英語お役立ち情報English Pronunciation Column

発音初心者必見!アプリ『Discovering Native』を使って最初に押さえるべき発音を完全マスター!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

「英語を流暢に話せたらかっこいいな」と思いつつ、発音の学習は何から始めたら良いかわからないという方はきっと多いでしょう。日本語には存在しない音が数多くある英語の発音。実は、とても奥が深い英語の発音。

今回は、発音初心者必見が押さえておくべき発音方法について解説します!

rightとlightの発音の違いを覚えよう

英語発音学習WebアプリDiscovering Nativeでは、最初に抑えるべき発音としてrightとlightの発音の違いを紹介しています。rightとlightはカタカナで表記するとどちらも「ライト」ですが、実際にはRとLの発音が異なります。RとLの発音は日本語にはない音なので、日本語とは別の音だと理解した上で学習することが重要!というわけで、ここからはrightとlightの発音の違いを見ていきましょう。

right /raɪt/ の発音のコツ

right /raɪt/の/r/の発音では、舌を後ろに巻きそのまま舌の両端を上の両奥歯に押し付けます。舌先はどこにも触れずに唇を軽くすぼめて「アー」もしくは「ルー」と発音するのがコツです。
口はすぼめたまま、上下の歯は常に見せたままにするのがポイント。また、舌を巻くときは舌の両端を上の奥歯に押し付けると、舌の位置を固定しやすくなります。

以下の単語や文章を声に出して/r/の発音を練習してみましょう。

・wrote /roʊt/
・risk /rɪsk/
・on the right /ɑːn ðə raɪt/
・It was terrible. /ɪt wʌz ˈtɛrəbəl/
・I ran into your brother at the restaurant. /aɪ ræn ˈɪntu jʊər ˈbrʌðər æt ðə ˈrestərənt/
・Don’t break the rules. /doʊnt breɪk ðə ruːlz/

light /laɪt/ の発音のコツ

light /laɪt/ の/l/は、舌先を下の前歯の裏側に付けたまま、舌の真ん中を上あごに押し付け「ルー」と発音します。このときに舌が上下の歯の間からはみ出ないように注意しましょう。
また、舌は上あごから離さないようにします。発音の際は口をすぼめず、口を軽くひらいておくのがポイントです。
以下の単語や文章を声に出して/l/の発音を練習してみてください。

・lavender /ˈlævəndər/
・lilly /ˈlɪli/
・candle light /ˈkændəl laɪt/
・local apple /ˈloʊkəl ˈæpəl/
・Lisa likes apple sauce. /ˈlisə laɪks ˈæpəl sɔːs/
・Less lettuce for my burger, please. /les ˈletəs fɔr maɪ ˈbəːrɡər pliːz/

thingとthatのthの発音の違いを覚えよう

thで始まる単語thingとthat。日本語には存在しない音なので発音が難しいと感じる人はきっと多いはず。

ここからは、thの発音の違いについて詳しく解説します。

thing /θɪŋ/

/θ/の音は、口を軽く開き、舌を軽く突き出して舌の前歯の上に乗せます。突き出した舌は上の前歯4本には触れないようにしながら、上の前歯4本以外の歯で舌を軽く挟み空気の抜け穴を作るのがポイント。このときに、舌を強く噛まないよう注意してください。声を出さずに、ため息をつくように息を「スー」と吐きながら発音します。

以下の単語や文章を声に出して/θ/の発音を練習してみてみましょう。

・everything /ˈevriθɪŋ/
・mammoth /ˈmæməθ/
・wealthy /ˈwelθi/
・I was breathless. /aɪ wəz ˈbreθləs/
・He was very athletic in his youth. /hi wəz ˈveri æθˈletɪk ɪn ɪz juːθ/

that /ðæt/

/ð/の音は、/θ/と同じ舌のポジションで発音します。突き出した舌は上下全ての歯で挟みます。前歯と舌を振動させ一気に「ズー」っと発音するイメージ。
/θ/も/ð/も「摩擦音」という分類になりますが、/θ/は無声音と言って息だけで発音されるのに対し、/ð/は歯と舌を振動させることによって音を出すのがコツです。

以下の単語や文章を声に出して練習し、/θ/と/ð/の発音の違いを確認してください。

・rhythm /rɪðm/
・these /ðiːz/
・motherhood /ˈmʌðəhʊd/
・bathing suit /ˈbeɪðɪŋ suːt/
・I like to sunbathe. /aɪ laɪk tu ˈsʌnbeɪð/
・They need to finish the task within a week. /ðeɪ niːd tu ˈfɪnɪʃ ðə tæsk wɪðˈɪn ə wiːk/

fとvの正しい発音方法

日本語は基本的に母音だけか、母音+子音で発音されるため、子音だけで発音することはありません。しかし、英語には子音だけを発音する音があり、例えば/f/と/v/が当てはまります。

