お知らせNews

「Assimilation=同化とLinking = 連結の違いとは?」

皆さん、こんにちわ。

Discovering Soundsの講師の森本です!

今日は以下の内容についてお話ししたいと思います。

 

「Assimilation=同化とLinking = 連結の違いとは?」

前回の記事「Assimilation(同化)とは?」と「Elision(脱落)」のところで、この2つの違いについてお話させていただきました。再度こちらでも同化について解説させていただき、そのあとに「Linking = 連結」についてもご説明させていただきたいと思います。

「Assimilation=同化」と「Elision=脱落」を混同する方もいますが、特に多いのが、「Assimilation=同化」と「Linking = 連結」の混同です。

今回は、「Assimilation(同化)」「Linking = 連結」の違いについてお話します。

 

「Assimilation(同化)とはどういうときに起きるのか」 

 「Assimilation(同化)が起きるとき」

同化には2種類あります。

ケース①:「後ろの子音の音に影響され、前の子音の音が変化する場合」

ケース②:「後ろの子音の音とくっついて1つの音になる場合」です。

当校では、この2つのケースをそれぞれ以下のように指導しています。

 

ケース①:「後ろの子音の音に影響され、前の子音の音が変化する場合」

このケース①に関しては、当校では「Assimilation=同化」としては指導していません。なぜなら、同化にはならないためです。ですが、一般的にはこれらの子音の組み合わせは、「Assimilation=同化」として紹介されていることが多いです。ここでは当校で指導している解説をご紹介しています。

 

例①:「miss you」=「s ju:

太字のs+j=「ʃとするのではなく、「s ju:」のまま発音。

 

例②:「Does she / Is she / Has she」=「z ʃi / ɪʃi / həz ʃi 」

太字の「z」+ʃの「z」がʃとなるのではなくdə(z) ʃi / ɪ(z)  ʃi / hə(z) ʃi 」とし、「z」は完全に脱落します。

これは「Assimilation=同化」ではなく、「Elision=脱落」ルールの1つになります。

 

例③:「Was shocked / He’s short」=z  ʃɑːkt / hiːz  ʃɔːrt

太字の「z」+ʃの「z」がʒとなるのではなく、発音記号はz  ʃɑːkt / hiːz  ʃɔːrt」のまま、センテンスでは「z」を弱く読むため、「z」度数20%ほど(zを弱く読むことを当校でこう指導しています)で発音します。

 

例④:「She’s yet / His wife / Practices yoga / Is your」=ʃiːz jet / z waɪf / præktɪsɪz joʊɡə / ɪz  jər」

太字の「z」+「j」、「z」+「w」は「z」がʒとなるのではなく、発音記号はʃiːz jet / z waɪf / præktɪsɪz joʊɡə / ɪz  jər」のまま、センテンスでは「z」を弱く読むため、「z」度数20%ほどで発音します。

 

例➄:「This shop」=「ðɪs ʃɑːp

太字の「s」+ʃ「s」はʃとなるのではなく、発音記号通りのðɪs ʃɑːp 」で発音し、「s」もʃ」も両方しっかり発音します。

例①~➄のように、他では「Assimilation(同化)」としているルールも当校では当てはまりません。

 

ケース②:「後ろの子音の音とくっついて1つの音になる場合」

では2つ目の「後ろの子音の音とくっついて1つの音になる場合」をみていきましょう。こちらは当校でも指導している「Assimilation(同化)」のルールとなります。

 

例①:「Did you / send you / hold your / need you / would you  」=「d ju: / send ju: / hoʊld jər / ni:d ju: / wʊd ju:

太字の「d」+「j」は「」になり、最終的に「ʒ」へと変化します。前後の子音がくっついて1つの音になる例です。

 

例②:「meet you / missed you / not your / got you / asked you / lost your 」=「 mi:t ju: / mɪst ju: / nɑːt jər / ɡɑːt ju: / æskt ju: / lɔːst ju:

太字の「t」+「j」は前後の子音がくっついて「」になります。

 

このように、「Assimilation(同化)」というのは、「前後の子音が互いに影響し合い、別の音に変化する」ということなんですね!

当校ではこの「Assimilation(同化)」の2つ目の発音は、A2級のところで勉強します。

 

「Linking = 連結」とは?

