英語お役立ち情報English Pronunciation Column

【Bの発音】口輪筋を鍛えてBの発音をマスター!

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsの富田です。

 

本記事では、当校のYouTubeチャンネル、Discovering Soundsチャンネルより、【Bの発音】口輪筋を鍛えてBの発音をマスター!の動画のご紹介します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

【Bの発音】口輪筋を鍛えてBの発音をマスター!

みなさんは子音のBをどのように発音していますか?

この動画では、そんな皆さんに是非とも試していただきたいエクササイズをご紹介します!

 

 Bというのはどういう状態なのでしょうか?

Bの発音-どすこい連発

唇を閉じて、どすこいから息を破裂させます。これがBの基本です。

ネイティブと同じように発音しようとしても、どうしても唇を内側に巻き込んだりしてしまいます。

 

子音Bの発音方法!

Bの発音を練習する前に、声の鍛錬が重要です。

動画のように、どすこいを連発しましょう。

 

次に何をするの?

唇を鍛えていきましょう

次は、唇を鍛えましょう!

 

唇を鍛えるには?

唇を鍛える筋肉を鍛える

それにはまず、唇を鍛えるための筋肉を鍛える必要があります。緑の矢印部分の筋肉がそうです。

 

この筋肉とは?

口輪筋

それは、口輪筋です!

Bの発音には、この口輪筋を鍛える必要があるのです。

 

口輪筋はどう鍛える?

口輪筋をぎゅっと鍛える

唇をぎゅ〜として鍛えたいのですが、それをするには口輪筋を鍛えていないとできません。

この筋肉の力で唇に力を入れることが出来ます。

 

Bの発音のための方法1

Bの発音方法1

まずはお相撲さんのように「どすこい!」と、声を太く出す練習をします。

 

Bの発音のための方法2

Bの発音方法2

口輪筋を使って、唇をぎゅっとします。

 

Bの発音には口輪筋!

Bの発音には口輪筋

口輪筋を鍛えることで、正しいBの発音が出来るようになるんですね!

 

口輪筋を鍛えるエクササイズとは?

口周りを鍛えるエクササイズ

それはズバリ、口周りあひる体操です!

 

口周りあひる体操はどれくらい練習すればいいの?

まずは10回1セット、1日5セットを1週間続けてみましょう!

この筋トレでBの発音がとても楽になりますよ!

 

まとめ:【Bの発音】口輪筋を鍛えてBの発音をマスター!

皆さん、どうでしょうか? Bの発音のコツ、わかりましたか?

正しく発音しようと思うと、口周りの筋肉を鍛える必要があるのですね。

 

Discovering Soundsは専任コーチが受講生ひとりひとりの発音を確認する発音矯正を行っており、英語の発音方法の修得には非常におすすめです。英語の発音を上達させたいという方は、是非Discovering Soundsの利用を検討してみてください!

 


関連記事はこちら

monthsの発音は?

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み