英語お役立ち情報English Pronunciation Column

【Wの発音】Wの発音をマスターする3ステップ公開!

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsの富田です。

 

本記事では、当校のYouTubeチャンネル、Discovering Soundsチャンネルより、【Wの発音】Wの発音をマスターする3ステップ公開!の動画のご紹介します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

【Wの発音】Wの発音をマスターする3ステップ公開!

みなさんは子音のWをどのように発音していますか?

この動画では、そんな皆さんに是非とも試していただきたい、子音のWを発音するためのエクササイズをご紹介します!

 

 正しいWの発音とは?

正しいWの発音とは?

子音Wは正しく発音する、つまり、無駄な動きのないWの発音が正しいWの発音です!

 

正しくWを発音するには、口を丸くすぼめるのでしょうか?

正しくWを発音するには、口を丸くすぼめるのでしょうか?

正しいWの発音は口を丸くすぼめなくていいんです!

 

子音Wのイメージは「汽笛の音」!

子音Wのイメージは「汽笛の音」!

 

子音のWは振動させると、汽笛のような音になります。

 

子音Wを発音するときは、少しだけ口を開けた状態にしますが何故でしょう?

子音Wを発音するときは、少しだけ口を開けた状態にしますが何故でしょう?

完全に唇を閉じてしまうと、振動音が出ないためですね。

 

ではどうやって子音Wを発音するための唇を鍛えられるでしょうか?

ではどうやって子音Wを発音するための唇を鍛えられるでしょうか?

子音Wは唇を鍛えることで、正しく発音できるようになります。

 

唇を鍛えるために、どこの筋肉を鍛える?/strong>

唇を鍛えるために、どこの筋肉を鍛える?

それはズバリ、口輪筋です!

 

子音Wを楽に発音するためのエクササイズとは?

子音Wを楽に発音するためのエクササイズとは?

それは、唇ぱくぱく体操です!

 

唇ぱくぱく体操はどれくらい練習すればいいの?

まずは10回1セット、1日5セットを1週間続けてみましょう!

この筋トレで子音Wの発音がとても楽になりますよ!

 

まとめ:【Wの発音】Wの発音をマスターする3ステップ公開!

皆さん、どうでしょうか? 子音Wの発音のコツ、わかりましたか?

正しく発音しようと思うと、口周りの筋肉と唇を鍛える必要があるのですね。

 

Discovering Soundsは専任コーチが受講生ひとりひとりの発音を確認する発音矯正を行っており、英語の発音方法の修得には非常におすすめです。英語の発音を上達させたいという方は、是非Discovering Soundsの利用を検討してみてください!

 


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み