英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の発音は舌のポジションが大事!おすすめの習得方法を紹介!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

英語の発音で重要な舌の位置。日本語と英語では舌の位置、ホームポジションが異なるのをご存知でしょうか。舌のホームポジションが正しくなければ、日本語的な英語の発音から抜け出せません。

今回の記事では、舌のポジションについて解説するとともに、Discovering Soundsが開発した日本語話者のための英語発音学習Webアプリ「Discovering Native」について紹介します!

日本語と英語で異なる舌の位置

英語を話す時の舌の位置を「ホームポジション」と言います。

舌のホームポジションは、英語を正しく発音する上でとても重要。英語と日本語では、それぞれの言語を話すときに口の中に大きな違いがあるため、舌のホームポジションが正しくないと正しい発音ができません。

ここからは、舌の位置や口周りの動きについて見ていきましょう。

舌の位置の違い

英語と日本語では、口の中の舌の位置に違いがあります。
英語を話すときは、舌が下の方にあり、舌の根本を動かすことで英語らしい音の響きを出しています。
日本語を話すときは舌が上の方、上あごの部分にあります。
日本人は、普段から舌が浮き気味なので、全ての英語の音に対して舌を上げて発音してしまいがち。口の中で舌が浮いていると聞き取りにくいので、英語を話すときは舌のホームポジションを下にするクセをつけると良いでしょう。

口の中のスペース

英語話者と日本語話者では口の中のスペースにも違いがあります。
口の中のスペースの違いには、先ほどお伝えした舌の位置が関係しています。舌の位置が下がれば、口の中のスペースも自然と大きくなるもの。舌全体を下げれば、舌の付け根のあたりにスペースができるはずです。
口の中のスペースは英語の発音にとても大事です。舌を下げることを意識して、口の中のスペースを作ってみてください。

息の方向

英語の発音には、息の出し方や息を出す方向にも違いがあります。
英語には「無声音」といって、息だけで発音する音があるのはご存知のはず。無声音を正しく出すためには、日本語を話す時よりも息がたくさん必要です。息はお腹からしっかり前に出すように意識してみてください。

舌のポジションで発音は劇的に変わる

舌のポジションを意識するだけで、英語の発音は劇的に変化します。
英語の発音は、日本語の発音ではあまり使わないような舌の奥の筋肉も使います。そのため、発音を難しいと考え、正しい発音の習得をつい後回しにしてしまいがち。
しかし、舌の位置を意識したり、口周りの筋肉を鍛えたりすれば発音の習得は可能といえます。
舌のホームポジションに気をつけて発音練習をしてみましょう。

舌のポジションはアプリDiscovering Nativeで習得しよう

英語の発音に必要な舌の動きを習得するなら、アプリDiscovering Nativeがおすすめです。
Discovering Nativeは、3DCGとAIの技術を用いた体験型の英語発音サービス。3DCGの技術を使って、英語の発音に必要な舌や口の中の動きを徹底的に分解し、可視化しました。
また、正しい発音に必要な動きをさまざまな角度から見ることができるため、これまで見えなかった舌の動きが一目瞭然!
Discovering Nativeは、今までありそうでなかった英語発音サービスです。

Discovering Nativeがおすすめな理由

英語の発音練習をするなら、ぜひ活用いただきたいDiscovering Native。
Discovering Nativeは初心者でも使い勝手が良く、英語の発音練習に必要な機能が充実しています。ここからは、Discovering Nativeをおすすめする理由を3つ紹介します。

3DCG動画で舌の位置を確認できる

Discovering Nativeでは、3DCG動画で舌の位置を確認できます。

例えば、hot/hɑt/の/ɑ/の発音は、

[ɑ]の発音方法は、「口周りあひる体操」で口周りの筋肉を緊張させ、「オ~」を発声するつもりで「ア~」と発声します。
英語には「ア」の発音が3種類[ɑ][ʌ][æ]あり、この[ɑ]の発音は日本語の「ア」に近いですが、音の長さが異なり、長く伸ばしたイメージです。

と書かれています。

文章を読んだだけではよくわからず、発した音が正しいのかどうかもわからないのではないでしょうか。
しかし、Discovering Nativeで動画を見れば口の動き、舌の位置、口の開き方がすぐに分かります。

