英語お役立ち情報English Pronunciation Column

難しいを表現する英語8選!意味と使い分けを覚えよう!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

日本語で「難しい」と言われたら聞き手は問題なく意味を理解することができます。
しかし、英語には「難しい」を表現するたくさんのフレーズがあり、状況や場面でフレーズを使い分けています。

今回は「難しい」の英語表現の意味と、使い分けについて解説します。

難しいを表現する英語8選

英語で「難しい」を表現するにはさまざまな言い方があります。
同じ「難しい」にも似た意味の表現や、微妙に異なる表現も。使う単語を間違えると、本来伝えたかったこととは全く違う意味で伝わってしまうこともあるので注意が必要です。

ここからは「難しい」の英語表現を8つ紹介します。少しずつ覚えて、使い分けられるようになりましょう!

difficult /ˈdɪfɪkəlt/

「難しい」という意味の英単語というと、すぐに”difficult”が思い浮かぶのではないでしょうか。
技術や知識、判断力などを求められた際の「難しい」はdifficultを使って表現できます。

“It’s difficult to〜.” で、「〜をするのは難しい」というフレーズになるので、そのまま覚えておくと便利です。

・His arguments are too personal and it’s difficult to understand them.
  /hɪz ˈɑːɡjəmənts ər tu ˈpɜrsənəl ənd ɪts ˈdɪfɪkəlt tʊ ˌʌndərˈstænd ðɛm/
(彼の主張はあまりにも個人的で理解するのが難しい)

hard /hɑːrd/

“hard”にも、「難しい」「きつい」といった意味があります。
もともとhardが持つ「硬い」という意味から派生して、「難しい」「厳しい」という意味に。

使い方や意味はdifficultとほぼ同じですが、肉体的、精神的な「難しさ」を表します。
“It’s hard to〜.” で、「〜するのは難しい」と表現できます。

・It’s hard to triple-work physically.
  /ɪts hɑːrd tə ˈtrɪpəl wɜrk ˈfɪzɪkəli/
(トリプルワークは体力的に難しいよ)

awkward /ˈɑːkwɚd/

“awkward”は、「ぎこちない」「扱いにくい」「厄介な」難しさを表します。
立場や問題など厄介な場面を表す際に使える「難しい」の表現です。

・He asked an awkward question in front of my parents.
  /hi æskt ən ˈɑːkwɚd ˈkwɛsʧən ɪn frʌnt əv maɪ ˈpɛrənts/
(彼は僕の両親の前で難しい/厄介な質問をした)

complicated /ˈkɑːmplɪkeɪtɪd/

“complicated”には、「複雑な」「わかりにくい」という意味があります。
人間関係や物事の複雑さを表す際によく使われます。

・I heard there was a complicated situation behind the organizational change.
  /aɪ hɜrd ðər wəz ə ˈkɑːmplɪkeɪtɪd ˌsɪʧuˈeɪʃən bɪˈhaɪnd ði ˌɔrɡənəˈzeɪʃənəl ʧeɪnʤ/
(今回の人事異動には難しい事情があったようです)

tricky /ˈtrɪki/

“tricky”は、「難しい」「ややこしい」という意味があります。
簡単には行かない様子や、手間がかかることをtrickyを使って表現します。

・Oh! I lost my GoPro in the snowy mountains! It can be tricky to find out.
  /oʊ/ /aɪ lɑːst maɪ ˈgoʊproʊ ɪn ðə ˈsnoʊi ˈmaʊntənz/ /ɪt kən bi ˈtrɪki tə faɪnd aʊt/
(うわ!雪山でGoProを無くしちゃった。見つけ出すのは難しいなぁ)

delicate /ˈdelɪkət/

“delicate” には「繊細な」「難しい」などの意味があります。
扱いが難しく、慎重な対応を求められる際に使います。

・Traditional crafts are produced by artisans who have mastered delicate techniques.
  /trəˈdɪʃənəl kræfts ər prəˈduːst baɪ ˈɑrtəzənz huː həv ˈmæstərd ˈdɛləkət tekˈniːks/
(伝統工芸品は難しい技術を習得した職人によって生み出される)

troublesome /ˈtrʌbəlsəm/

“troublesome” は、解決するのが難しい問題に対して使う表現です。
また、「難しい人だ」など、人となりを表す際にも使えます。

・It has been troublesome for us, but let’s solve this as soon as possible.
  /ɪt həz bɪn ˈtrʌbəlsəm fər ʌs bət lɛts sɑːlv ðɪs əz suːn əz ˈpɑːsəbəl/
(難しい状況になってしまったが、できるだけ早く解決しよう)

tough /tʌf/

“tough”は、「容赦がない」「逃げ道がない」ほど追い詰められた状態を表します。
日本語でも「タフな一日だった」などと言うことがあり、日常的に耳にすることがあるはずです。
英語でも骨の折れる難しい状況を説明する際によく使われます。

・It was a tough negotiation.
  /ɪt wəz ə tʌf nɪˌɡoʊʃiˈeɪʃən/
(本当に難しい交渉だった)

まとめ:難しいを表現する英語8選!意味と使い分けを覚えよう!

今回は「難しい」の英語表現について解説しました。

直接「難しい」という意味を持たない単語でも、ニュアンスをくみ取り「難しい」という場面を想像できるのではないでしょうか。スムーズなコミュニケーションに、豊かな語彙力は欠かせません。例文を参考に、自分に置き換えたシチュエーションで声に出して練習してみましょう!

Discovering Soundsは、ネイティブライクで流暢な発音を習得する発音スクールです。
実際に使える英語の表現方法を発音とともに習得します。
まずは体験レッスンをお試しください!


関連記事はこちら

英語の無生物主語とは?無生物主語の使い方や訳し方を紹介!

英語の分数の読み方・書き方をわかりやすく紹介!

「かもしれない」の可能性を表現する英語を4つ紹介!

「though」の 使い方~接続詞・副詞・文末での活用~

日本に居ながら、ネイティブ並みの英語の発音を身に付けることは可能か?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み