英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語で「マクドナルド」を発音できる?英語でのオーダー方法も紹介!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

ハンバーガーといえば、マクドナルドをイメージする方は多いのではないでしょうか。

関東では「マック」関西では「マクド」と呼ばれていますが、英語圏ではどんな呼び方をしているのか気になりませんか?今回は、マクドナルドの発音や英語でのオーダー方法について解説します!

日本とアメリカのマクドナルド

アメリカ生まれのマクドナルドですが、日本とアメリカではマクドナルドの発音やメニューの表現などが異なります。

ここからは、発音の違いとマクドナルドの意味について解説します。

マクドナルドの発音

マクドナルドは英語で「McDonald’s」と表記され、発音は /məkˈdɑːnəldz/ です。
発音の際に、Mcの部分に当たる/mək/の/k/はほぼ発音されないため、M(c)Donald’sというイメージです。アクセントは、McDonald’sのDoの部分にきます。
さらに、語尾には’sがつき、カタカナの「ヅ」のイメージで発音するので覚えておいてください。

マクドナルドの意味

皆さんはマクドナルドの意味をご存知ですか?「McDonald’s」とアポストロフィーがあるので、マクドナルドの何かだということが想像できます。

実は、McDonald’sは、McとDonald’sに分けて考えることができるんです。
Mcはスコットランドやアイルランドで「息子」という意味があるそうで、McDonaldは「ドナルドの息子」という意味の人名になります。

また、英語圏では、名前+’sで「〇〇さんのお店」という意味になることから、マクドナルドさんのお店という店名になります。ファミリーレストランのDenny’sなどもそうですね。マクドナルドの創始者がスコットランド系のドナルド兄弟だったので、McDonald’sは「マクドナルド兄弟の店」という意味になります。

マクドナルドのメニューは日本と同じ?

海外のマクドナルドに行ったことのある方なら、メニューの違いにもきっと気がついたのではないでしょうか。マクドナルドのメニューは日本と海外とで異なる部分があるんです。

ここからは、日本と海外のマクドナルドのメニューの違いについて解説します。

国によってさまざまなメニューがある

日本のマクドナルドに日本限定の人気メニューがあるのと同じように、海外のマクドナルドにもさまざまな人気メニューがあります。

まず、カナダのマクドナルドを見てみましょう。
カナダのマクドナルドには、Poutineと呼ばれるメニューがあります。Poutineを英語で説明すると以下の通りです。

・Poutine is a Canadian dish made of french fries topped with cheese curds and gravy.
 /puːˈtiːn əz ə kəˈneɪdiən dɪʃ meɪd əv frenʧ fraɪz tɑːpt wɪð ʧiːz kəːrdz ənd ˈɡreɪvi/
(プーティンはフライドポテトにチーズカードとグレイビーソースをかけたカナダ料理です)

また、イギリスのマクドナルドには、Cheesy Bacon Flatbreadというメニューが。なんとなく想像が付くのではないでしょうか。
Cheesy Bacon Flatbreadを英語で説明すると、以下の通りです。

・Bacon and melted cheese in freshly toasted flatbread. The perfect way to start the day.
 /ˈbeɪkən ənd ˈmeltəd ʧiːz ɪn ˈfreʃli ˈtoʊstɪd ˈflætbred//ðə ˈpəːrˌfɪkt weɪ tə stɑːrt ðə deɪ/
(トーストしたてのフラットブレッドにベーコンととろけるチーズを挟んだ1日の始まりにぴったりの一品です)

美味しそうな一品ですね!

このように、国によって異なる人気メニューがあるので、旅行などで訪れた際にはぜひチェックしてみてくださいね。

カスタマイズできる「メニューハック」

アメリカには、もともとある材料を使ってメニューをカスタマイズする「メニューハック」があります。
なんと、SNSで話題になったメニューハックを公式メニューに導入したそう。

その中のひとつ「Surf & Turf」を英語で説明すると以下のようになります。

Surf & Turf is only available on the McDonald’s app and combines a Double cheeseburger and Filet- of-Fish.
/səːrf ənd təːrf əz ˈoʊnli əˈveɪləbəl ɑn ðə məkˈdɑːnəldz æp ənd kəmˈbaɪnz ə ˈdʌbəl ˈʧiːzbərɡər ənd fɪˈleɪ əv fɪʃ/
(サーフアンドターフは、マクドナルドのアプリでのみ利用可能で、ダブルチーズバーガーとフィレオフィッシュを合わせたものです)

お肉と魚を一度に味わいたい方にぴったりのメニューです。

このようなメニューハックは日本のマクドナルドであまり耳にしないので、とても興味深いですね。

間違えやすい言い方に注意!

