英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の発音を矯正したい方必見!習得方法とポイントを徹底解説

みなさん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

英語学習者の中には「単語はたくさん知っているのにネイティブには伝わらない…」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?その原因は「発音」にある可能性が高いです。
今回は、英語の発音を矯正する重要性について解説していきます。

なぜ発音が悪いと英語が通じない?

英語の学習では、単語や文法など覚えることがたくさんありますよね。

しかし、これらをたくさん覚えても、実際ネイティブスピーカーと英語で会話をすると
「思っていることが伝わらない」ということは多々あるもの。

その原因は「発音」にある可能性が高いです。

ネイティブの英語発話者は、日本語にはないさまざまな音を発しています。その「音」が少しでも異なると、別の意味になってしまうことも少なくありません。
外国人と英会話を楽しみたい方は、単語や文法だけでなく発音にも目を向けることが大切です。

日本人にとって英語の発音が難しい理由

英語の発音を苦手とする日本人は多くいますが、一体なぜ日本人にとって英語の発音が難しいのでしょう。
ここからは、日本人にとって英語の発音が難しい理由を、大きく5つに分けて解説します。

英語は日本語より音が多い

日本人にとって英語の発音が難しい理由は、英語には日本語よりもたくさんの音があるからです。
中でも母音が大きく異なるのが特徴です。
日本語では「あ」「い」「う」「え」「お」の5つの母音のみ。
一方で英語には数え方にもよりますが25の母音があります。

これだけでも数の違いは明らか。日本語とは比較にならないほどたくさんの音を習得しなければ英語の発音矯正は不可能です。
また、子音の数も同様に英語の方が日本語と比べてたくさんあります。
英語をネイティブのように発音するためには、まずは日本語よりも圧倒的に数の多い英語の「音」から理解する必要がありますね。

そもそもうまく聞き取れていない

英語には、日本語にはない音がたくさんあるため、そもそも英語を正しく聞き取れていない可能性も高いです。
日本語と英語の発音やアクセントの違いから、英語の発音を正確に聞き取るのは簡単ではありません。
日本人にとって英語は、普段使わない知らない音ばかり。まずは英語発音のルールを知ることが大切です。

カタカナ英語で理解している

日本人は「カタカナ英語」に慣れてしまっているため、正確な英語発音の習得に苦労しやすいです。
日本では、英語を元に作られたカタカナ英語が頻繁に使われています。

例えば、「リモコン」や「エアコン」。これらは「remote controller」「air conditioner」を略したものです。
また「カード」と発音するにも、英語では「card」。アメリカ英語ではRの部分で舌を引いて発音する必要があります。

このように、英語とカタカナ英語は発音がまるで異なるため、ネイティブにカタカナ英語を使っても伝わらず、日本人の英語への苦手意識も高まる一方なのです。

口がうまく動かない

日本人が英語の発音を苦手とするのは、口が思うように動かないという理由もあります。
日本語では、英語で使う発音をほとんど使用しません。つまり、そもそも日本人の口が英語を発する作りになっていないのです。
また、日本語と英語では、口だけでなく舌の使い方にも大きな違いがあります。
あまり口を動かさない日本語に対し、唇や舌を多く使う英語は、日本人にとっては難易度が高くなってしまいます。はっきり発音するためには、まずは口元の準備から必要です。

英語スキルに自信がない

英語のスキルに自信を持てず、発音に苦労している日本人も少なくありません。
昔から読み書きや文法を中心に行う日本の英語教育には、スピーキングのトレーニングがほとんどありません。
そのため、英語に関する豊富な知識を持っていても、それらを使う機会がなく英会話に自信を持てない方がほとんどです。
英語力を養うためには、アウトプットが大切。間違っても恥ずかしがらず、自信を持ってコミュニケーションに臨みましょう。

英語の発音矯正で重要なこと

英語の発音を矯正する際には、ひたすら発音記号を覚えるだけでなく、さまざまな面での「基礎」を身に付ける必要があります。
ここからは、英語の発音矯正をする上で重要な3つのポイントを紹介します。

口周りのトレーニングから

英語の発音を矯正するには、まずは口周りのトレーニングから始めましょう。
いざ日本語では使用しない音を発音しようとしても、口周りは思うように動きません。英語の発音に適した柔軟性のある口周りを作ることが大切です。

ぜひ、Discovering Soundsが提供するアプリ「Discovering Native」では、発音矯正のために必要な口周りの体操を動画で視聴できますよ。気になる方は、チェックしてみてくださいね!
1ヵ月の無料体験期間があり、その後も月額790円とリーズナブル。とてもお得な価格で発音に特化した学習ができるのでおすすめです。

ネイティブの話し方を真似する

英語の発音を矯正するために、ネイティブの話し方を真似するのも効果的です。
ネイティブのようにスラスラと英語を話したいのであれば、ネイティブの会話を聞いたままに声に出してみることが大切です。
最初は正しくなくても良いですよ。ネイティブが実際に日常会話でよく使う単語や文法を、注意深く聞いてみましょう。
知らなかった単語やスラングなども習得できるため、スピーキング力とリスニング力のどちらもアップさせられます。

積極的にアウトプットする

英語を学んだら、学んだことをどんどんアウトプットしていくことが大切です。
英語学習者の多くが、たくさんの英単語や文法を覚えて満足しがちです。せっかく覚えた英語の知識です。実際に使えるまでしっかりアウトプットし続けましょう。

英語の発音矯正で得られるメリット

英語の発音が上達すると、モチベーションや英語のスキルをさらにアップさせられるのが大きな魅力です。
ここからは、英語の発音矯正で得られる2つのメリットについて解説します。

自信を持って英会話できる

英語の発音を矯正すると、自信を持って英会話ができるようになるのがメリットの一つです。
英語学習者の中には「間違ったら恥ずかしいな…」と、英語を話すのが怖いと感じている方もいるのではないでしょうか。
ネイティブのように、スラスラと英語を話すのは難しいですよね。正しい英語の発音を習得すると、少しずつ相手に聞き取ってもらえる場面が増え、どんどん自信も付きますよ。

スピーキング・リスニングスキルが上がる

英語の発音矯正をすると、スピーキング・リスニングスキルが向上するのもメリットです。
正しい発音で話せるようになると、相手に自信を持って伝達でき、聞き取ってもらいやすくなります。
また、ネイティブスピーカーの話している内容を聞き取れるようになり、英語の音声パターンがわかってきます。

英語発音の矯正は、英語学習の基礎であるのがわかりますね。

まとめ:英語の発音を矯正したい方必見!習得方法とポイントを徹底解説

今回は、英語の発音を矯正する必要性や日本人が発音を苦手とする理由について詳しく解説しました。
英語でネイティブと会話を楽しみたいなら、英単語や文法を覚えるだけでなく、英語発音の習得は必須です!
まずは口周りを柔軟にし、英語の音を出せる口元作りから始めましょう。

Discovering Soundsでは、英語の発音を矯正したい方に向けて、発音に特化したさまざまなプログラムを提供しています。
よりリアルな英語を学びたい方、英語で自信を持って話したい方は、ぜひDiscovering Soundsの体験レッスンをお申込みください!

体験レッスン

 


関連記事はこちら

monthsの発音は?

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み