英語お役立ち情報English Pronunciation Column

monthsの発音は?

皆さん、こんにちは。Discovering Soundsです!

「months」の発音について、日常会話や教室での英語学習の中で、しばしば混乱が見られます。一般的には/ˈmʌnθs/と発音されますが、実際のところ、違って聞こえてくることも少なくありません。どの発音が「正しい」のでしょうか?

英語の発音は、その使用環境によって変化することがあります。特に日常会話では、話者がより自然で流暢な発音を目指す中で、いくつかの音が省略されたり、変化したりすることがあります。この記事では、「months」の発音について掘り下げていきます。

 

「months」の発音の違い3つとは?

1つ目は、「months」の発音には主に3つの形があります。1つ目は、標準的な発音とされる/ˈmʌnθs/です。これは、英語の辞書や学校で教えられる一般的な形で、”th”と”s”の音をしっかりと発音します。

2つ目は、日常会話では、この”th”の音の前に/t/が挿入され、語末の/s/が省略され、/ˈmʌntθ/と聞こえてくることがあります。/ˈmʌnts/の発音と非常に似ているため、/ˈmʌnts/と発音する人も多く見られます。とこの現象は、特に急ぎの話し言葉やカジュアルなコミュニケーションでよく見られます。

3つ目は、/ˈmʌnθs/の/θ/が脱落してしまい、/ˈmʌns/と発音される場合です。こちらも、急ぎの話し言葉やカジュアルなコミュニケーションでよく見られます。

 

会話での「months」の発音

日常会話で/ˈmʌntθ/もしくは/ˈmʌns/と発音される理由は、話し手が言葉を迅速に、そして効率的に伝えようとするためです。”th”の音は発音が少し難しく、時間がかかるため、迅速なコミュニケーションの中で省略されることがあります。特に、英語を母国語とする話者の間では、この省略形が自然な流れの一部となっています。しかし、この発音は非公式の状況に限られ、公式のプレゼンテーションや書かれた英語では、/ˈmʌnθs/の形が好まれます。

「months」の発音をどう使い分けるか

どちらの発音を使用するかは、その状況に大きく依存します。公式の場や学術的な環境では、/ˈmʌnθs/の発音が推奨されます。一方、友人や家族との会話など、よりリラックスした状況では、/ˈmʌntθ/もしくは/ˈmʌns/の形が自然に感じられるかもしれません。英語学習者にとって重要なのは、両方の発音を認識し、適切なコンテキストで使用する能力を身につけることです。

その他の同様に/tθ/で発音される単語例

“month”の/tθ/での発音と同様に、”tenths”も同じ現象が起きます。この単語は、「10分の1」を意味し、数の序数形として使用されます。/ˈtɛnθs/と発音する際には、/ˈtɛntθ/もしくは/ˈtɛns/の形が自然に感じられるかもしれません。

この/tθ/音は、舌の先を上歯茎のすぐ後ろに軽く触れさせることで生まれる音で、この位置から短く鋭い音を作り出します。”tenths”でのこの音は、英語の他の多くの単語に見られる音とは異なり、特に/t/音と/th/音が接続された場合に顕著です。

まとめ:英語発音の細かな違いをマスターしよう

英語を学ぶ過程で出会う発音の挑戦は、言語の理解と流暢さを高める絶好の機会を提供します。この記事では、”month”、”tenths”など、/ths/で終わる単語の発音を取り上げました。

学習者にとっては、これらの単語を練習することで、より多様な発音に対応できるようになり、リスニングスキルの向上にも繋がります。また、日常会話や公式の場でのコミュニケーションにおいて、自信を持って発言できるようになるための基礎を築くことができます。

最終的に、英語の発音におけるこれらの細かな違いに注意を払い、実践を重ねることで、言語の豊かさと表現の幅を十分に活用することが可能になります。英語学習の旅は無限に広がっており、発音の正確さを追求することは、その旅をより豊かで充実したものにすることでしょう。

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

marry/Mary/merryの発音は全部同じ?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み