お知らせNews

「Assimilation(同化)とは?」と「Elision(脱落)」との違いは?

皆さん、こんにちわ。

Discovering Soundsの講師の森本です!

今日は以下の内容についてお話ししたいと思います。

 

「Assimilation(同化)ってなに?」

同化についてわからない、「Elision(脱落)」と混同している場合も多いので、今日は、「Assimilation(同化)」と「Elision(脱落)」の違いについてお話します。

 

「Assimilation(同化)とはどういうときに起きるのか」 

 「Assimilation(同化)が起きるとき」

同化には2種類あります。

ケース①:「後ろの子音の音に影響され、前の子音の音が変化する場合」

ケース②:「後ろの子音の音とくっついて1つの音になる場合」です。

当校では、この2つのケースをそれぞれ以下のように指導しています。

 

ケース①:「後ろの子音の音に影響され、前の子音の音が変化する場合」

このケース①に関しては、当校では「Assimilation=同化」としては指導していません。なぜなら、同化にはならないためです。ですが、一般的にはこれらの子音の組み合わせは、「Assimilation=同化」として紹介されていることが多いです。ここでは当校で指導している解説をご紹介しています。

 

例①:「miss you」=「s ju:

太字のs+j=「ʃとするのではなく、「s ju:」のまま発音。

 

例②:「Does she / Is she / Has she」=「z ʃi / ɪʃi / həz ʃi 」

太字の「z」+ʃの「z」がʃとなるのではなくdə(z) ʃi / ɪ(z)  ʃi / hə(z) ʃi 」とし、「z」は完全に脱落します。

これは「Assimilation=同化」ではなく「Elision=脱落」ルールになります。

 

例③:「Was shocked / He’s short」=z  ʃɑːkt / hiːz  ʃɔːrt

太字の「z」+ʃの「z」がʒとなるのではなく、発音記号はz  ʃɑːkt / hiːz  ʃɔːrt」のまま、センテンスでは「z」を弱く読むため、「z」度数20%ほど(zを弱く読むことを当校でこう指導しています)で発音します。

 

例④:「She’s yet / His wife / Practices yoga / Is your」=ʃiːz jet / z waɪf / præktɪsɪz joʊɡə / ɪz  jər」

太字の「z」+「j」、「z」+「w」は「z」がʒとなるのではなく、発音記号はʃiːz jet / z waɪf / præktɪsɪz joʊɡə / ɪz  jər」のまま、センテンスでは「z」を弱く読むため、「z」度数20%ほどで発音します。

 

例➄:「This shop」=「ðɪs ʃɑːp

太字の「s」+ʃ「s」はʃとなるのではなく、発音記号通りのðɪs ʃɑːp 」で発音し、「s」もʃ」も両方しっかり発音します。

例①~➄のように、他では「Assimilation(同化)」としているルールも当校では当てはまりません。

 

ケース②:「後ろの子音の音とくっついて1つの音になる場合」

では2つ目の「後ろの子音の音とくっついて1つの音になる場合」をみていきましょう。こちらは当校でも指導している「Assimilation(同化)」のルールとなります。

 

例①:「Did you / send you / hold your / need you / would you  」=「d ju: / send ju: / hoʊld jər / ni:d ju: / wʊd ju:

太字の「d」+「j」は「」になり、最終的に「ʒ」へと変化します。前後の子音がくっついて1つの音になる例です。

 

例②:「meet you / missed you / not your / got you / asked you / lost your 」=「 mi:t ju: / mɪst ju: / nɑːt jər / ɡɑːt ju: / æskt ju: / lɔːst ju:

太字の「t」+「j」は前後の子音がくっついて「」になります。

 

このように、「Assimilation(同化)」というのは、「前後の子音が互いに影響し合い、別の音に変化する」ということなんですね!

 

当校ではこの「Assimilation(同化)」の2つ目の発音は、A2級のところで勉強します。

 

「Elision(脱落)ってなに?」

一方で「Elision(脱落)」は単語が2つ以上並んだとき、前の単語の語末の子音が脱落することを言います。ざっくり言うと、前の単語の終わりの子音が「t」「d」「p」「k」で、後ろの単語の始まりが子音であった場合、前の子音が脱落する現象が発生します。

単語が2つ並ぶ場合以外にも、単語単体で「t」「d」の音が脱落する場合もあります。

例:button, curtainなど太字部分が脱落

当校はこの脱落のルールと発音は、3級で勉強しますが、「p」と「k」に関しては上級知識となるため、A1級以上で別に解説しているところです。

「Elision(脱落)」はたくさんルールがあり、また別の記事に「Elision(脱落)」について書きますね。

 

それぞれの違いを説明しましたが、いかがでしたか?

これらを使いわけることによって、よりネイティブの発音に近づいていくのですね!

今回の記事では「Assimilation(同化)とは?」と「Elision(脱落)」との違いは?

についてご紹介しました!

 

その他の記事はこちらからどうぞ!

「英語の[r]ってどんな音?」
「日本人が間違えて発音している子音」
「英語の発音はネイティブに習うほうがいいのでは?の勘違い」
「イントネーションと抑揚」・「アクセントとストレス」・「トーン」それぞれの違いとは?
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第3弾」
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第2弾」
「アメリカから最新スラング情報が届きました!第1弾」
「聞き取れた英語をどうすればもっと記憶に残すことができるか?」
「英語のリスニングはどうやったら伸びますか?」
「カタカナ英語は何がだめなのか?」
「他言語と英語のスペルの関係」について」
「日本人が間違えやすい発音の一覧をご紹介!」ついて 
「本当に英語の発音は独学でマスターできるのか?」 
「英語の発音記号ってどの位役に立つ?」

 

お気軽にお申し込みください!

60分無料体験レッスンのお申し込み