英語お役立ち情報English Pronunciation Column

seatとseedー母音の長さと音の違い知っていますか?

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsです!

今日は「seatとseed、母音の長さと音の違い知っていますか?」の内容について紹介したいと思います。

英語のseatとseedは実は母音の長さも音も少し違うのです!

本記事では、seatとseedの違いについてご紹介します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

英語のseatとseedは何が違う?

seatとseedの2つの違いはまず何でしょうか?

最初の子音/s/も同じ、母音の/iː/も同じですね。

違いは最後の子音が/t/であるか/d/であるかの違いです。

 

seatとseedの母音の長さの違いは?

seatとseedの2つを発音記号で書いてみます。

seat は/siːt/ 、seedは/siːd/になり、発音記号だけでは長さがわかりません。

どちらも同じ/iː/になります。

音の長さは、後ろに有声子音が来たほうが長くなるという特徴があります。

そのため、seat は/siːt/ 、seedは/siiiiiːd/というイメージです。

 

seatとseedの母音の音の違いは?

上に書いたように、長さの違いは、seedのほうが長くなります。

では音の違いはというと、seatは素直に/siːt/ と一般的な発音を想像してください。

問題はseedの方ですが、/iː/の後半で一旦音が下がります。

以下がそのイメージ画像です。

seat vs seed

 

 

 

 

 

seedの方は、/iː/の後半ですっと落ちるイメージです。

 

seatとseedのような単語は他にある?

以下が同じように、有声子音で終わる単語のほうが母音の音が長くなり、また音が変化する一覧となります。

単語例

1.bet vs bed (beeed) *カッコ内は音が伸びるイメージを母音を複数書くことで表現しています。

2.sat vs sad (sæææd)

3.back vs bag (bæææg)

4.rack vs rag (ræææg)

5.lap vs lab (læææb)

6.mop vs mob (mɑɑɑb)

7.debt vs dead (deeed)

8.leaf vs leave (liiiv)

9.cease vs seize (siiiz)

10.proof vs prove (pruuuv)

11.teeth vs teathe (tiiið)

12.belief vs believe (bliiiv)

13.relief vs relieve (rɪriiiv)

14.excuse vs excuse (ɪkˈskjuuuz)

母音は長母音だけ単語例を用意しましたが、2重母音や短母音でも同じ現象が起きます。

 

まとめ:seatとseedの母音の長さと音は違います。

今回は、「seatとseedー母音の長さと音の違い知っていますか?」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

皆さんもこの2つの音の違いを練習してみましょう!

 

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

「That’s all」と「That’s it」の違いは?「以上です」の英語表現について

英語発音スキルをアップさせる勉強法を徹底解説

英語学習の次のステップ!略語・スラングを使いこなそう

英語が全くできない超初心者必見!自分に合った学習方法を見つけよう

海外で悪い意味のハンドサイン!やってはいけないコルナサインなど

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み