英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語での住所の書き方とは?記載におけるポイントを解説!

みなさん、こんにちは!
Discovering Soundsです。
今回は、英語での「住所」の書き方について解説していきます。海外に住んでいるご家族やご友人に手紙等を差し出したい場合、あるいは海外から日本へ差し出したい場合があるかもしれません。

とはいえ、海外に手紙を出すという経験があまりなく、宛先をどう書いたらよいか分からないということもあるかと思います。そこで、今回はその書き方や注意点について見ていくことにしましょう。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

英語における住所の書き方

それでは早速、英語における住所の書き方について見ていきましょう。

日本語のときと順番が逆になることに注意

通常、日本語で住所を書く場合は、郵便番号→都道府県→市区町村→丁目・番地→建物名という順番ですよね。では、英語での住所の書き方はどのようになっているでしょうか?

英語では、その順番が全く逆になります。これが日本語における住所の書き方と大きく異なる点です。また、国際ハガキになるので郵便番号の後ろに相手の国名を書くことを忘れないようにしましょう。

区切りごとにカンマを入れる

次の注意点として「区切りごとにカンマを入れる」ということがあげられます。日本語では、都道府県や市区町村・番地などを連続して書くことが通例となっているかと思います。
一方で、英語では都道府県や市区町村など区切り区切りでカンマを入れるのが一般的となっています。これも忘れないようにしましょう。

建物名に関する注意点

次の注意点として、「建物名」があげられます。海外から郵送する場合、建物名を記載するときは、ローマ字で表記しましょう。なぜなら、その郵便物を配達するのが日本の郵便局であり、ローマ字の方が読みやすいからです。

もう1つの注意点として、部屋番号には#をつけるということです。日本語で部屋番号を記載するとき、「○○ハイツ555号」とすると思います。しかし英語でそれを記載するときは、「○○heights #555」という風にするとよいです。

都道府県や市区町村の書き方

続いて、「都道府県や市区町村の書き方」について見ていきましょう。都道府県を書く際に、「~ken」や「~fu」としたくなりますよね。

しかし、英語で都道府県を表記する場合はそれらを省略するのが通例です。例えば、秋田県と英語で書く場合は、”Akita”で充分というわけです。一方、市区町村ではどうでしょうか?
○○市を書く場合は”○○-city”と、××区を表現したい場合は”××-ku”とするのが一般的です。ただし、東京都に関しては、△△区を”△△-city”とすることもあります。

送付先が会社である場合はどうする?

続いて、手紙等の送付先が会社である場合について見ていきましょう。株式会社の場合は、どのように表記するとよいでしょうか。書き方は何種類かあり、”Kabushiki Kaisha(K.K.)”や”Incorporated(Inc.)”そして、”Corporation(Corp.)”のいずれかを用いれば大丈夫です。合同会社では、”Godo Kaisha(G.K.)”と表記します。

その他の宛名の書き方について

最後に、その他の宛名の書き方について見ていきましょう。日本語で「○○様方」と表記したいときもあるかもしれません。そのような場合はどうしたらよいのでしょうか?

そのようなときは、英語では”C/O”で表記します。例えば、「山田太郎様方」と表現したいときは、”C/O Taro Yamada”とすればよいわけです。

それ以外にも、私書箱はどのように表記するとよいでしょうか?英語では、”PO Box”を用います。例えば、私書箱番号が「089」であるときは、”PO Box 089”となります。

まとめ:英語での住所の書き方とは?記載におけるポイントを解説!

いかがでしたか?
今回は、英語での「住所」の書き方について解説しました。
・住所を書く順番は日本語と逆になる
・区切りごとにカンマを入れる
・送付先が会社の場合は、K.K.やGodo Kaisha(G.K.)と表記する
といったことがポイントでした。今回解説した内容がお役に立てば幸いです。

Discovering Soundsで英語発音を矯正しませんか?

巷には英語塾や英会話スクールが溢れていますが、Discovering Soundsは英語の発音に着目した、数少ない英語発音矯正スクールの一つです。英語のアクセントやイントネーション、発音のルールなどを理解することで、ネイティブスピーカーのような発音に近づけます。英語の発音に課題を持つ方はぜひ体験を受けていただければと思います。


関連記事はこちら

「That’s all」と「That’s it」の違いは?「以上です」の英語表現について

英語発音スキルをアップさせる勉強法を徹底解説

英語学習の次のステップ!略語・スラングを使いこなそう

英語が全くできない超初心者必見!自分に合った学習方法を見つけよう

海外で悪い意味のハンドサイン!やってはいけないコルナサインなど

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み