英語お役立ち情報English Pronunciation Column

【英語】数字・単位はどう表現する?略記の仕方も紹介!

みなさん、こんにちは!
Discovering Soundsです。
今回は、英語における「数字・単位」の表現方法について解説していきます。日本語では「一・十・百・千・万」と数を数えていきますが、英語にもそれに該当する表現があります。

これらの表現を知っておくと、会話の幅が広がっていくかと思います。早速、英語における「数字・単位」の表現方法を見ていきましょう。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

「数字」における「単位」の表現方法

まず、「数字」における「単位」の表現方法を見ていきます。

1,10,100,1000はご存知の方も多いかと思いますが、これらを英訳するとそれぞれone, ten, hundred, thousandとなります。

次に、1万以上の数字はどのように表現するのか見ていきましょう。
1万を直接表現する1つの英単語はありませんが、10000=10×1000であることから、ten thousandと表現することが多いです。

10万も同様にして、100000=100×1000ですから、これを英訳するとone hundred thousandとなります。

100万については、millionという1単語で表現できます。
以後100万を基準に考えて、1000万と1億はそれぞれ、ten million, one hundred millionというようになります。

続いて10億は、billionという1つの英単語で表現することができます。
これまでと同様に考えて、100億・1000億はそれぞれten billion, one hundred billionと英訳できます。

最後に1兆についてですが、これはtrillionという単語で表現します。
ここまでで説明した内容は日常会話等でもよく出てくる表現なので、ぜひとも覚えておきましょう。

数字の略記の仕方も覚えよう

さきほど、千・100万・10億をそれぞれthousand, million, billionと表現することを解説しました。

しかし、文章中でそれらを書こうとすると文字数が多く、いちいち書くのが面倒ですよね。
そのため、これらの略記がよく行われます。

thousandの場合、これをK「キロ」を用いて表現します。
そのため、2000は2000=2×1000であることから、2Kと表したりします。なお、このKは千を表すkiloに由来しています。

距離の単位で㎞がありますが、この単位は1 km=1000mであることに由来した表現であることが分かります。

次に、100万の略記方法についてです。
100万はMと表します。
そのため、500万=5×100万なので、5 Mと表されます。
このMは、millionの頭文字をとったものです。

10億に関しては、Bと略記します。
このBは、billionの頭文字であるbに由来しています。
これまでと同様にして、例えば70億は7×10億=70億であるので、7Bと表現できます。

これらは便利な表現方法なので、覚えておくとよいでしょう。

表記する上での注意点

最後にこれまで説明してきた数字の表記する上での注意点について見ていきましょう。
1つ目は複数形についてです。
thouandを用いて例えば2000や5000を表現するときには、two thousand, five thousnadのように書きます。

つまり、1000より大きい場合に関しては複数形のsをつけないということです。
同様にhundred, million, billion, trillionに関しても複数形を作らないということも覚えておきましょう。

2点目はandを用いなくても表現できるということです。
例えば、3500を英語にするときに3000+500=3500ゆえ、three thousand and five hundredとする方も多いかと思います。

もちろんこれも正しい表現ですが、andを省略したthree thousand five hundredもよく用いられます。

ですので、andを省略できるということも覚えておきましょう。

まとめ:【英語】数字・単位はどう表現する?略記の仕方も紹介!

いかがでしたか?
今回は、英語における「数字・単位」の表現方法について解説しました。
・100万,10億,1兆はそれぞれmillion, billion, trillion
・1000,100万,10億はそれぞれK,M,Bと略記が可能
・hundred からtrillion については複数形を作らない
というのがポイントでした。

本記事を参考にして、英語の学習を進めていただると幸いです。

ディスカバリングサウンズなら英語の発音矯正ができる

日本人の英語発音とネイティブの英語発音は、一般の方であっても明らかに違うことがわかりますよね?ただし、ネイティブの発音に近づけたいと思っても、なかなか独学では習得できないのが、英語です。

英語発音にはコツやルールがありますので、ディスカバリングサウンズではそのコツをお伝えしたり、口まわりの筋肉を鍛えることなどにフォーカスして指導をおこないます。多くの方が矯正に成功されていますので、英語の発音を綺麗にしたい!と思われる方はぜひお問合せください。


関連記事はこちら

monthsの発音は?

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み