英語お役立ち情報English Pronunciation Column

学ぶならアメリカ英語とイギリス英語のどちらを選ぶべき?

みなさんこんにちは、Discovering soundsです。

今回は、「アメリカ英語」と「イギリス英語」どちらを学ぶべきかについて解説していきます。

英語を学習するといえど、これには大きく「アメリカ英語」と「イギリス英語」のふたつが存在します。そして、英語学習を進めていくうえでどちらを学ぶかが非常に重要です。

今回は、アメリカ英語およびイギリス英語の特徴に触れながら、どちらを学ぶべきか?をテーマにお届けしていきますので、ぜひご覧ください。

どちらを選ぶべきかはシチュエーションによる

アメリカ英語とイギリス英語のどちらを学習すべきかは、結論からしてその人の環境・シチュエーションによりけりです。早速、それぞれについて見ていきましょう。

米国人とコミュニケーションをとるなら「アメリカ英語」がおすすめ

渡米をする予定のある人、あるいは米国人とコミュニケーションをとることが多い方は「アメリカ英語」を選ぶのをおすすめします。「アメリカ英語」はその名の通り、アメリカで話されている英語のことですので、米国人とやりとりをする予定がある場合には素直に「アメリカ英語」を用いたほうがスムーズです。

日本人の学習する英語は「アメリカ英語」であり、私たちにとっても馴染みのあるものですので、「漠然と英語を学びなおしたい…」という場合には、アメリカ英語が適しているかもしれません。

その他、英語話者のうち、アメリカ英語を話す人々が世界で最も多いという統計もあります。したがってどこにいても伝わりやすいのがアメリカ英語ですから、その点から選択するというのも良いのではないでしょうか。

英国人とコミュニケーションをとるなら「イギリス英語」がおすすめ

英国人とコミュニケーションをとることが多い方は素直に「イギリス英語」を学ぶことをおすすめします。アメリカ英語とイギリス英語で多少の違いがあっても、意味がまったく伝わらないということはほとんどありませんが、やはり英国人とスムーズにやり取りするには「イギリス英語」を学ぶのが無難でしょう。

また、英語はイギリス発祥の言語ですから、イギリス英語にはアメリカ英語と比較して伝統があります。伝統ある格式高い英語を学びたいという方は、こちらを選ぶとよいのではないでしょうか。ただし、イギリス英語はアメリカ英語と比べて地域によって差が激しいといわれています。イギリス英語を学ぶ際はそのような地域差も意識することが大切です。

なぜアメリカとイギリスそれぞれ独自の英語が発達した?

さて、同じ言語であるにも関わらずアメリカ・イギリスそれぞれでなぜ独自の英語が発達したのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。以下では、この理由についてみていきます。

アメリカ英語は独立宣言後に発達

アメリカの成り立ちをここでは考えてみます。もとは17世紀のはじめ、アメリカ大陸にイギリス人が移住し始めたことからスタートします。もちろんこの当初はイギリス英語が話されており、イギリスからの大量の移民と同時にイギリス英語は輸入されました。

ところがアメリカ独立宣言が出されて以降、その独立を象徴するように独自の英語が発達したと言われています。また、スペイン、ドイツなどさまざまな移民の言語の影響を受けて、独自に発展していきました。

イギリス英語はフランス語に影響を受けている

次にイギリス英語について見てみます。イギリスは言わずもがなヨーロッパ州にある国ですが、フランスと近い距離にあります。

したがってフランス語の影響を受けて独自の発達をしたと言われています。イギリス英語に限らず、ヨーロッパで話されている言語は、もとは同じ言語だったといわれているものも多くあります。

そのような背景から現在では分化しているヨーロッパの言語でも、お互いに類似しているところがあったりするのです。このように地理的要因を受けているのがイギリス英語なのです。

まとめ:学ぶならアメリカ英語とイギリス英語のどちらを選ぶべき?

いかがでしたか。今回は、学ぶならアメリカ英語とイギリス英語のどちらを選ぶべきか?というテーマでしたが、発音の違い、単語や表現の違いなどがあるものの、最終的には、あなたが将来的にどの地域で英語を使うことが多くなるか、またどの文化やアクセントに興味があるかに基づいて選択すると良いでしょう。

ただし、ビジネスの世界では、アメリカ英語が国際的なビジネスコミュニケーションでよく使われますので、漠然と英語を学びなおしたいと思う場合は、アメリカ英語がよいかもしれませんね。

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

「That’s all」と「That’s it」の違いは?「以上です」の英語表現について

英語発音スキルをアップさせる勉強法を徹底解説

英語学習の次のステップ!略語・スラングを使いこなそう

英語が全くできない超初心者必見!自分に合った学習方法を見つけよう

海外で悪い意味のハンドサイン!やってはいけないコルナサインなど

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み