス『ネイティブの口』のご紹介

第45回全国大会発表原稿

言語エキスポ2020 <言語教育エキスポが自信を持って紹介する出版社企画> (2020年10月25日)

◆ eラーニングサービス『ネイティブの口』のご紹介

言語エキスポ2020 発表原稿

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み