英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の接頭語とは?接頭語で効率的に英単語をマスターしよう

みなさん、こんにちは!
Discovering Soundsです。
今回は、英語の接頭辞(接頭語)について解説していきます。英語を学習していく上で、なかなか英単語が覚えられないといったお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかし、英単語を覚える上で効率よく学習する方法もあり、今回解説する「接頭辞」もその1つだといえるでしょう。そこで以下では、英単語を効率よく学習するための方法の1つである「接頭辞」について詳しく見ていきます。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

英語の接頭辞(接頭語)とは?

英語の接頭辞とは、英単語の頭の部分に付く要素のことであり、接頭語とも呼ばれています。

代表的な接頭辞5選

続いて、代表的な接頭辞を5つご紹介していきます。

”un”

まずご紹介するのは”un”です。“un”は「否定」を意味する接頭辞であることで有名です。例えば、”unhappy”という単語を考えてみましょう。

“happy”そのもの自体は、「幸せな」という意味ですね。“unhappy”は「不幸な」という意味である、”un”が”happy”の前につくことによって、「幸せな」という意味を否定することになります。

よって、”unhappy”は「不幸な」という意味になるわけです。その他、”unlucky”や”uneasy”といった単語の意味も、”un”の直後にある単語の意味の否定となります。

”in”

次にご紹介するのは”in”です。“in”も”un”と一緒で、「否定」を意味する接頭辞です。単語によっては、”im”が用いられることもあります。

例えば、”incorrect”という単語を考えてみましょう。この単語の意味は「不正確な」となります。もともと”correct”という単語は「正確な」という意味をもっています。

そのため接頭辞として”im”が””つくことによって、「正確な」という意味が否定されて「不正確な」という意味になります。その他、「不可能」を意味する”impossible”も同じように”im”が頭にくっつくことによって否定的な意味になります。

”sub”

続いて、”sub”をご紹介します。“sub”は、「下」を意味するイメージでつかんでおくとよいかと思います。例えば、”subhead”という単語を考えてみましょう。この単語は「小見出し」という意味です。“head”という単語には「頭」という意味だけではなく、「見出し」という意味になります。

この前に”sub”がくっつくことによって、「見出し」の下つまり「小見出し」という意味になるわけです。その他、”subhuman”という単語もありますが同様に、「人間以下の・人間としてふさわしくない」という意味になります。

”re”

続いてご紹介するのは”re”です。“re”は「戻す」や「再び」というイメージです。例えば、”reborn”は「生まれ変わる」という意味です。

“born”自体は「生まれる」という意味ですが、”re”が頭につくことにより「再び生まれる」つまり「生まれ変わる」という意味になるわけです。
その他、”recall”という単語は「回収する」という意味を持ちますが、それは接頭辞の「戻す」というニュアンスに由来しています。

”fore”

最後に”fore”をご紹介します。“fore”は「前」というニュアンスを含んでいます。
例えば、”forecast”は「予測する」を意味する単語です。「予測」というのは「未来」がどうなるのかを推し測ることですので、”fore”のもつニュアンスと合致しているのが分かります。

その他、”foreward”という単語もありますが、そのニュアンスを継承して「前に」という意味を持っています。

まとめ:英語の接頭語とは?接頭語で効率的に英単語をマスターしよう

いかがでしたか?
今回は、英語の「接頭辞」について解説しました。
「接頭辞」のもつニュアンスをおさえておくと英単語の意味等を覚えるのが非常に楽になります。英単語がなかなか覚えられずにお困りの方は是非参考にしてみてください。

英語の発音を矯正すれば学習効率もアップ

英語を正しく発音することで、英語の学習効率もアップします。英語を書くことはできるけど、英語が聞き取れない…というのはよく耳にする話ですよね?自分で正しく英語を発音できるようになれば、英語を聞き取りやすくなるだけでなく、英語の理解も深まります。ディスカバリングサウンズでは、英語の発音に特化して指導しています。英語の発音や聞き取りに課題を持っている方はぜひ体験していただければと思います。


関連記事はこちら

monthsの発音は?

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み