英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の数字の読み方をマスターしよう!:小数点以下の数値、電話番号、郵便番号、ホテルの部屋番号など

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsです!

今日は「英語の数字の読み方をマスターしよう!:小数点以下の数値、電話番号、郵便番号、ホテルの部屋番号など」の内容について紹介したいと思います。

英語の数字の読み方は日常生活で非常に重要ですが、小数点以下の数値や電話番号、郵便番号、ホテルの部屋番号など、お金以外の数字を正確に読むことも重要です。この記事では、これらの数字の読み方を詳しく解説し、英語でのコミュニケーションをスムーズに行うためのヒントをご提供します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

1. 小数点以下の数字の読み方

小数点以下の数字を英語で読む際には、[.]「ポイント」を使って小数点を表します。例えば、0.5は「ゼロ・ポイント・ファイブ」と読みます。また、小数点以下のゼロは「オー」と読みます。例えば、0.005は「ゼロ・ポイント・オー・オー・ファイブ」と読みます。

 小数点以下の数字の他の例:

3.14: 「スリー・ポイント・ワン・フォー」

4.567: 「フォー・ポイント・ファイブ・シックス・セブン」

8.01: 「エイト・ポイント・オー・ワン」

0.75: 「ゼロ・ポイント・セブン・ファイブ」または「ポイント・セブン・ファイブ」

2.009: 「ツー・ポイント・オー・オー・ナイン」

小数点以下の数字を読む際には、通常、1桁ずつ読み、「ポイント」を小数点の代わりに使用します。これにより、聞き手が正確に理解できるようになります。

英語のニュースで株の情報を聞いているときなどは、この小数点の読み方で英語が早口でどんどん聞こえてきますね。

練習を重ねて、さまざまな小数点以下の数字の読み方に慣れていきましょう。

2. 携帯電話番号の読み方

携帯電話番号は、通常、グループごとに分けて読みます。例えば、アメリカの電話番号である(123) 456-7890は、「ワン・トゥー・スリー、フォー・ファイブ・シックス、セブン・エイト・ナイン・ゼロ」と読みます。日本の携帯電話番号である090-1234-5678は、「ゼロ・ナイン・ゼロ、ワン・トゥー・スリー・フォー、ファイブ・シックス・セブン・エイト」と読みます。

3. 郵便番号の読み方

郵便番号も、通常、1桁ずつ読みます。例えば、アメリカの郵便番号である90210は、「ナイン・ゼロ・トゥー・ワン・ゼロ」と読みます。日本の郵便番号である100-0001は、「ワン・ゼロ・ゼロ、ゼロ・ゼロ・ゼロ・ワン」と読みます。

4. ホテルの部屋番号の読み方

ホテルの部屋番号は、通常、フロア番号と部屋番号を組み合わせて読みます。例えば、部屋番号が302の場合、「スリー・オー・ツー」と読みます。ただし、部屋番号が4桁の場合は、最初の2桁をフロア番号、後ろの

2桁を部屋番号として読みます。例えば、部屋番号が1203の場合、「トゥエルブ・オー・スリー」と読みます。

5. その他の数字の読み方

★ 年号: 西暦の年号は、通常、2桁ずつ区切って読みます。例えば、1980年は「ナインティーン・エイティ」と読みます。2000年は、「トゥーサウザンド」と読みますが、2021年は「トゥエンティ・トゥエンティ・ワン」と読みます。

★ 番地: アメリカやイギリスでは、番地は通常、1桁ずつ読みます。例えば、123番地は、「ワン・トゥー・スリー」と読みます。

★ 電車やバスの路線番号: 電車やバスの路線番号は、通常、1桁ずつ読みます。例えば、76番線は、「セブン・シックス」と読みます。

★ フライト番号: フライト番号は、通常、航空会社の略称と数字を組み合わせて読みます。例えば、ANA123便は、「エイ・エヌ・エイ・ワン・トゥー・スリー」と読みます。

まとめ:英語の数字の読み方をマスターしよう!:小数点以下の数値、電話番号、郵便番号、ホテルの部屋番号など

本記事では、英語の数字の読み方でも、小数点以下の数値、電話番号、郵便番号、ホテルの部屋番号などに焦点を当ててご紹介しました。

英語の数字を読む際には、小数点以下の数値や携帯電話番号、郵便番号、ホテルの部屋番号など、お金以外の数字にも注意を払うことが重要です。これらの数字の読み方を正確にマスターすることで、英語でのコミュニケーションがスムーズになり、誤解を避けることができます。この記事で紹介した読み方を練習し、日常生活での英語の数字の使い方に自信を持って取り組みましょう。

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み