英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語学習をやり直したい人必見!英語学習を効果的に進めよう!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

学生時代に英語学習に挫折したという方は、少なくないのではないでしょうか。
しかし「海外の方と英語で話したい」など些細なことがきっかけで、英語学習をやり直したいと思う方もいらっしゃるでしょう。

今回は、英語学習をやり直したいと考える方必見!英語学習を効果的に進める方法を紹介します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

英語学習をやり直す際に押さえておきたいポイント

いざ英語学習をやり直そうと決めても、何から始めれば良いのか、どう学習を進めていけば良いのかわからない人も多いはず。
手当たり次第に参考書を買い、YouTubeでの学習やオンライン英会話をやみくもに受けても、ポイントをおさえた学習ができなければ英語を習得するには時間がかかるでしょう。

ここからは、英語学習のやり直しにおさえておきたいポイントについて解説します。

① 目標を決める

最初に、なぜ英語学習が必要なのか目的を明確にしましょう。

・仕事で英語が必要になった
・日本語字幕なしで映画を観たい
・海外旅行で英語を話したい
・留学したい

など、人によって英語学習をやり直したい目的はさまざまです。

「英検やTOEICなどでスコアをあげたい」といった目標を掲げる方も多いでしょう。

しかし、英語学習を続けるモチベーションや、英語を楽しんで学習するためには、

「自分自身が英語を習得することで何ができるか」

「英語を習得することでどんな自分になりたいか」

などを目標にする方が、継続的な学習意欲につながりやすくなります。

② 基礎からさかのぼって学習する

中学、高校時代に学んだ英語には、実はコミュニケーションの基礎が詰まっています。専門的で難しい会話でなければ、中学高校時代に学んだ単語や文法を使いこなせれば十分。
まずは中学1、2年生の基礎中の基礎を完璧に身につけましょう。

基礎をしっかりと固めておくことで、中学3年生から高校レベル以上の発展的な単語や文法を理解しやすくなるはずです。

③ 学習環境を整える

目標を決め基礎を固めたら、目的に合った学習環境を整えていきましょう。

英語学習の教材は、参考書、アプリ、英会話スクールなどさまざまなものがあります。どの教材を選ぶにしても、理語学習で重要なのは発音とリスニング。英語のリズム、ネイティブがよく使う表現を耳で覚え、発音に生かすことが重要です。

まずは自分に合った学習環境を整えていきましょう。

英語学習を効果的に進めるための流れ

英語学習を効果的に進めるためには、発音、語彙力、文法、リーディング、ライティング、スピーキングをバランスよく行うことが大切です。

ここからは、英語学習をやり直すための効果的な勉強方法をみていきましょう。

発音

英語は正しい発音で覚えることが最も重要です。

人間が音声を認識する時は発音時の筋肉の動きを参照とされているのだそう。
そのため、正しい発音を身につけることが、聞き取り(リスニング)と会話能力(スピーキング)の両方に有効と言われています。
正しい発音が身についていないと、ネイティブの言っている英語が聞き取れない、言いたいことが相手にうまく通じないなどといったことが起こります。

発音を一から身につけることで、英語学習を効果的に進めることができます。

語彙力

語彙とは単語のことで、語彙力とは「その人がどれだけ言葉を知っていて、どれだけ的確に使えるか」を示す能力のことです。

英語圏の人との日常会話に必要な単語数は、1700から2000語といわれています。
大抵の場合、英単語を覚えるときスペルや和訳を頭に入れようとすることが多いのではないでしょうか。

実は、単語やイディオムを覚える際にビジュアルをイメージするだけで、覚えられる量がぐっと増えます。単語やイディオムを映像化し、感情や状況を擬似体験することで記憶に残り、忘れにくくなるというわけです。

語彙力を身につけることで表現力も広がり、会話もさらに楽しくなるでしょう。

文法

文法もおさえておきたい大事な要素です。
しかし、文法は深掘りすればするほど難しいもの。やり直し英語学習で完璧に身につけておきたい文法は、

・現在形
・過去形
・未来形
・過去完了形

の4つ。

これらの基本を身につけておくだけで、会話に必要な文法や時制をほとんどカバーできるでしょう。

やり直し英語で文法を勉強する際は、難しい文法を覚えようとする必要はありません。
まずは基本に立ち返り、基礎をしっかり身につけましょう。

リーディング

英語学習の際には、たくさんの英語表現に触れることが重要です。

英語の文章を読みながら、何が書かれているのかを英語のまま理解していきましょう。

わからない単語やイディオムが出てくると、つい辞書や翻訳アプリで調べてしまいがち。しかし、わからない単語やイディオムは文脈や前後の内容から意味を推測し、理解できるようになるのが理想です。

リーディングのコツは、全てを完璧に理解しようとするよりも、わかるところだけ吸収すること。文章を読んで、大まかな全体像が理解できるようになるまで読む力を身につけていきましょう。

ライティング

ライティングは自分で英語の文章を組み立てる練習です。

最初から長文を書くのは誰でも難しいもの。まずは、3単語のセンテンスで良いので、思っていること、感じたこと、見たものについて書いてみましょう。

スマートフォンや、パソコンの普及で手で書くこと自体が減ってきていますが、本来学習は手で文字を書くことが大切。
リスニングの復習としても効果的な学習になるはずです。

スピーキング

人間は自分が発音できない音は雑音としか認識できず、その音を記憶できないのだそう。

はじめに紹介した発音の習得と同様に、スピーキングの学習として理解できた音はすぐに口に出して発音しましょう。
発音の基礎を身につけていれば、聞こえてきた英語を同じように発音することもできるはず。

ひとりごとでも良いので、英語で話す癖をつけてスピーキングのスキルを上げていきましょう。

まとめ:英語学習をやり直したい人必見!英語学習を効果的に進めよう!

今回の記事では、英語学習のやり直しには学習環境を整えることが大事だとお伝えしました。

中学、高校時代の基礎英語を中心に学習を進めることで、ある程度のスキルを身につけることができるはずです。
しかし、独学は時間やお金がかかり、強い意志がなければ続けていくのは難しいでしょう。

Discovering Soundsは英語の発音に特化した発音スクールです。
英語学習の基礎は、発音が大事。Discovering Soundsで効率よく確実に英語を習得しませんか。

60分の体験レッスンで、英語学習の楽しさ、ご自身の発音の向上を実感できるはずです。
まずは、体験レッスンをお試しください!


関連記事はこちら

monthsの発音は?

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み