英語お役立ち情報English Pronunciation Column

単語によって発音が違う!三単現・複数形の”s”の5種類の読み方と見分け方

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

「三単現の”s”」と言えば、中学校の英語の授業を思い出す方は多いのではないでしょうか。そして、「複数形の”s”」もまた日頃から使用しているためとても身近に感じられるのではないかと思います。

今回のテーマは「三単現の”s”」と「複数形の”s”」について。実はこれらの”s”は単語の語尾の発音によって読み方が変わるという特徴があります。どのような場合にどう発音するのか、この記事を読んで理解を深めてみてくださいね!

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

三単現・複数形の”s”とは

まずここでは、三単現と複数形についてあらためて説明しておきましょう。

  • 三単現の”s”・・三人称・単数・現在形の略である「三単現」、つまり主語が”he” “she” “it”などで、かつ現在形の文章で動詞の最後に”s”がつくルールのこと
  • 複数形の”s”・・複数個のものを表すときに名詞の最後に”s”がつくルールのこと

日頃から頻繁に使用している二つのルールですので、ここまでは問題ありませんね!

三単現・複数形のスペルの変化

次に、スペルについて解説します。

三単現の”s”と複数形の”s”が語尾につく際には、もちろん”s”が追加されることによってスペルが変化します。このときのスペルの変化には、3つの種類があるので、それぞれについて紹介しておきましょう。

1. 原型に”s”を付ける

最もスタンダードなパターンです。動詞もしくは名詞の原型に単純に”s”を追加します。


・want → wants
・choose → chooses
・hope → hopes

2. “子音+y”で終わる単語は”y”を”i”に変えて”es”をつける

次は、動詞もしくは名詞の語尾が変化するパターンです。原型のスペルが”子音+y”で終わっている単語は、最後の”y”を”i”に変えて”es”をつけるルールがあります。


・try → tries (rが子音なので、yをiに変える)
・reply → replies(lが子音なので、yをiに変える)
・copy → copies(pが子音なので、yをiに変える)

注意:ちなみに、上記はあくまでも”子音+y”の場合のみ。”母音+y”で終わる単語の場合は”s”だけをつけます。


・play → plays
・enjoy → enjoys

3. スペルがo、s、sh、ch、x、zで終わる単語は”es”をつける

3つ目のルールは、名詞もしくは動詞のスペルの最後がo、s、sh、ch、x、zで終わっている場合。この場合、三単現や複数形にするには”es”をつける必要があります。


・go → goes
・kiss → kisses
・dish → dishes
・teach → teaches
・box → boxes
・quize → quizes(動詞)、quizzez(名詞)

三単現・複数形の”s”の発音5種

さてここからは本題の発音について。冒頭でお伝えした通り、三単現と複数形の”s”には、5種のことなる発音があります。それぞれの発音と、どのような場合にその発音になるのかを理解しておきましょう。

① /s/の発音になる場合

三単現もしくは複数形の”s”の発音が/s/になる場合、その音は濁らない音であることが特徴です。このケースに該当するのは、発音が無声子音 /p/k/f/で終わる単語に三単現・複数形の”s”をつけるとき。

単語例(発音が無声子音 /p/k/f/ で終わる単語)

・drop /ˈdrɑːp/ → drops /ˈdrɑːps/
・ask /ˈæsk/ → asks /ˈæsks/
・laugh /ˈlæf/ → laughs /ˈlæfs/

② /z/の発音になる場合

三単現もしくは複数形の”s”の発音が/z/になる場合、その音は濁った音になるのが特徴です。このケースに該当するのは、発音が有声子音/b/v/g/l/m/n/r/ŋ/ð/、もしくは母音で終わる単語に三単現・複数形の”s”をつけるとき。

単語例(発音が有声子音 /b/v/g/l/m/n/r/ŋ/ð/ で終わる単語)

