お知らせNews

日本人が絶対間違えて発音している子音

皆さん、こんにちわ。

Discovering Soundsの講師の森本です!

今日は以下の内容についてお話ししたいと思います。

 

「日本人が絶対間違えて発音している子音

をご紹介します。

 

では一体どの子音が間違えやすいのでしょうか?

その子音はずばり[bridge/brídʒ/]の[dʒ]の発音です。

 

この音が入っている単語は以下の通りです。

gene

general

geography

gym

George

jet

judge

juice

agent

budget

degenerate

endanger

engaged

graduate

major

technology

acknowledge

cage

charge

dodge

edge

太字のところがすべて[]の発音です。

 

これをどう間違えるのか?

これをどう間違えるかといいますと、この[]というのは、弾く音で破擦音の一つです。

この「弾く」というのがポイントです。でも、この弾くはずの音が弾かれずに発音されている

間違いがとても多いです。どの音で発音されることが多いかというと、[massage]の[ʒ]です。

 

いろんな動画を見たりしますが、日本人の英語講師が動画で単語やセンテンスを話していたのですが、

この[]の音がすべて[ʒ]にしか聞こえないのです。

 

[dʒ]が[ʒ]に変化する発音ルール

確かに[]の音が文章になったときに、[ʒ]に変化する発音ルールは存在します。

例えば、[did you/díd/ju:/]の[d]と[j]は繋がり、まず[]になります。沢山の教材にも、

この音の変化は書いてあります。ただこれが文章で速く読むときは、[ʒ]に変化するのです。

速く読むときに[]を弾いてしまうと、そこでスピードが落ちてしまうため、[ʒ]に変化します。

ただ、これはこの[d]と[j]は繋がるときです。

 

文章で読むスピードが速くなると

単語レベルでは、例えば[major]という単語に文章上のストレスが来る場合、この[j]は[]として

しっかり発音されなくてはいけません。スピードが速くなると、弾きが弱くなるものの、

弾いている音自体消えることはないのです。もちろん、単語単体で発音するときは、

かならず[]はきっちり発音します。単語を練習するときは、弾いて練習しないと、この音が身につきません。

特に[technology]は、[ʒ]になるか、もしくは[z]っぽい音になるか、どちらかです。意外と注意していないと、

最初のうちは弾くのを忘れてしまうということがおきてしまいますので、気をつけないといけませんね。

 

今日は、「日本人がかならず間違える子音の発音[]」をご紹介しました!

 

お気軽にお申し込みください!

60分無料体験レッスンのお申し込み