英語お役立ち情報English Pronunciation Column

使いこなしてかっこいい英語の略語を一挙大公開!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。
英語には多くの略語があり、SNSの文章やメッセージ、会話でさまざまなものが使われています。略語をある程度知らなければ、ネイティブが使うそれに対応できませんよね?また、略語を使えればこなれた感じがして、なんとなくかっこよく思えてしまうから不思議です。

そこで本記事では、「使いこなしてかっこいい英語の略語」を紹介していきます。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

使いこなしてかっこいい英語の略語

早速、使いこなしてかっこいい英語の略語を紹介していきます。

IMO= In my opinion

まずご紹介するのは、”IMO”です。

これは”In my opinion”の略で、日本語に訳すと「私の意見では」となります。主に、自分自身の意見を表明するときに使われます。IMOはきっぱりと自分の意見を伝えるときには最適な表現ですが、相手に圧迫感を抱かせることにもつながりかねません。

それを回避したい場合は”IMHO(= In my humble opinion)”を用い、「自分の意見を述べさせて頂くと」という意味になってトゲが取れた言い回しになります。ちなみに、”humble”は「謙虚な」という意味です。

BTW = By the way

次にご紹介するのは、”BTW”です。

BTWは”By the way”の略で、日本語に訳すと「ところで」という意味になります。話題の転換を行いたいときに、用いられる表現です。類似する略語として、”OTOH”や”IOW”があります。

“OTOH”は”On the other hand”の略で、「一方で」という意味を持ちます。
何かを対比したいときによく用いられる表現です。

”IOW”は”In other words”の略で、「つまり」という意味です。
前の内容を言い換える・まとめるときにこの表現はよく用いられます。

”TBD”=”To be determined”

続いてご紹介するのは、”TBD”です。
“TBD”は”To be determined”の略で、「未定・未決定」の意味を持ちます。

これと似たフレーズとして”TBA”があります。
“TBA”は”To be announced”の略で、「今後発表予定・後日発表」の意味を持ちます。
こちらもよく用いられる表現なので、覚えておくとよいでしょう。

”FYI”=”For your information”

次にご紹介するのは、”FYI”です。
“FYI”は”For your information”の略で、日本語に直すと「ご参考までに」という意味になります。

”NRN”=”No reply necessary”

続いてご紹介するのは、”NRN”です。
“NRN”は”No reply necessary”は、「返信不要」という意味です。
こちらの表現もよく用いられるので、覚えておくとよいでしょう。

”ASAP/asap”=”as soon as possible”

次にご紹介するのは、”ASAP/asap”です。

”ASAP/asap”は”as soon as possible”の略で、「できるだけ早く」という意味になります。こちらができる限り早く何かを行う旨を相手に伝える場合や、相手にできる限り早く何かを行ってほしいという催促をする、どちらの場合でも用いられます。

”BBL”=”Be Back Later”

次にご紹介するのは、”BBL”です。

”BBL”は”Be Back Later”の略で、「また後で・後で戻ってくる」という意味になります

”Bro”=”brother”

次にご紹介するのは、”Bro”です。

”Bro”は”brother”の略で、”Hey bro, what’s up?”や”Thank you, bro”、というように、仲の良い男友達への挨拶に使われます。ドラマとかでも良く出てくるので、ご存じの方は多いでしょう。

”gonna”=”going to”/”want to=”wanna”/”have to”=”gotta”

次にご紹介するのは、”gonna”です。

”gonna”は”going to”の略で、”What are you gonna do?”など、よく使われます。”going to”の略は”gonna”であり、”want to”の略は”wanna”、”have to”の略は”gotta”と、日常会話でこれらは良く使われますので、覚えておきましょう。

”sup”=”What’s up”

次にご紹介するのは、”sup”です。

”sup”は”What’s up”の略であり、「最近どう?」という意味で親しい友人への挨拶に使われます。特に変わりがなければ、”Not much”というように返します。

>”Gotcha”=”I got you”

次にご紹介するのは、”Gotcha”です。

”Gotcha”は”I got you”の略であり、「了解」や「捕まえた」、「やったぜ」といった意味です。軽い表現ですので、カジュアルな場面で使います。

”gimme”=”give me”

次にご紹介するのは、”gimme”です。

”gimme”は”give me”の略であり、「ください」という意味の、砕けた表現になります。

”Lotta”=”lot of”/”kind of”=”kinda”/”outta”=”out of”

次にご紹介するのは、”Lotta”です。

”Lotta”は”lot of”の略であり、”I had a Lotta fun”などのように使います。また、”kind of”は”kinda”、”out of”は”outta”のように、略されます。

まとめ:使いこなしてかっこいい英語の略語を一挙大公開!

いかがでしたか?本記事では、「使いこなしてかっこいい英語の略語」をご紹介しました。

今回ご紹介した略語はネイティブもよく用いる表現ですので、覚えておけばスムーズに彼らとやりとりできるようになるでしょう。是非、参考にしてみてください。

Discovering Soundsなら英語の発音がグングン伸びる!

Discovering Soundsは専任コーチが受講生ひとりひとりの発音を確認する発音矯正を行っており、英語の発音方法の修得には非常におすすめです。発音でお困りの方は、是非Discovering Soundsの利用を検討してみてください!


関連記事はこちら

/ʃ/になるスペルは14通りで判断!

覚えておくと使えるフレーズ集!ネイティブ英語を使いこなそう

英語のリエゾンとは?リンキングと何が違うの?

英語の発音習得には「口」のトレーニングが不可欠!

英語のストレスアクセントとピッチアクセントとは?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み