・job /ˈʤɑːb/ → jobs /ˈʤɑːbz/
・hug /ˈhʌg/ → hugs /ˈhʌgz/
・travel /ˈtrævəl/ → travels /ˈtrævəlz/
・aim /ˈeɪm/ → aims /ˈeɪmz/
・rain /ˈreɪn/ → rains /ˈreɪnz/
・order /ˈɔːrdər/ → orders /ˈɔːrdərz/
・thing /θɪŋ/ → things /θɪŋz/
・breathe /bri:ð/ → breathes /bri:ðz/

単語例(発音が母音で終わる単語)

・delay /dɪˈleɪ/ → delays /dɪˈleɪz/
・snow /snoʊ/ → snows /snoʊz/

③ /əz/の発音になる場合

三単現もしくは複数形の”s”の発音が/əz/になる場合もありますね。このケースに該当するのは、発音が子音 /s/z/ʃ/tʃ/dʒ/ʒ/ で終わる単語に三単現・複数形の”s”をつけるとき。

単語例(子音 /s/z/ʃ/tʃ/dʒ/ʒ/ で終わる単語)

・kiss /ˈkɪs/ → kisses /ˈkɪsəz/
・use /ˈjuːz/ → uses /ˈjuːzəz/
・finish /ˈfɪnɪʃ/ → finishes /ˈfɪnɪʃəz/
・judge /dʒʌdʒ/ → judges /dʒʌdʒəz/
・garage /ɡəˈrɑːʒ/ → garages /ɡəˈrɑːʒəz/

④ /ts/の発音になる場合

三単現もしくは複数形の”s”の発音が/ts/になる場合もあります。詰まったような発音で、音は「ツ」のように聞こえるのが特徴。/t/と/s/を別々に発音するのではなく、まとめて「ツッ」と発音する理解で大丈夫です。

このケースに該当するのは、発音が/t/で終わる単語に三単現・複数形の”s”をつけるとき。

単語例(発音が/t/で終わる単語)

・visit /ˈvɪzət/ → visits /ˈvɪzəts/
・start /stɑːrt/ → starts /stɑːrts/
・hate /ˈheɪt/ → hates /ˈheɪts/

⑤ /dz/の発音になる場合

三単現もしくは複数形の”s”の発音が/dz/になる場合もあります。音は/d/と/s/を別々に発音するのではなく、こちらもまとめて発音します。カタカナの「ヅ」に近い音になりますね。「ズ」ではなく「ヅ」を意識して発音すると良いです。

このケースに該当するのは、発音が/d/で終わる単語に三単現・複数形の”s”をつけるとき。

単語例(発音が/d/で終わる単語)

・need /ˈniːd/ → needs /ˈniːdz/
・attend /əˈtend/ → attends /əˈtendz/
・demand /dɪˈmænd/ → demands /dɪˈmændz/

まとめ:単語によって発音が違う!三単現・複数形の”s”の5種類の読み方と見分け方

今回は、英語ならではのルール、英語の三単現・複数形の”s”について細かく解説しました。同じ三単現・複数形の”s”でも原型の単語によって発音自体が変わることがわかりましたね!

今回の記事で学んだ内容を以下にまとめておきましょう。

三単現・複数形の”s”の発音5種
① /p/k/f/ で終わる単語→/s/
② /b/v/g/l/m/n/r/ŋ/ð/ もしくは母音で終わる単語→/z/
③ /s/z/ʃ/tʃ/dʒ/ʒ/ で終わる単語→/əz/
④/t/で終わる単語→/ts/
⑤/d/で終わる単語→/dz/

Discovering Soundsでは、日本人講師による英語の発音矯正プログラムを提供しています。わからないところや、気になる疑問点を都度講師に質問しながら学べる安心感は、日本人講師ならでは!

レッスン内容が気になる、講師についてもっと知りたい!という方は、ぜひDiscovering Soundsの体験レッスンを受けてみてください。きっとこれまでにない、新たな英語発音矯正方法に出会えるはず!みなさまのお越しをお待ちしています!


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み