英語お役立ち情報English Pronunciation Column

【リスニング】日本人が英語を聞き取れない理由を3つ紹介!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

英語のリスニングを学習していても、どうしても聞き取れないということはありませんか?なかなか聞き取れるようにならないので、リスニングに対する学習意欲が上がらないという悪循環に陥ってしまう方も多いのではないでしょうか?

本記事では、日本人が英語を聞き取れない理由を3つ紹介していきます。リスニングについて理解を深めたい方はぜひ御覧ください。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

日本人が英語を聞き取れない3つの理由

早速、日本人が英語を聞き取れない理由についてみていきましょう。

ネイティブスピーカーの話すスピードが速い

まず考えられる理由として、ネイティブスピーカーの話すスピードが速い点が挙げられます。なかなかリスニングが聞き取れるようにならない理由の主な原因は、恐らくこれかと思います。日本語では割とゆったりとした速さで話されることが多いですが、英語では速く話されることが一般的です。英語の速さに慣れていないため、どうしても英語を聞き取れないのです。

単語をつなげて発音している

次に考えられる理由として、単語をつなげて発音していることがあげられます。日本人が英語をまず話そうとすると、各単語で区切りながらそうしようとします。一方ネイティブスピーカーはそのようなことはせず、単語と単語をつなげてリズムよく英語を話します。

例えば、”I am a junior high school student.”という文があったとします。日本人が上の文を話そうとする場合、「アイ・アム・ア・ジュニア・ハイスクール・スチューデント」という風に読み上げるのではないでしょうか。しかし、英語ではamとaをつなげて話すため、これらを「アマ」と発音します。

このように、日本人とネイティブスピーカーは全く異なる話し方をしており、そこに慣れていないため聞き取れないということが起こります。この点をマスターするには、発音ルールを知ることが大切です。音が「どうつながっていくか?」などの、音の変化は発音ルールで理解できるようになり、当校でもこの点を非常に意識して指導しています。

発音しない音がある

次に考えられる理由として、発音していない音が英語にはあるということです。“student”という単語を考えてみましょう。日本人が発音すると、「スチューデント」と読むのではないでしょうか?

一方でネイティブスピーカーは最後のtを発音しません。ここも日本人を困らせる原因となっていて、一部の音を発音しないから何を言っているのか分からないということが起こるように思います。

英語を聞き取れるようになるにはどうしたらいい?

英語ならではの慣習に日本人は慣れておらず、それによって聞き取れないということが明らかになったかと思います。では、英語を聞き取れるようになるためにはどうしたらよいのでしょうか?

まずは、発音矯正をすることが挙げられます。自分で発音できない単語は聞き取ることはできません。英語には正しい発音の仕方があるので、自分の発音をそれに合わせていくことが大切です。

Discovering Soundsは専任コーチが受講生ひとりひとりの発音を確認する発音矯正を行っており、英語の発音方法の修得には非常におすすめです。

次に、英語のスピードに慣れていくことがあげられます。リスニング力を鍛えるためにシャドーイングを行っている方もいるかと思います。発音矯正とシャドーイングを組み合わせるのは非常に効果的ですし、シャドーイングをする際はまずは遅いスピードから始めるとよいです。

慣れてきたら徐々にスピードを上げてゆき、コツコツ努力を続けてゆけばネイティブスピーカーの発音も聞き取りやすくなります。

まとめ:【リスニング】日本人が英語を聞き取れない理由3つを紹介!

いかがでしたか?本記事のポイントとして、
・英語のスピードや、独特の発音に関する慣習によって英語が聞き取れない
・発音矯正を行い、正しい発音法を身につけ英語の発音を身につけることが大切
・シャドーイングを行う際は徐々にスピードを上げてゆくようにする
が挙げられます。一朝一夕の努力ではリスニング力を向上させることはできませんので、コツコツと努力を続けていくことが大切です。


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み