英語お役立ち情報English Pronunciation Column

日本人が間違いやすい英語の母音の発音ー単語で比較してみよう!

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsです!

今日は「日本人が間違いやすい英語の母音の発音ー単語で比較してみよう!」の内容について紹介したいと思います。

英語の発音は、母音と子音が混在して構成されます。日本人にとって、英語の母音と子音の発音は非常に難しいもので、混乱しやすく、間違えやすいものでもあります。本記事では、日本人が混乱しやすい母音の発音を比較したものについて解説しています。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

英語の母音の発音

英語の母音は、英語で最も重要な発音要素の一つです。英語の母音は、日本語とは異なり、口の中でそれぞれ響く場所が違い、日本語の母音とは異なる音になります。以下の単語は、英語の母音の発音が混乱しやすく、間違えやすいものを比較しました。

母音の発音の比較

1 hat vs. hot 

「hat」と「hot」:「hat」の発音は、 /hæt/ ですが一方、「hot」の発音は /hɑːt/ になります。

この2つは日本人は特に日本語の「ア」になりやすく、注意が必要です。/æ/の発音は、/ɛ/の口の形からだんだん顎を下げて/ɑ/に持っていくと/æ/の音が作りやすいです。ポイントは口角を/ɛ/の位置のまま/ɑ/に持っていき、そのまま「ア」を発音するイメージです。

この母音の比較の例としては、

map vs. mop / tap vs. top / cat vs. cot / rat vs. rot / cab vs. cob / pat vs. pot / tat vs. tot / pad vs. pod / hack vs. hock

以上があげられます。

2 cat vs. cut 

「cat」と「cut」:「cat」の発音は /kæt/ で、イギリス英語では /kat/ に近いです。ですが一方、「cut」の発音は、 /kʌt/ です。

「日本人は/ʌ/の短母音の音が苦手ですね。/ɑ/との区別が特につきにくいですが、根本的にこの/ʌ/と/ɑ/は音の質が違います。/ɑ/は口を縦に大きく開き、逆に/ʌ/は口を脱力でポカンと開く程度にします。長さの長短の違いと言われていましたが、音の長さは付随する1つの条件程度として見られ、大事なのは音の違いです。

この母音の比較の例としては、

ran vs. run / back vs. buck / bat vs. but / hat vs. hut / rat vs. rut / tab vs. tub / nab vs. nub / bag vs. bug / cap vs. cup / bank vs. bunk / mad vs. mud / uncle vs. ankle

以上があげられます。

3 bad vs. bed

「bad」と「bed」:この2つは「a」と「e」の母音の発音が異なります。「bad」の発音は /bæd/ ですが一方、「bed」の発音は /bɛd/ です。

/æ/の発音は、/ɛ/の口の形からだんだん顎を下げて/ɑ/に持っていくと/æ/の音が作りやすいです。ポイントは口角を/ɛ/の位置のまま/ɑ/に持っていくことだと上でも説明しましたが、/ɛ/は/e/よりも少し口の開きを大きくし、少しアっぽいエと言われていますね。

この母音の比較の例としては、

pat vs. pet / man vs. men / lad vs. led / rad vs. red / tad vs. Ted / land vs. lend / sand vs. send / tan vs. ten / rank vs. wrench

以上があげられます。

4 heat vs. hit

「heat」と「hit」:「heat」の発音は /hiːt/ ですが一方、「hit」の発音は、 /hɪt/ です。

長母音か短母音の違いになりますが、この2つの音は性質が違うので、発音はただ単に音が長いか短いかではないので注意が必要です。

この母音の比較の例としては、

leap vs. lip / seat vs. sit / neat vs. nit / feet vs. fit / meat vs. mitt / beat vs. bit / read vs. rid / leak vs. lick / peak vs. pick / feel vs. fill / peel vs. pill / deal vs. dill / keel vs. kill / seal vs. sill / leave vs. live / sheep vs. ship

以上があげられます。

5 collar vs. color

「collar」と「color」:「collar」の発音は /ˈkɑːlɚ/ で、「color」の発音は /ˈkʌlɚ/ になります。

この2つは両方とも、日本人は日本語の「ア」になりやすく、注意が必要です。

この母音の比較の例としては、

calm vs. come / balm vs. bum / half vs. huff / dock vs. duck / dog vs. dug

以上があげられます。

6 steady vs. study

「steady」と「study」:「steady」の発音は /ˈstɛdi/で、「study」の発音は /ˈstʌdi/ になります。

studyの短母音の/ʌ/は、日本語のアとは声質、響く位置も違うので特に注意しましょう。/ɛ/は/e/よりも少し口の開きを大きく、少しアっぽいとエを作ります。

この母音の比較の例としては、

bet vs. but / met vs. mutt / pet vs. put / net vs. nut / jet vs. jut

以上があげられます。

7 hurt vs. heart

「hurt」と「heart」:「hurt」の発音は / hɚt /で母音のRになり、「heart」の発音は/hɑɚt/ で2重母音の発音になります。

日本人は2重母音の/ɑɚ/の発音が特に苦手とされています。母音の/ɚ/は舌を引いて発音しますが、この引くタイミングが早すぎると母音の/ɚ/のように聞こえてしまい、この2つの単語の区別がつかなくなります。/ɑɚ/の発音は、十分に/ɑ/の音を長く発音してから母音の/ɚ/を発音するようにしましょう。

この母音の比較の例としては、

heard vs. hard / fur vs. far / curt vs. cart / further vs. farther / perk vs. park

以上があげられます。

8 board vs. boat

「board」と「boat」:「board」の発音は / boɚd /、/oɚ/の2重母音の発音になり、「boat」の発音は/boʊt/ 、/oʊ/の2重母音の発音になります。

この母音の比較の例としては、

cord vs. coat / ford vs. float

以上があげられます。

9 full vs. fool

「full」と「fool」:「full」の発音は /fʊl /、短母音の/ʊ/になり、「fool」の発音は/fuːl/ 、長母音の//の発音になります。この2つの音の違いは、音の長さの違いだけでなく、音の質が違います。2つの音とも円唇で発音されますが、長母音//のほうがより円唇をしっかり作って取る音になります。

この母音の比較の例としては、

pull vs. pool / bull vs. bool / could vs. cooed / look vs. Luke

以上があげられます。

まとめ:日本人が間違いやすい英語の母音の発音ー単語で比較してみよう!

いかがでしたでしょうか?この記事では、日本人が混乱しやすく、間違えやすい単語の発音を比較しました。

子音は同じでも母音だけ違うだけで、聞き取ってもらえないということが起きてしまいます。

こういう短い簡単な単語で、母音の発音の違いをしっかり練習してみましょう。

この記事で紹介した9例の母音の発音練習をすることで、母音の発音に慣れることができます。また、英語を話す際には、正しい発音を意識して話すようにしましょう。

 

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

英語の無生物主語とは?無生物主語の使い方や訳し方を紹介!

英語の分数の読み方・書き方をわかりやすく紹介!

「かもしれない」の可能性を表現する英語を4つ紹介!

「though」の 使い方~接続詞・副詞・文末での活用~

日本に居ながら、ネイティブ並みの英語の発音を身に付けることは可能か?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み