日本と海外のマクドナルドでは、メニューの表現が異なることがあります。
代表的な例をひとつ挙げると、フライドポテトは、french fries /frenʧ fraɪz/と言います。

・Can I have a french fries?
 /kən aɪ həv ə frenʧ fraɪz/
(フライドポテトをください)

また、日本の「セット」は英語ではcombo /ˈkɑːmˌboʊ/や、meal /miːl/ と表現します。

・I ordered the double cheeseburger combo today.
 /aɪ ˈɔːrdərd ðə ˈdʌbəl ˈʧiːzbərɡər ˈkɑːmˌboʊ təˈdeɪ/
(今日は、ダブルチーズバーガーのセットを注文したよ)

また、バーガーは単品の場合、サンドウィッチと表現することがあります。

以下の会話形式で表現を確認しましょう。

・Can I get a cheeseburger?
 /kən aɪ ɡet ə ˈʧiːzbərɡər/
(チーズバーガーください)

・Sure, would you like to make it a combo today?
 /ʃʊr wəd jʊ laɪk tə meɪk ət ə ˈkɑːmˌboʊ təˈdeɪ/
(かしこまりました。セットになさいますか?)

・Just the sandwich, please.
 /ʤəst ðə ˈsændwɪʧ pliːz/
(単品でお願いします)

英語でオーダーする方法

海外のマクドナルドで英語でオーダーする方法を紹介します。
よく使うフレーズを覚えておけば、いつでもオーダーできちゃいますよ!

オーダーする時の会話

ここからは、注文時の店員さんとの会話を見ていきましょう。

・Hi, what can I get for you today?
 /haɪ wɑt kən aɪ ɡet fər ju təˈdeɪ/
(いらっしゃいませ。ご注文は?)

・Hi, can I get a Big Mc combo, please?
 /haɪ kən aɪ ɡet ə bɪɡ mæk ˈkɑmˌboʊ pliːz/
(こんにちは。ビッグマックのセットをください)

・Sure. What size?
 /ʃʊr/ /wɑt saɪz/
(サイズはいかがいたしますか?)

・Medium diet Coke and small fries, please.
 /ˈmidiəm ˈdaɪət koʊk ənd smɔl fraɪz pliːz/
(ダイエットコークのMサイズとSサイズのポテトをお願いします)

・Anything else?
 /ˈeniˌθɪŋ els/
(他にございますか?)

・I’m good. That’s all.
 /aɪm ɡʊd/ /ðæts ɔːl/
(以上です)

・Will it be for here or to go?
 /wɪl ɪt bi fər hɪər ɔːr tə ɡoʊ/
(店内でお召し上がりですか?お持ち帰りですか?)

・To go. / For here.
 /tə ɡoʊ/ /fər hɪər/
(持ち帰りで/店内で)

・Ok, it’ll be $12.79.
 /ˈoʊˈkeɪ ˈɪtəl bi twelv sevənty naɪn/
(お会計は$12.79です)

一連の会話の流れをおさえておけば注文時にあわてることはありません。ぜひ覚えておいてくださいね。

まとめ:英語で「マクドナルド」を発音できる?英語でのオーダー方法も紹介!

今回は、マクドナルドに関する英語表現について解説しました。

マクドナルドの名前の由来や発音の違いなどがお分かりいただけたのではないでしょうか。
オーダー方法は形式を覚えてしまえば難しいものではありません。慣れてきたら、メニューハックにも挑戦してみてください!

Discovering Soundsでは、発音の習得やさまざまな英語表現を身につけ、英語でのコミュニケーションをさらにスムーズにすることができます。
正しい英語の発音を身につけたい方は、ぜひ体験レッスンをお試しください!


関連記事はこちら

英語の無生物主語とは?無生物主語の使い方や訳し方を紹介!

英語の分数の読み方・書き方をわかりやすく紹介!

「かもしれない」の可能性を表現する英語を4つ紹介!

「though」の 使い方~接続詞・副詞・文末での活用~

日本に居ながら、ネイティブ並みの英語の発音を身に付けることは可能か?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み