英語お役立ち情報English Pronunciation Column

オーバーラッピングとは?シャドーイングとの違いとそれぞれの効果について

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

皆さんは「オーバーラッピング」と「シャドーイング」を聞いたことはありますか?いずれも英語のリスニングやスピーキング力を鍛えるための方法として有名です。しかし、両者は似ている方法論であり、それらはどのような点で異なっているのでしょうか?

そこで本記事ではオーバーラッピングとシャドーイングの違いについて解説していきます。

「オーバーラッピング」とは?

まずはオーバーラッピングについてみていきます。オーバーラッピングとはテキストを見ながら、流れてくる音声と同時に発音するやり方のことをいいます。

そして、オーバーラッピングの効果として、次のようなものがあります。1つ目の効果として、ネイティブスピーカーのスピードに慣れることができることにあります。ネイティブスピーカーの話すスピードは総じて速いですよね。彼らのスピードがスタンダードですから、英語を修得するには彼らの速度に慣れていく必要があります。

シャドーイングでは彼らのスピードに合わせて発音していくことになるので、最初はうまく話せなくとも徐々に彼らと同じスピードで話せるようになっていきます。

2つ目の効果として、英語独特の発音やイントネーションなどを習得できる点にあります。英語では単語をつなげて発音したり、日本語にすると同じ母音でもさまざまな種類の発音があるといった特徴があります。

これらに気を付けながら発音できるようになるためにも、ネイティブスピーカーの発音を真似て自分自身も発音してみることが大切なのです。また、自分が発音できる単語のみしかしっかり聞き取ることができないので、リスニング力向上にも最適なのです。

「シャドーイング」とは?

次に、シャドーイングについてみていきます。シャドーイングでは聞き取った音声のすぐ後に、それを発音する練習法のことをいいます。このとき、オーバーラッピングとは異なり、テキストを見て発音をしてはいけません。

しかし、シャドーイングもオーバーラッピングと同様にネイティブスピーカーの発音をしっかり真似て発音することによって彼らの発音法を習得する目的は共通しています。まずいきなりシャドーイングするのが厳しいと感じる方は、オーバーラッピングから初めてみてシャドーイングしてみるというステップを踏んでみるとよいのではないでしょうか?

オーバーラッピングとシャドーイングに必要な発音矯正について

オーバーラッピングとシャドーイングそれぞれの特徴や違いについて解説していきました。しかし、英語能力向上に向けてこれらと並行して「発音矯正」を行うことが大切です。
オーバーラッピングとシャドーイングもネイティブスピーカーの発音を真似る発音練習法ですが、彼らの発音を正確に真似できていなくてはいけません。したがって、発音記号に基づいた正しい発音法をしっかりと修得する必要があります。

それを行うのが「発音矯正」なのです。発音矯正では発音記号から学習するとともに、コーチが受講生の発音を聞いてそれを矯正し、より自然な発音を目指していきます。特にオーバーラッピングは、発音ができていないうちにやってしまうと、発音がぐちゃぐちゃで速さだけを追求してしまう傾向にあるため注意が必要です。

Discovering Soundsは専任コーチが受講生ひとりひとりの発音を確認する発音矯正を行っており、英語の発音方法の修得には非常におすすめです。ですので、英語力を向上させたい方は発音矯正も行ってみるとよいのではないでしょうか。

まとめ:オーバーラッピングとは?シャドーイングとの違いとそれぞれの効果について

いかがでしたか?本記事では
・オーバーラッピングはテキストを見ながら音声と同時に発音すること
・シャドーイングでは音声を聞き取ったすぐあとに、聞き取った内容を発音すること
・オーバーラッピングとシャドーイングと並行して発音矯正に取り組むことが大切
の3点がポイントでした。
慣れていない方はオーバーラッピングから初めて、シャドーイングへと移行してみるとよいと思います。また、その際正しい発音を行うためにも発音矯正に取り組んでみることをおすすめします。


関連記事はこちら

英語のアクセントとは?

洋書を効果的に読む方法はあるの?

声門閉鎖ーGlottal Stopって何?

【違い過ぎ!】SNS・WEB編|iPhone・Twitter・Instagram等はどう英語で発音する?

知っておくと便利!英語で「念のため」は何と言う?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み