では次に「Linking = 連結」ルールに関してお話させていただきます。これは「Assimilation(同化)」とは違いますし、別の発音ルールになります。

では早速「Linking = 連結」ルールを見ていきましょう。

 

ルール①:前の単語の終わりが子音で、その後ろが母音の場合、音がつながります。

単語例

[s]+[ɪ] boss is

[ŋ]+[ə] talking about

[m]+[ɑː] come on

[m]+[æ] I’m absolutely

[s]+[ɪ] class is

[v]+[ʌ] give up

[f]+[ɪ] enough is

[z]+[æ] He’s as

[ʃ]+[ɑː] finish on

[v]+[ə] gave a

[z]+[ɑː] is on

[z]+[ɪ] Is it

[θ]+[ə] truth about

[ð]+[ə] with a

[ʃ]+[aɪ] wish I was,

[ʒ]+[ɪ] massage is

 

ルール②:破裂音の子音[p][k][b][g]終わりで、後ろが母音の場合、音がつながります。

単語例

[p]+[ɑː] top on

[p]+[ə] top officials

[p]+[ʌ] keep up

[p]+[ɪ] keep in touch

[k]+[ɑː] back on

[k]+[ɪ] check it

[k]+[ɪ] work in

[k]+[ə] bank account

[k]+[ə] book of

[b]+[ɑː] job offer

[b]+[æ] web application

[g]+[ʌ] dig up

[g]+[e] tag every item

 

ルール③:破擦音の子音[tʃ][dʒ][ts][dz]終わりで、後ろが母音の場合、音がつながります。

単語例

[tʃ]+[æ] as much as

[tʃ]+[ɪ] rich in ideas

[tʃ]+[ʌ] beach umbrella

[dʒ]+[ə] age of

[dʒ]+[ɔː] edge or

[dʒ]+[ɪ] Which page is it?

[dʒ]+[ɪ] change in

[ts]+[ə] arts and letters

[ts]+[ə] lots of

[ts]+[ə] costs and

[dz]+[ɑː] odds-on bet

[dz]+[ɪ] Number of cards issued

[dz]+[ʌ] hands up

[dz]+[ɑː] hands off

 

ルール④:子音[m][l]終わりで、後ろが母音の場合、音がつながります。

単語例

[m]+[ɪ] come in

[m]+[ɑː] come on

[m]+[ə] come and get it

[m]+[ɪ] warm in here

[m]+[ɪ] I’m in

[l]+[ɪ] still in

[l]+[ʌ] tell us

[l]+[ə] all about

[l]+[ɑː] call on

[l]+[ə] ill again

 

ルール➄:前の単語の終わりが子音で、その後ろが子音[j]の場合、音がつながります。

単語例

[p]+[j] help yourself

[k]+[j] take your time

[n]+[j] in use

[l]+[j] still young

[k]+[j] quick U-turn

[ŋ]+[j] loving you

[m]+[j] from U.S.

[ð]+[j] with you

[ŋ]+[j] cooking utensils

[v]+[j] of use

 

以上が「Assimilation=同化」と「Linking = 連結」6つのルールとの違いでした。いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、「Assimilation=同化」と「Linking = 連結」の違いとは?」
についてご紹介しました!

 

 

その他の記事はこちらからどうぞ!

「シャドーイングは本当に有効か?」

「glottal-t,glottal stop」とは?

「Elision(脱落)」とは?

「Assimilation(同化)とは?」と「Elision(脱落)」との違いは?

「英語の[r]ってどんな音?」

「日本人が間違えて発音している子音」

「英語の発音はネイティブに習うほうがいいのでは?の勘違い」

「イントネーションと抑揚」・「アクセントとストレス」・「トーン」それぞれの違いとは?

「アメリカから最新スラング情報が届きました!第3弾」

「アメリカから最新スラング情報が届きました!第2弾」

「アメリカから最新スラング情報が届きました!第1弾」

「聞き取れた英語をどうすればもっと記憶に残すことができるか?」

「英語のリスニングはどうやったら伸びますか?」

「カタカナ英語は何がだめなのか?」

「他言語と英語のスペルの関係」について」

「日本人が間違えやすい発音の一覧をご紹介!」ついて 

「本当に英語の発音は独学でマスターできるのか?」

「英語の発音記号ってどの位役に立つ?」

 

 

お気軽にお申し込みください!

60分無料体験レッスンのお申し込み