英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の発音が上手くなるために必要なのは○○エクササイズだった!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

英語の発音をどうにかして上手くなる方法がないものかといろいろな方法を試してみた方ならきっとお分かりだと思いますが、英語の発音矯正はなかなか効果がでにくいものです。
無料のアプリや動画を使い、ネイティブの発音を真似てみても、結局は日本人特有の「なまり」が消えずガッカリしてしまった方も多いでしょう。今回は、効果の出にくい練習方法と、英語の発音が上手くなるために必要なエクササイズについて解説します!
この記事を読むことで、なぜエクササイズで英語の発音が上手くなるのかをしっかり理解することができます。ぜひ参考にしてください。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

発音矯正でありがちな落とし穴!効果の見込みにくい練習法3選

英語の発音を上達させたい!と考える多くの方が実際に選んでいる練習方法の中には、よく選ばれている割に効果があまり見込めないものも多くあります。ここで、効果のない(でにくい)練習法の中でも特に代表的なものを3つ紹介します。

①ひたすら聞き流す

よく耳にする英語の学習方法の一つに、「聞き流す」というものがあります。要は、家事をしながらでもいいので、とにかく頻繁にひたすら英文を流して耳に入れておくというもの。狙いは「聞いているうちにだんだんと理解ができるように自然になる」というものなのですが、これがなかなか現実には難しいです。
聞き流す英語の学習方法では、結局「何と言っているか分からないまま聞いている」だけなので、理解力が上がる効果はなかなか見込めません。特に発音に至っては、分からない単語は何度聞いても分かりにくいままなので、繰り返したところで発音良く話せるようになるということはまずありません。
聞き流しで効果が得られるのは、英語のリズムをなんとなく感覚でつかんでいきたい方や、英語力が中級以上で目的が発音矯正以外の方でしょう。確かに何度も聞いていれば英語特有の抑揚の付け方などはだんだん体で覚えていくことができます。ですが、発音に関してはあまり効果が見込めない学習方法だと言えます。

②とにかくリピートして口に出す

リスニングだけでなく、ネイティブの英語を聞いてその通りにリピートするという学習方法もあります。確かに英語の音声を聞いた直後に繰り返すことで、英語をすらすらと口にすることができる効果はあるでしょう。
しかし、発音に関しては、ひとつひとつの音を正確に発音することができなければ、いくらスムーズにすらすらと言えているように感じても発音が矯正されたとは言えません。そのため、リピートする学習法も、結果的に発音矯正には繋がりにくいと言えます。

③シャドーイングにチャレンジ

中上級者に特に選ばれているシャドーイング。シャドーイングでは、英語の音声を聴きながら、同時に追いかけるようにして英語をリピートしていく方法。まさにシャドウ(影)のように英語の音声についていく必要があるため、難易度は少し高めです。
シャドウイングもリピートなどと同じで、英語のリズムに慣れる意味では有効ですが、細かな英語の発音までが改善されるかと言われれば微妙なところ。どちらかというと、ネイティブに似せたリズムや抑揚をつけながら英語を話せるようになる効果が狙える練習法です。
Discovering Soundsでも基本的な発音ができるようになるまではシャドーイングや音読などはおススメしていません。

【関連記事】
発音矯正なしにリスニング力はUPしない!シャドーイングの落とし穴
シャドーイングは本当に有効か?
シャドーイングができない5つの理由とは?

Discovering Soundsのネイティブ筋エクササイズとは

では、一体何をどうすれば、英語の発音が上手くなるのでしょう。
発音が上手くなるために必要なのは、まずは英語をネイティブと同じように発音するための口周りの筋肉のエクササイズです。
エクササイズ?と疑問に感じる方もいると思いますが、まさに体の筋トレのようなエクササイズと同じだと想像してみてください。筋トレにおいては、初めはできなかったことでも、繰り返し練習することでできるようになるもの。これと同じことを口周りに特化して行うのです。
この口周りのエクササイズを繰り返し行うことで、ネイティブが無意識に動かしている筋肉の動きと同じ動きを再現することが可能になるのです。Discovering Soundsではこのエクササイズを「ネイティブ筋エクササイズ」と名付けています。
それではここで、ネイティブ筋エクササイズの特徴についてお話ししていきましょう!

【関連記事】
英語の発音はネイティブに習うほうがいいのでは?の勘違い

日本人講師による日本語解説で論理的に理解!

英語の発音が上手くなるためには、英語圏のネイティブスピーカーからレッスンを受けなければならないと思う方はきっと多いと思います。確かにその方が「本場の発音」でレッスンを行うことができると考えるのは自然でしょう。
ただ、私たち日本人が、日本語の発音の仕方について事細かに説明ができないように、英語のネイティブスピーカーも、発音のメカニズムについては説明ができないことがほとんど。結果何が起こるかというと、「じゃあリピートしてね!」と言われて、ひたすらリピートするだけになってしまうのです。その場では何となくできるようになっても、なぜそうなるのか理解しないまま何ヶ月も継続しても発音はなかなか上手くなりません。
Discovering Soundsでは、日本人講師が英語の発音のメカニズムについてしっかりと論理的に解説します。そのため、まずは頭でしっかりと理解することから始められるのが大きなメリット。「なんでこんなことをやるんだろう」と疑問を感じたまま進めることがないため、目的がクリアになりますね!

Discovering Soundsの講師紹介

反復練習で習得した発音を習慣化!

ネイティブ筋エクササイズでは、何度も同じ動きを繰り返して反復練習を行います。繰り返すことにより体で覚えていくことができるため、「この音を発音するときはこの動き!」と自然に頭で考えずとも反射的に再現できるようになっていくのです。
私たち日本人が日本語を話すときに、「この音はこうやって発音しなきゃ」など考えることがないのと同じです。

生徒様の半年継続率97%

誰だって「成果が全然感じられない」となれば、わざわざレッスン料を支払って継続することはありません。ですが、Discovering Soundsでは、半年以上継続利用されている生徒様が97%とほとんど全員!退会率の低さは、満足度が高いことの裏付けであると言えます。
発音矯正は数回のレッスンで飛躍的に効果を感じられるものではありません。レッスンで習ったネイティブ筋エクササイズをしっかりと繰り返し練習することで、少しずつですが確実な効果を感じられるのです。

 

選ばれる3つの理由

まとめ:英語の発音が上手くなるために必要なのは○○エクササイズだった!

英語の発音が上手くなるためには、正しい方法を選んで練習を重ねる必要があります。
まずはネイティブ筋エクササイズで口周りや舌の筋肉を鍛えましょう。

Discovering Soundsでは、日本人講師による論理的な解説を丁寧に加えながら、どのようにすれば英語の発音が矯正されていくのか、その仕組みを理解することからスタートしています。
多くの生徒様に効果を実感していただいている、Discovering Soundsの画期的な発音矯正レッスンをぜひあなたも試してみられませんか?一度体験してみたい、という方も大歓迎!体験レッスンでお会いできることを楽しみにお待ちしております!

ご興味のある方はコチラから体験レッスンをお申し込みください。

体験レッスン

今回の記事では、『英語の発音が上手くなるために必要なのは○○エクササイズだった!』についてご紹介しました!


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み