英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の発音はネイティブに習うほうがいいのでは?の勘違い

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsです!

今日は以下の内容についてお話ししたいと思います。

 

発音はネイティブに習うほうがいいのでは?」の勘違い

最近この質問をされることが大変多く、記事にすることにしました。

 

最初にタイトルの答えを書きます。これは「NO」です!

その理由は以下の通りです。

 

理由その1

英語もある程度話せるようになったら、ネイティブに習ったほうがいいと思いますよね。

私も英会話なら、ネイティブに習います。では、発音ではどうなのでしょうか?

もし仮に、外国人に日本語の発音の違いを質問されたら、答えられますか?

 

「サンバ」「インク」「蘭」この3つの日本語の「ん」の発音は、実は違います。

私は日本語を教える勉強はしていないので、外国人に日本語を教えることは絶対出来ません。

ですが、この3つの違いは説明できます!

なぜなら、タイトルの質問をされることが多いので、説明できるようになりました。

あなたは「この質問を外国人にされたら、英語の発音記号を使って解説できますか?」

 

理由その2

「発音はネイティブに習ったほうがいい」と思っている人は非常に多くいます。

日本人でも日本語が誰でも教えられるわけではないですよね?

なぜ「ネイテイブだと誰でもできる」と思うのでしょうか?

発音を教えられるネイテイブは非常に少ないです。

なぜなら、彼らは「自然に発音している」ので、どうしてその音になるのか、どこをどう使って

出しているのか、というところが説明できないのです。自然にやっていることを、じゃ、解説してください

と言われてすぐに解説出来る人はいませんよね。

 

私も英会話スクールに通っていたとき、発音クラスというのがあったので、面白そうと思って受けてみました。

ネイテイブが音をチェックしていくのですが、「違う、その音じゃない、こう!」とマネすることだけを

指導されました。他のクラスでは、flap-tの音が、「違うわ、それだとrすぎる、こうよ。違う違うーー」という

感じで、「何が違う」「どう違う」「どうすれば出せる」という指導は全くなしでした。なぜなら、

そこまで指導できないんです。実はこのスクールがきっかけで、私は発音の道へ進んだのでした!

 

日本語は子音と母音を同時に発音しますが、英語はこれを別々に発音します。当校で指導している、

子音の分離ですね!多くの英会話レッスンを受けてきましたが、今までネイテイブでこの分離を指摘した人は、

ただ1人でした。でも彼も、どう出しているかまでの説明ではなく、「無声子音の後の空気音がないね」

「音が違うよ」という指導だけでした。私は分離することを知っていた時だったので、「あ、忘れてた」で

済みましたが、まったく知識のない人だったら、彼の言っていることもわからなかったと思います。

 

理由その3

つまり、日本語も英語も指導法を勉強した人が教えることができ、発音も同じなのです。

発音の指導法を勉強した人が指導できる。誰でもできるわけではないということですね。

なので、ネイテイブなら誰でも発音を教えられる、というのは間違いです。

 

今回の記事では「発音はネイティブに習うほうがいいのでは?」の勘違い

の理由をご紹介しました!

 

その他の記事はこちらからどうぞ!

「Assimilation(同化)とは?」と「Elision(脱落)」との違いは? 
「英語の[r]ってどんな音?」
「日本人が間違えて発音している子音」
「イントネーションと抑揚」・「アクセントとストレス」・「トーン」それぞれの違いとは?
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第3弾」
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第2弾」
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第1弾」
「聞き取れた英語をどうすればもっと記憶に残すことができるか?」
「英語のリスニングはどうやったら伸びますか?」
「カタカナ英語は何がだめなのか?」
「他言語と英語のスペルの関係」について」
「日本人が間違えやすい発音の一覧をご紹介!」ついて 
「本当に英語の発音は独学でマスターできるのか?」 
「英語の発音記号ってどの位役に立つ?」


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み