また、正しい発音の音を確認できるので、曖昧なまま学習を進めるといった不安要素がありません。

単語や文章で発音練習ができる

Discovering Nativeは、単語や文章で発音練習ができます。

発音記号の習得は非常に大切ですが、実際の会話で必要なのは単語や文章レベルでの発音。Discovering Nativeでは、発音記号ごとに単語、文章の発音練習が可能です。

例えば、先ほどのhot/hɑt/の/ɑ/の発音を見てみると、

・project /ˈprɑʤɛkt/
・coffee /ˈkɑfi/
・She believes in God. /ʃi bɪˈlivz ɪn ɡɑd/
・ I am going to watch a volleyball game. /aɪ əm ˈɡoʊɪŋ tə wɑʧ ə ˈvɑliˌbɔl ɡeɪm/

上記のように、単語の他に短文や文章での発音練習ができます。

全ての発音記号ごとに、単語、短文・熟語、文章での発音練習ができるため、実際の会話レベルで発音の上達を実感できるようになりますよ。

苦手な発音を知ることができる

Discovering Nativeでは、苦手な発音を知ることができます。
ただやみくもに発音練習を繰り返していても、効率が良いとはいえません。もし苦手な発音を知ることができれば、苦手を克服していくだけです。

さらに、苦手な発音を完璧に習得できれば、自信にもつながり英語を話す際の恥ずかしさや発音に対する不安もなくなるでしょう。
Discovering Nativeで苦手な発音を克服し、ネイティブのような流暢な発音を習得しましょう。

10分でできるDiscovering Nativeの上手な活用方法

ここまで、Discovering Nativeをおすすめする理由について解説しました。

しかし、いざDiscovering Nativeを使っても「勉強時間を確保するのが難しい」「どうやって活用したら良いかわからなくなってしまった」などの理由で使用をやめてしまうと、思うように上達できません。
Discovering Nativeの充実した機能は、朝、日中、夜のルーティーンに取り入れて活用するのがおすすめです。

ここからは、Discovering Nativeの上手な活用方法をタイミング別に紹介します。

朝の10分でクイックテスト

朝の10分間を使ってクイックテストを受けてみましょう。

Discovering Nativeには、10問のクイックテストがあります。クイックテストでは、発音記号単位で苦手な発音、得意な発音をあぶり出します。
忙しい朝はたったこれだけ。少しだけ早起きをして実践してみてください。

すきま時間10分で発音エクササイズ

日中のすきま時間10分を使って、発音エクササイズをしましょう。

クイックテストで出た苦手な発音を中心に発音エクササイズをすれば、英語の発音に必要な口周りを鍛えられます。
一つのエクササイズはわずか数分と短いもの。余裕があれば、10分間でいくつかのエクササイズを実践してみるのも良いですね。

夜の10分で発音レッスン

夜の10分を使って発音レッスンをしましょう。

クイックテストで出た苦手な発音は、夜の10分で集中して発音レッスンに取り組むのがおすすめです。
発音記号ごとの発音レッスンは、単語、熟語・短文、文章で70点以上のスコアを出すことで次のラウンドへ進めます。ゲーム感覚で、より実践的に楽しく発音レッスンができるはずですよ。

まとめ:英語の発音は舌のポジションが大事!おすすめの習得方法を紹介!

今回の記事では、英語の発音に重要な舌のホームポジションについて簡単に解説しました。

つい難しいと感じる英語の発音ですが、舌の位置や口周りの動きをおさえられれば、なめらかで流暢な発音の習得が可能です。
しかし、英語の発音を自分のものにするためには、コツコツ継続して練習することが必要不可欠です。

Discovering Nativeは、自宅での英語学習にぴったりな英語発音サービスです。自分の英語の発音にお悩みの方は、まずは1ヶ月無料のDiscovering Nativeを試してみてくださいね!

 

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。 最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能! 20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

英語発音学習WebアプリDISCOVERING NATIVEはコチラ


関連記事はこちら

英語の無生物主語とは?無生物主語の使い方や訳し方を紹介!

英語の分数の読み方・書き方をわかりやすく紹介!

「かもしれない」の可能性を表現する英語を4つ紹介!

「though」の 使い方~接続詞・副詞・文末での活用~

日本に居ながら、ネイティブ並みの英語の発音を身に付けることは可能か?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み