ここからは、fとvの正しい発音方法を見ていきましょう。

fの発音

fの音は、口を軽く開き、下唇を持ち上げて発音します。次に、上の前歯を下唇の内側に軽く触れさせます。このときに下唇は噛まないように注意しましょう。下唇の内側を上の前歯に軽く触れさせることで空気の抜け道を作り「フー」と息を吐きます。

以下の単語や文章を声に出して練習し、/f/の発音の感覚をつかんでください。

・food /fuːd/
・definitely /ˈdefɪnətli/
・fairy /ˈfeəri/
・fried fish /fraɪd fɪʃ/
・My favorite fish is tuna. /maɪ ˈfeɪvərɪt fɪʃ ɪz ˈtunə/
・I feel fat if I eat that amount of food. /aɪ fiːl fæt ɪf aɪ iːt ðæt əˈmaʊnt ʌv fuːd/

vの発音

vの音は、fの発音と同じように口を軽く開き、下唇を持ち上げて発音します。次に、上の前歯を下唇の内側に軽く押し付け、そのまま「ブー」と振動音を作り発音します。下唇は内側に巻き込まないように注意してください。

以下の単語や文章を声に出して練習し、/f/の発音との違いを確かめてみましょう。

・negative /ˈneɡətɪv/
・vent /vent/
・few visitors /fju ˈvɪzətərz/
・valuable violin /ˈvæljəbəl vaɪəˈlɪn/
・I love him. /aɪ lʌv hɪm/
・I have never voted. /aɪ həv ˈnevər ˈvoʊtəd/

Appleの発音で重要な/æ/の発音

/æ/の発音は、日本語の「ア」と「エ」の中間のような音。もともと日本語にはない発音なので、繰り返し練習が必要です。
/æ/は、口を軽く開きあごを下げながら、舌の奥の方を上の両奥歯に押し付け発音します。そのまま、息を止め声を潰すようにして「ア”ー」と発音。舌の先端は、舌の前歯の裏側につけたまま、思い切り声を潰してダミ声を作るイメージで音を出してみましょう。

以下の単語や文章を声に出して練習し、/æ/の発音のコツをつかんでくださいね。

・ash /æʃ/
・pass /pæs/
・dance /dæns/
・bad habit /bæd ˈhæbət/
・Thanks for having me. /θæŋks fɔːr ˈhævɪŋ mi/
・Traffic accidents happen every day. /ˈtræfɪk ˈæksədənts ˈhæpən ˈevəri deɪ/

Discovering Nativeで正しい発音を習得できる理由

ここまで、Discovering Nativeの中で実際に解説している発音のコツをお伝えしました。
Discovering Nativeでは、端的にわかりやすく発音方法を解説しているので、発音初心者でも取り組みやすいはず。
ところで、なぜDiscovering Nativeを使えば正しい発音を習得できるのでしょうか。

ここからは、Discovering Nativeが発音の習得におすすめな理由について解説します。

3DCG動画で口の中の動きを確認できる

Discovering Nativeでは、3DCG映像で口の中の動きを確認しながら発音練習ができます。
Discovering Nativeの3DG動画は、正面、45度、90度の3つの視点で口の中が透けて見える仕組み。発音に必要な舌の位置や口の形を3DCG動画で確認することができるので、英語の発音に必要な舌の位置や口の開け方、音の出し方が一目瞭然です。
Discovering Nativeなら、動画を見て同じように口の中や口周りを動かすだけなのでスムーズに発音練習を続けていくことができます。

ミラーモードで自分の口元を確認できる

Discovering Nativeにはミラーモードが搭載されています。ミラーモードとは、Webカメラ機能を使って自分の口の動きを確認しながら発音練習ができる機能のこと。
ミラーモードを使えば、3DCG映像を見ながら一つの画面上で自分の口周りの動きも確認できるんです。
これまで、英語の発音練習で自分の口の動きを確認することはきっと少なかったのではないでしょうか。発音の際の自分の口周りの動きを客観的に見ることで、今までなぜ発音できなかったのかを解決することができます。

口周りのエクササイズで発音に必要な口の動きを習得できる

Discovering Nativeには、発音に必要な口周りの筋肉を鍛えるためのエクササイズ動画も用意されています。エクササイズの数はなんと13種類!しかも一つひとつのエクササイズが、どの発音に必要な動きなのかがわかるのでとても効果的です。
また、エクササイズ動画にも3DCG映像とミラーモードが搭載され、自分の口周りの動きを確認しながら練習できるので、正しい発音を確実に身に付けることができます。

まとめ:発音初心者必見!Discovering Nativeで押さえておくべき発音方法を完全マスターしよう

今回は、Discovering Nativeで発音をマスターする方法について解説しました。

英語の発音の習得は、正しい学習方法を知らなければとても難しいもの。Discovering Nativeなら、初心者でも気軽に始められ、空いた時間を使って効率よく学習できます。

Discovering Nativeでは、1ヶ月間の無料トライアルをご用意しています。ネイティブのような発音を身につけたい方は、ぜひお試しください!

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み