英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語での名前の書き方と苗字・名前を指す言葉を紹介!(First name・Given name・Last name・Family name等)

みなさんこんにちは、Discovering Soundsです。

今回は、英語における名前(苗字・名前)について解説していきます。外国に行くとクレジットカード決済でサインをするなど、署名をする機会は多々あるかと思います。

そのようなシーンにおいて、しっかりとサインをできないと恥ずかしいですよね。ですので、英語圏における署名の仕方などをしっかりと学んでおきましょう。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

名前を書く順番は?

まず、名前を書く順番についてみていきましょう。

英語圏では「名」→「姓」の順番に書くことが一般的です。
日本語では「姓」→「名」の順番に書くことが一般的ですから、それとは全く反対の順番になることに注意したいところです。

しかし、日本政府はパスポート等の公文書ではローマ字表記氏名を「姓」→「名」の順番で書くことを決めました。そのため、英語圏においても「姓」→「名」の順番で書くことが求められるシーンが増えていくかもしれません。

とはいっても、外国人の方から見れば、日本人の「姓」と「名」が区別できないケースが圧倒的に多いです。

そのため、「姓」と「名」の間にカンマを入れたり、「姓」をすべて大文字に「名」を先頭の文字以外を全て小文字にするなどして表記するケースが増えてきています。

このような表記の仕方についても慣れていきましょう。

「名」を指す言葉は?

次に、英語圏における「名」を指す言葉について見ていきます。これを意味する単語としてよく用いられるのは、”First name”です。

もし、”First name”を書くように求められたら、自分の氏名の「名」を書くようにしましょう。

なぜ、”First name”が「名」を意味するのでしょうか。先ほどもご説明したように英語圏では「名」→「姓」の順番で氏名を表記します。

「先に表記」するのが「名」であるため、”First name”が「名」を意味するようになったといわれています。

「名」を意味する英単語として、そのほか”Given name”や”Personal name”があります。
特にパスポートをはじめとした公文書では、”Given name”がよく用いられます。これらの表現もあわせて覚えておきましょう。

「姓」を指す言葉は?

続いて、「姓」を指す言葉について見ていきましょう。

よく用いられるのは、”Last name”です。英語圏において「名」の次に「姓」を表記するため、「名」が”First name”というのに対して「姓」は”Last name”というのです。

そのほか、「姓」を指す言葉としてどのようなものがあるのでしょうか。

“Family name”もこれを意味することばとして有名です。
“Family name”は字面の通り「家族の名前」ですから、それが「姓」を意味することはイメージしやすいかと思います。

「ミドルネーム」の扱いについて

日本語圏では「ミドルネーム」がある方は珍しいかもしれません。しかしながら、英語圏では「ミドルネーム」を有する方も多いです。

「ミドルネーム」に関しては、その名称の通り、「名」と「姓」の間に置かれます。日本人の方でもミドルネームのある方は、漏れなく表記するようにしましょう。

ちなみにミドルネームとして、「自分自身の旧姓」や「本人またはその親が憧れている人の名前」が選ばれることが多いようです。

まとめ:英語での名前の書き方と苗字・名前を指す言葉を紹介!(First name・Given name・Last name・Family name等)

いかがでしたか。今回は、英語における名前(苗字・名前)について解説しました。
・英語圏では「名」→「姓」の順番に氏名を表記するのが一般的
・日本人の氏名については「姓」と「名」において、カンマで区切るなどして区別するとよい
・「名」を意味する英語として、”First name”・”Given name”・”Personal name”がある
・「姓」を意味する英語として、”Last name”や“Family name”がある
というのがポイントでした。本記事で解説した内容がお役に立てたら幸いです。

Discovering Soundsでネイティブのような英語発音に

Discovering Soundsは専任コーチが受講生ひとりひとりの発音を確認する発音矯正を行っており、英語の発音方法の修得には非常におすすめです。英語の発音を上達させたいという方は、是非Discovering Soundsの利用を検討してみてください!


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み