お知らせNews

「英語の発音記号ってどの位役に立つ?」

皆さん、こんにちわ。

Discovering Soundsの講師の森本です!

今日は以下の内容についてお話ししたいと思います。

「英語の発音記号って英語の勉強に役に立つのですか?」

「英語の発音記号って覚えないといけないんですか?」

 

と疑問に思われる方、勉強するかどうかで悩んでいる方も多いと思います。

そこで、本記事では「なぜ英語の発音記号が英語と英語の発音を勉強する上で大切か」

をご紹介します。

 

「英語の発音記号は役に立つ?」

という疑問ですが、これはずばり、「役に立つ!」の一言に尽きます。

初見の単語というのは、どう発音するのかわかりません。発音記号を見ずに、

音声だけを聞いたとします。英語の発音を勉強したことのない方が、音声だけ

聞いたとして母音はどの音だったとか聞き取れるでしょうか?

またそれが紙の辞書だったら?音声がないうえに、単語だけを見て発音したとします。

それはすべて自己流の発音です。「たぶんこういう音だろう」という想像でしかありません。

単語本来の発音を知るためには「発音記号を知る」「発音記号のそれぞれの音を知る」

という勉強が必須になってくるわけです。

 

それでは「発音記号のそれぞれの音を知るためには何をすればよいのか?」

答えは、まずは「フォニックスを勉強する」です。フォニックスは発音の基礎で、

様々なルールがあります。このルールを知る、フォニックスと一緒に発音記号を

勉強することで、単語の発音を間違えず、初見の英文でもそれぞれの発音がわかるように

なってきます。

 

 「英語の発音記号って覚えないといけないんですか?」

という疑問に関しては、これは「覚えたほうが断然いい」というより、「絶対覚えるべき」です。

なぜなら、発音がわからない単語を辞書で調べたときに、単語の横に発音記号が書いてあります。

この発音記号がそれぞれどの音を指しているかがわからないと、発音がわかりません。

単語を調べる→発音記号を見る→発音記号を見て音が想像できるというのが理想ですね。

ただ、発音記号の音を正しく発音する方法というのは、一日二日では身につきません。

フォニックスはルールを知り、発音記号がある程度わかるようになるための勉強、

実際の発音の勉強はそれだけでは足りません。

 

「実際に発音をよくするには何をすればいいのか?」

この疑問はずばり「発音矯正」ですね。というわけで当校のような発音矯正スクールが

存在するわけです。

 

「発音記号って辞書でバラバラじゃないですか?」

というのはよく生徒さんにも質問されます。

これは実際その通りで、辞書により採用している発音記号が違ったりしています。

発音記号には大きく分けて2種類あります。

1つはJones式(ジョーンズ式)。もう1つはIPA(アイ・ピー・エー)

(International Phonetic Alphabetの略)です。

日本では長くJones式が使われていましたし、今も多くの辞書で使われています。

ジーニアスの辞書がその代表例ですが、オンライン辞書でいうとアルクもそうです。

しかし、最近ではIPAが国際的に多く使われるようになっています。

オンライン辞書でいえば、国内でいうとWeblio、国外のものではCollins、Longman、

Cambridge、OxfordなどはIPAが採用されています。これらの辞書でも時々見られるのが

IPAとJones式の混合表記です。ですので、両方知っていると間違いなく役に立ちます。

 

私個人的にもIPAのほうが好きなのですが、なぜかというと、発音記号を書くときに

書く文字数が少ないということです。例えば、母音の[r]に関して言うと、

Jones式は[əːr]:アクセントあり、[ər]:アクセントなしの表記ですが、

IPAは[ɚː] :アクセントあり、[ɚ] :アクセントなしの表記となり、書く文字数が少ないのですね。

 

発音記号の母音と子音の音は英単語のように数が多くありません。ですので、覚えてしまうほうが

将来的に英文は楽に読めるようになるし、発音の勉強にも不可欠です。

単語を覚えるだけでも大変なのに、発音記号まで覚えてられない!という方もいらっしゃいますが、

そんなことを言っているようでは発音はなかなか上達しません。いつまでたっても自己流カタカナ発音

からの脱却は難しいのです。

発音記号にはアクセント=ストレスの記号もついています。ただ単に音を知るためだけではなく、

単語のどこにストレスがくるのかを知るためにも、単語を調べるときは発音記号を必ずチェックすべきですよね。

自己流で覚えてしまって、ストレスがずれて読んでいる方もよく見かけます。

ストレスが1個ずれるだけで別の単語に聞こえたりもします。ネイティブに通じない英語からの脱却には、

発音記号を知る、勉強するというのはとても大切なことなのです。

 

いかがでしたか?

発音記号は発音の勉強には欠かせないものです。発音を上達させるためにもぜひとも覚えましょう!

 

その他の記事はこちらからどうぞ!

「Assimilation(同化)とは?」と「Elision(脱落)」との違いは? 
「英語の[r]ってどんな音?」
「日本人が間違えて発音している子音」
「英語の発音はネイティブに習うほうがいいのでは?の勘違い」 
「イントネーションと抑揚」・「アクセントとストレス」・「トーン」それぞれの違いとは? 
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第3弾」
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第2弾」
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第1弾」
「カタカナ英語は何がだめなのか?」
「聞き取れた英語をどうすればもっと記憶に残すことができるか?」
「英語のリスニングはどうやったら伸びますか?」
「他言語と英語のスペルの関係」について 
「日本人が間違えやすい発音の一覧をご紹介!」
「本当に英語の発音は独学でマスターできるのか?」

お気軽にお申し込みください!

60分無料体験レッスンのお申し込み