英語お役立ち情報English Pronunciation Column

日本人がよくアクセントを間違える英単語は?

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

本記事では、日本人がよくアクセントを間違える英単語をご紹介します。

日本人がよくアクセントを間違える英単語は?

英単語の発音で、2音節以上の単語の場合、思い込みで発音しているときってありませんか?

でも実際辞書を調べてみたら、えっ!こっちがアクセントだったの?という経験があると思います。

今日はそんな思い込みや勘違いで、間違って発音してしまっている英単語をご紹介します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

なぜアクセントを間違えるのか?

なぜこういうアクセントの間違いが起きるのか?原因は、主に以下の2つの点が考えられます。

① 日本語のカタカナにつられて、思い込みで発音している。

② 一度も辞書で発音記号を確認したことがなく、自分はこう発音すると思いこんでいる。

こういった思い込みや勘違いを防ぐためにも、「辞書で発音記号を見る」「辞書で音声を確認する」ということが、とても大切になってきます。

どんなに見知った英単語でも、1度は辞書で発音記号と音声を確認するなど、面倒くさがらずに確認作業することで、間違いを減らしていけます。

どんな単語のアクセントを間違えがち?

ここで、どんな単語を間違えやすいのか、一覧をごらんください。

  1.  discount:これは[cou] にアクセントを置きがちですが、実際は、discountとなり、[di]にアクセントが来ます。「ディスカウント」というカタカナにつられてしまい、後ろにアクセントを置いてしまいがちな単語の1つです。
  2.  eventこれは[e]にアクセントを置きがちですが、実際は、eventとなり、[ve]にアクセントが来ます。「イベント」というカタカナにつられてしまい、後ろにアクセントを置いてしまいがちな単語の1つです。
  3.  sometime, sometimesこれは[time]にアクセントを置きがちですが、実際は、sometime, sometimesとなり、[so]にアクセントが来ます。
  4.  manage, managementこれは[na]にアクセントを置きがちですが、実際は、manage, managementとなり、[ma]にアクセントが来ます。
  5.  supervisorこれは[vi]にアクセントを置きがちですが、実際は、supervisorとなり、[su]にアクセントが来ます。
  6.  co-worker, coworkerこれは[wor]にアクセントを置きがちですが、実際は、co-worker, coworkerとなり、[co]にアクセントが来ます。
  7.  industryこれは[du]にアクセントを置きがちですが、実際は、industryとなり、[i]にアクセントが来ます。
  8.  instrumentこれは[tru]にアクセントを置きがちです。この場合、カタカナ読みになり、[t]の後ろに母音のウが入り、[turu]で読んでしまう人が多く見られます。そうなった場合、[tu]にアクセントを置いてしまう減少が起きやすくなります。実際は、instrumentとなり、[i]にアクセントが来ます。
  9.  supermarketこれは[mar]にアクセントを置きがちですが、実際は、supermarketとなり、[su]にアクセントが来ます。「スーパーマーケット」というカタカナにつられてしまい、後ろにアクセントを置いてしまいがちな単語の1つです。
  10.  execute, executingこれは[cu]にアクセントを置きがちですが、実際は、execute, executingとなり、[e]にアクセントが来ます。特に-ing形の間違いが多く見られます。
  11.  engineerこれは[gi]にアクセントを置きがちですが、実際は、engineerとなり、[neer]にアクセントが来ます。
  12.  volumeこれは[lu]にアクセントを置きがちですが、実際は、volumeとなり、[vo]にアクセントが来ます。「ボリューム」というカタカナにつられてしまい、後ろにアクセントを置いてしまいがちな単語の1つです。
  13.  originこれは[ri]にアクセントを置きがちですが、実際は、originとなり、[o]にアクセントが来ます。
  14.  comfortこれは[for]にアクセントを置きがちですが、実際は、comfortとなり、[co]にアクセントが来ます。カタカナにつられやすい単語の1つです。
  15.  equalこれは[qua]にアクセントを置きがちですが、実際は、equalとなり、[e]にアクセントが来ます。「イコール」というカタカナにつられてしまい、後ろにアクセントを置いてしまいがちな単語の1つです。
  16.  oliveこれは[li]にアクセントを置きがちですが、実際は、oliveとなり、[o]にアクセントが来ます。「オリーブ」というカタカナにつられてしまい、後ろにアクセントを置いてしまいがちな単語の1つです。
  17.  eyebrowこれは[brow]にアクセントを置きがちですが、実際は、eyebrowとなり、[eye]にアクセントが来ます。
  18.  indexこれは[de]にアクセントを置きがちですが、実際は、indexとなり、[i]にアクセントが来ます。
  19.  differこれは[fer]にアクセントを置きがちですが、実際は、differとなり、[di]にアクセントが来ます。
  20.  demonstrateこれは[mon]にアクセントを置きがちですが、実際は、demonstrateとなり、[de]にアクセントが来ます。
  21.  interpretこれは[in]にアクセントを置きがちですが、実際は、interpretとなり、[ter]にアクセントが来ます。
  22.  distributeこれは[bu]にアクセントを置きがちですが、実際は、distributeとなり、[tri]にアクセントが来ます。
  23.  surpassこれは[sur]にアクセントを置きがちですが、実際は、surpassとなり、[pass]にアクセントが来ます。
  24.  occurこれは[o]にアクセントを置きがちですが、実際は、occurとなり、[ccur]にアクセントが来ます。
  25.  colleagueこれは[llea]にアクセントを置きがちですが、実際は、colleagueとなり、[co]にアクセントが来ます。

 

以上、いかがでしたでしょうか?よく見る単語でもアクセントが違う位置にあったりしますので、辞書で発音記号、アクセントの位置を確認してみてくださいね。

今回の記事では「日本人がよくアクセントを間違える英単語は?」についてご紹介しました!

思い込みや勘違いで単語の発音エラーをしないように、辞書をどんどん活用していきましょう!

 


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み