英語お役立ち情報English Pronunciation Column

「疲れた」の英語表現はI’m tiredだけじゃない!ネイティブの表現を覚えよう

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

皆さんは疲れたとき、英語でどのように表現していますか?”I’m tired.” がすぐに思い浮かぶかと思いますが、実は疲れの度合いによって英語の表現はやや異なります。

今回は”I’m tired.” 以外にもある、ネイティブが使う「疲れた」の英語表現について解説します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

I’m tiredは「疲れた」よりも眠いときの表現で使われることがある

ネイティブが日常会話で使う”I’m tired.” は、どちらかというと眠いときに使われることが多いです。

「眠い」の英語表現でとっさに思いつくのは “I’m sleepy.” ですが、
“I’m sleepy.”は小さな子どもが「眠いよ〜」と言うときに使うイメージです。

・I’m tired. I go to bed. Talk to you tomorrow.
(眠い、寝るよ。また明日話そう)

・It’s only 8:00 pm and I’m tired. I think I’ll go to bed.
(まだ8時なのに眠い。もう寝ようかな)

“I’m tired.”は一日の終わりに「何となく疲れたな、眠いな」といった軽い疲れのニュアンスだと覚えておくと良いでしょう。

しかし「仕事で疲れた」、「人間関係にうんざりだ(疲れた)」などと具体的に疲れた原因を表現したいときは、”tired from〜”や、”tired of 〜”で表現することができます。

・I’m tired from work.
(仕事で疲れたよ)

・I’m tired of complicated relationship.
(複雑な人間関係にうんざりだよ)

ネイティブがよく使う「疲れた」の英語表現

この記事のはじめに、疲れの度合いによって表現が異なるとお伝えしました。
ひどく疲れて何もできない状態や疲れ切った状態など、疲れの状態はさまざま。

ここからは、ネイティブがよく使うさまざまな「疲れた」の英語表現を紹介します。

I’m exhausted. /aɪm ɪɡˈzɔːstɪd/

exhaustには、「(資金などを)使い果たす」という意味があり、”I’m exhausted”でヘトヘトに疲れ切ったというニュアンスになります。
体力を使い切ってヘトヘトになった、疲弊しきっているときによく使われるフレーズのひとつ。
とても疲れていることを強調できるフレーズです。

・Ahh I’m exhausted. I had three meetings today.
(あー疲れた。今日は会議が3つもあったんだ)

・She looks exhausted. What happened?
(彼女疲れ切っているね。何があったんだろう)

“I’m exhausted.”と言われたら、よほど疲れたんだなと想像できますね。

I’m bushed. /aɪm bʊʃt/

“I’m bushed.”は、”I’m exhausted”のスラングです。I’m exhaustedと同じ意味で、友人同士のカジュアルなシーンで使える表現です。

・I love to travel and visit to foreign countries but I’m bushed after coming back home.
(海外旅行に行くのは大好きだけど、家に帰ってくるとへとへとに疲れる)

・I’m bushed from the commuter rush.
(通勤ラッシュでへとへとだよ)

I’m worn out. /aɪm wɔːrn aʊt/

“I’m worn out.”も、”I’m bushed.”と同じような意味のニュアンスで、心身共に擦り切れるほど疲れた様子を表すフレーズです。

・I’m worn out. I haven’t slept enough for three days studying for exams.
(疲れた。試験勉強で3日間ろくに寝てないんだ)

・We are worn out from driving all morning and all day.
(朝から一日中運転して僕らは疲れ切ってる)

I got burned out. /aɪ ɡɑːt bɚnd aʊt/

burned outは文字からも推測できる通り、燃え尽きるほど疲れた状態を表すスラング。
くたくたに疲れた状態を表す、ネイティブがよく使う表現です。

・My legs got burned out after snowboarding.
(スノーボードの後は足がへとへとに疲れたよ)

・I got burned out due to in the claims process.
(クレーム処理でくたくただ)

まとめ:「疲れた」の英語表現はtiredだけじゃない!ネイティブの表現を覚えよう

今回はネイティブがよく使う「疲れた」の英語表現を紹介しました。
“I’m tired.” 以外にも、疲れ具合によってさまざまな英語表現があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

フレーズを口にする際は、感情を込めたり、疲れた表情をしたりすると相手にも伝わりやすくなります。
表現がマンネリ化しないよう、今回紹介したフレーズをぜひ使ってみてくださいね。

Discovering Soundsでは、ネイティブのように流暢な発音を身につけるためのトレーニング「ネイティブ筋エクササイズ」をはじめ、充実したカリキュラムで英語の発音を身につけることができます。
体験レッスンもご用意していますので、気になる方はぜひお試しください。


関連記事はこちら

monthsの発音は?

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み