英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語で口(舌)が回らない場合の解決方法3選!

みなさんこんにちは、Discovering Soundsです。

今回は「英語で口が回らないときの解決法」について解説していきます。英語を話すときに「口が回らない」という経験はありませんか。

日本語と英語では発音する際に使う筋肉が異なったりするなど、はじめのうちはなかなか上手く英語を発音できないということが起こり得ます。

ここでジレンマに陥ると英語を学ぶ気力がなくなり、学習を継続できなくなるということにもつながりかねません。

そこでそのような問題に対する対処法を以下で解説していきますので、お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

英語で「口(舌)が回らない場合」の解決方法

早速、英語で「口が回らない場合」の解決方法を解説していきます。

英語の発音の基礎を身につける

まず考えられるのは、「英語の発音の基礎を身につける」ことがあります。英語の発音における音の数は、日本語のそれよりもはるかに多いことが知られています。

同じように聞こえる音でも、厳密な発音の使い分けが英語ではなされているのです。そのような英語の発音に関する基礎ができておらず、闇雲に英語の発音を練習しようとしても上手くいかないのは必至なのです。

ですので、各音素の音を知り、その音をきっちり発音できるようになることが大切です。

その他にも英語を話す際には、日本語とは異なる口の筋肉を使うことが求められます。そのような発音に必要な口・舌の筋肉を鍛えることが英語の発音能力向上へとつながっていきます。

音の変化に対応する

続いて、「音の変化に対応する」ことがあげられます。
例えば、”I want to study English.”という英文を読み上げることを考えましょう。

そのまま発音しようとすると、「アイ・ウォント・トゥー・スタディー・イングリッシュ」と読み上げることとなりますよね。

しかしながら、ネイティブスピーカーはこのように発音しません。実際は”want to”を”wanna”と発音し、「ウォナ」というように聞こえます。

このように英語でははやく発音するために、音が変化するのが特徴です。音の変化を考慮せずに、そのまま発音しようとするから口が回らないということが起こり得ます。

英語を発音する際に口が回らないとお悩みの方は、このことにも気を付けるとよいです。

抑揚をつけて発音する

次に、「抑揚をつけて発音すること」があげられます。

日本人が英語を発音しようとすると、強弱がなく平坦に聞こえます。

しかしながらネイティブスピーカーの発音を聞いてみると、強く発音する部分と弱く発音する部分があるのに気づきます。

その他、英文のうち核心となる内容は遅く発音され、それ以外は速く発音されるのが一般的です。

”He has ten dictionaries.”という英文があったときに、と問えば”ten”や” dictionaries”はこの英文の伝えたい内容に関わる単語です。

ですので、これらの単語のアクセントがかかる部分を強く弱く発音します、

これを見落とすと、無駄なところで強く遅く発音をすることとなり、口が回らないことの原因となってしまいます。

そのようなことにも気を付けながら発音を心掛けるようにしましょう。

発音法習得には「発音矯正」がおすすめ

これまで「英語で口が回らない」ことに対する解決法について解説してきました。

しかしながら、自分自身でどこの発音が間違っているのかやどこに強弱をつけて発音すればよいのかはっきりしないことも多いかと思います。

そのようなケースでは「発音矯正」がおすすめです。

「発音矯正」とはプロが受講生の発音を聞き、どのように発音を正せばよいかをアドバイスします。プロの指導を受けることによって、現状自分自身は何ができていないのかなどを明確にし、それにあったアドバイスをもらえるので効果的に発音がよくなります。

「口が回らない」ことをはじめとした英語の発音に関してお悩みのある方は、ぜひ「発音矯正」をおすすめします。

まとめ:英語で口(舌)が回らない場合の解決方法3選!

いかがでしたか。今回は、「英語で口が回らないときの解決法」について解説しました。
・英語発音の基礎を身につける
・音の変化に対応する
・抑揚をつけて発音する
といったことに注意するようにしましょう。また、口が回るようにして発音を劇的に上達させるためには、プロの指導が欠かせません。発音を良くして、ナチュラルな英語を身に着けたい方は、ご参考いただければと思います。

Discovering Soundsで英語発音がネイティブのように!

Discovering Soundsでは受講生ひとりひとりに専属コーチがつき、マンツーマンで発音法を指導していくので無理なく発音を向上させることができます。体験レッスンも実施しておりますので、ぜひご検討ください。


関連記事はこちら

monthsの発音は?

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み