英語お役立ち情報English Pronunciation Column

【本当はこうやる!】母音のR(引くR)の発音方法と練習の仕方を徹底解説

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsの富田です。

 

本記事では、当校のYouTubeチャンネル、Discovering Soundsチャンネルより、【本当はこうやる!】母音のR(引くR)の発音方法と練習の仕方を徹底解説の動画のご紹介します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

【本当はこうやる!】母音のR(引くR)の発音方法と練習の仕方を徹底解説

みなさんは母音のRをどのように発音していますか?

この動画では、そんな皆さんに是非とも試していただきたいエクササイズをご紹介します!

 

 母音Rの神エクササイズ!

母音Rの神エクササイズ

母音Rの発音をするためのエクササイズを後程ご紹介します!

 

まずはHeart と Hurt の違いを見てみましょう!

 

Heartの口の中の動きを、3D動画で見てみましょう!

唇を鍛えていきましょう

何が違うか動画で確認してくださいね!

Heart1

Heart2

Hurt1

Hurt2

 

母音のRは2種類あります。

母音のRは2種類ある

heartとhurtの発音が違うということがわかっていても、なかなか発音で区別することが出来ないですよね。

 

この2つの違いは何でしょうか?

舌を引くタイミングが違う

それは、舌を引くタイミングです!

heartとhurtは舌を引くタイミングが違うのですね。

 

なぜ舌を引くタイミングが違うのでしょうか?

長母音のR

まずhurtの母音のRは、「長母音」です。

 

Hurtの発音記号は?

Hurtの発音記号

辞書によって母音のRの表記は色々ありますが、これが長母音のRの発音記号になります!

 

長母音Rの特徴1

長母音Rの特徴

長母音R=引くRは、一気に舌を引くのが特徴です。

動画でその特徴を確認してみましょう。

 

長母音Rの特徴2

長母音Rの特徴2

舌を一気に斜め後ろに引きます。

 

長母音Rの発音をするためのエクササイズとは?

長母音Rを発音するためのエクササイズ:舌の押し込み体操

それはズバリ、舌の押し込み体操です!

 

舌の押し込み体操はどれくらい練習すればいいの?

舌の押し込み体操はどれくらい練習すればいいの?

まずは10回1セット、1日5セットを1週間続けてみましょう!

この筋トレで長母音Rの発音がとても楽になりますよ!

 

まとめ:【本当はこうやる!】母音のR(引くR)の発音方法と練習の仕方を徹底解説

皆さん、どうでしょうか? 長母音のRの発音のコツ、わかりましたか?

正しく発音しようと思うと、舌の筋肉を鍛える必要があるのですね。

 

Discovering Soundsは専任コーチが受講生ひとりひとりの発音を確認する発音矯正を行っており、英語の発音方法の修得には非常におすすめです。英語の発音を上達させたいという方は、是非Discovering Soundsの利用を検討してみてください!

 


関連記事はこちら

英語の無生物主語とは?無生物主語の使い方や訳し方を紹介!

英語の分数の読み方・書き方をわかりやすく紹介!

「かもしれない」の可能性を表現する英語を4つ紹介!

「though」の 使い方~接続詞・副詞・文末での活用~

日本に居ながら、ネイティブ並みの英語の発音を身に付けることは可能か?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み