英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の/t/の発音は5種類ある!ー”Silent-t”とは?

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsです!

今日は「英語の/t/の発音は5種類ある!ー”Silent-t”とは?」の内容について紹介したいと思います。

英語の/t/の発音は、実は5種類もあるんです!

本記事では、英語の/t/の発音の中でも、「Silent-t」についてご紹介します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

英語の/t/の発音の種類

英語の/t/の発音は実は色々種類がありますが、英語学習初心者は、英語の/t/を全部舌でしっかり弾いて取りがちになります。

単語や熟語によっては、発音方法を変えなくてはいけないということを今日はご紹介したいと思います。

まず、/t/の発音の種類には以下の5種類があります。

① Strong-t

② Soft-t

③ Silent-t

④ Stop-t

⑤ Glottal-t / Glottal Stop

前回の記事では②のSoft-tをフォーカスしていました。「英語の/t/の発音は5種類ある!ー”Soft-t”とは?」をご覧ください。

本日は③のSilent-tにフォーカスしてご紹介していきたいと思います。

 

Silent-tとは?

「Silent-t」はどういった条件のときに/t/の音が変化するのでしょうか。ある程度スペルで見分けがつくと言われています。

1.twenty, ninetyのように、ntのスペルのとき、このtは発音されず、nと後ろのyの母音の/i/と連結します。

2.listen, fastenのように、stenのスペルで終わるとき、このtは発音されません。

3.often, softenのように、ftenのスペルで終わるとき、このtは発音されません。

4.castle, whistelのように、stleのスペルで終わるとき、このtは発音されません。

以上の条件のときに/t/が発音されなくなります。

では単語例をみていきましょう。

 

Silent-tの単語例:1のケース

Silent-tになる場合の単語例を見てみましょう。

twenty

ninety

internet

center

wanted

Silent-tの単語例:2のケース

2のケースは数が少ないです。

listen

fasten

hasten

moisten

Silent-tの単語例:3のケース

often

soften

Silent-tの単語例:4のケース

castle

whistle

epistle

hustle

nestle

bustle

wrestle

bristle

rustle

1~4のケースは単語数が少ないですし、かつ、良く使われる単語も限られているので、覚えやすいですね。

 

まとめ:英語の/t/の発音は5種類ある!ー”Silent-t”とは?

今回は、「英語の/t/の発音は5種類ある!ー”Silent-t”とは?」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?/t/の発音は1つだけではないのですね。

皆さんも/t/の発音の習得に、発音しない/t/を練習してみましょう!かっこ良くtwentyと言えるようになりますよ!

 

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

英語の無生物主語とは?無生物主語の使い方や訳し方を紹介!

英語の分数の読み方・書き方をわかりやすく紹介!

「かもしれない」の可能性を表現する英語を4つ紹介!

「though」の 使い方~接続詞・副詞・文末での活用~

日本に居ながら、ネイティブ並みの英語の発音を身に付けることは可能か?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み