英語お役立ち情報English Pronunciation Column

日本人が間違えやすい英語の発音は何?正しい発音を習得しよう!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

日本人にとってハードルが高い英語の発音。

「発音よりも伝えたい気持ちが大切だ」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、間違った発音の英語で伝えたいことが伝わらないようでは、コミュニケーションが成り立ちません。

今回の記事では、日本人が間違えやすい英語の発音について解説します!

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

発音を間違えてしまう理由

ほとんどの日本人は、中学生、あるいは小学生から英語学習を始めます。長い期間英語学習を続けてきたにも関わらず、正しい英語の発音が身につかないのはよくあること。
なぜ正しい英語の発音が身につかないのか、理由を見ていきましょう。

ローマ字で読む癖がついている

日本の学校教育の中には、ローマ字の読み書きがあります。
ローマ字の学習ではアルファベットの読み方を学び、アルファベットの読み方を用いて寿司を「SUSHI」、東京を「TOKYO」などと表記することを学びます。
しかし、ローマ字の読み方とアルファベットの音は全く別のもの。
ローマ字はアルファベットの読み方を、5つの日本語の母音に当てはめています。そもそも、アルファベットは読み方と発音の音が異なります。ローマ字読みで英語を発音するとしても、全く違う読み方に。
ローマ字で読む癖がついていては、正しい英語の発音ができないのは当然のことと言えるでしょう。

母音を理解できていない

音としても母音は、日本語は「あいうえお」の5つだけですが、英語の場合は20以上もあります。
日本語と似た音もありますが、日本語の発音には無い音も多く、英語の発音を間違えてしまう原因になっています。
まずは英語の母音の音をしっかりと理解し、英語の発音に慣れていきましょう。

間違えやすい英語の発音を理解しておこう!

ここからは、日本人にとって発音しにくい音や、間違えやすい英語の音を紹介します。
それぞれの音のポイントを理解し、正しい発音を練習しましょう。

/r/と/l/

日本人が最も苦手とする代表的な/r/と/l/の発音です。無意識で発音すると、/r/の音は/l/として聞こえてしまいます。ネイティブは/r/と/l/の音を聞き分け、発音も区別できます。
特にrightとlight、riceとliceなど、/r/と/l/を間違えやすく意味の異なる単語には注意が必要です。

/dʒ/と/ʒ/

/dʒ/と/ʒ/も間違えやすい発音です。
/dʒ/は、judge/dʒʌdʒ/や、bridge/brɪdʒ/などに含まれる子音。「ヂッ」と弾くように発音するのが特徴で、日本人が苦手な発音のひとつです。

/dʒ/と似た発音に、/ʒ/があります。
/ʒ/は、pleasure/pleʒɚ/やbeige/beɪʒ/に含まれます。/ʒ/は「お肉がジュージュー焼ける」と言うときの「ジュ」のイメージ。
/dʒ/と/ʒ/の音をよく聞いて、違いを理解しましょう。

/v/と/f/

/v/と/f/は、日本語にはない特徴的な発音方法を持つ子音で、下唇に上の歯を当てて音を出します。
この発音がうまくできないと、/v/は/b/に、/f/は/h/に聞こえてしまいます。
/v/は、village /ˈvɪlɪdʒ/や、visual /ˈvɪʒuəl/などがあり、/f/にはfestival /ˈfestəvəl/や、forest /ˈfɑːrəst/などがあります。
発音の違いを理解し、正しい発音を身につけましょう。

/ʌ/と/ɑː/と/æ/

日本語の「ア」の音は、英語には複数の音があります。
/ʌ/と/ɑː/と/æ/の発音の仕分けができないと、違う意味になってしまうケースも。

・cut /kʌt/ vs. cot /kɑːt/ vs. cat /kæt/
・hat /hʌt/ vs. hot /hɑːt/ vs. hat /hæt/
・luck/lʌk/ vs. lock /lɑːk/ vs. lack /læk/

日本人にとって発音の区別が難しく、間違えやすいので正しい発音を理解しておきましょう。

正しい英語の発音を身につけるならDiscovering Soundsがおすすめ

いくら頭で発音を理解しても、確実に習得するなら英語の発音を研究したプロに習うのが一番の近道。
正しい発音を身につけるなら、Discovering Soundsがおすすめです。Discovering Soundsは英語の発音に特化した発音矯正スクール。レッスンを通して、ネイティブのように流暢な発音を身につけることができます。
ここからは、正しい英語の発音を身につけるために、Discovering Soundsがおすすめな理由を見ていきましょう!

ネイティブ筋エクササイズで発音トレーニング

英語と日本語では、発音する際に使われる口周りの筋肉が違うことをご存知でしょうか。また、舌や唇の使い方も異なります。
Discovering Soundsは、英語発音の際に必要な口周りの筋肉や舌や唇の使い方を徹底的に研究し「ネイティブ筋エクササイズ」を開発しました。
ネイティブ筋を体得することで、ネイティブと同じ発音をするための基礎能力を身につけることができるようになります。

独自のカリキュラムで確実に英語の発音を習得できる

Discovering Soundsは、独自の体系化されたカリキュラムを導入しています。
入学直後のネイティブ筋エクササイズから、卒業まで体系的に英語の発音を身につけることができます。注目は、最後の卒業プログラム。
Discovering Soundsで学んできたことを生かす「映画アテレコプロジェクト」です。
映画アテレコプロジェクトとは、似ている声質の俳優さんが出演しているドラマや映画のワンシーンを完コピするというもの。声の出し方や話し方の特徴を分析して自分のものにできます。

まとめ:日本人が間違えやすい英語の発音は何?正しい発音を習得しよう!

今回は、日本人が間違えやすい英語の発音を3つ紹介しました。きちんとした発音の仕方を体得してしまえば、英語の発音は難しいものではありません。
自信を持って英語でコミュニケーションを取るためにも、正しい発音を身につけましょう!
英語の発音に悩んでいる方は、Discovering Soundsの体験レッスンから初めてみませんか?オンラインでの受講も可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。


関連記事はこちら

「That’s all」と「That’s it」の違いは?「以上です」の英語表現について

英語発音スキルをアップさせる勉強法を徹底解説

英語学習の次のステップ!略語・スラングを使いこなそう

英語が全くできない超初心者必見!自分に合った学習方法を見つけよう

海外で悪い意味のハンドサイン!やってはいけないコルナサインなど

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み