英語お役立ち情報English Pronunciation Column

「悲しい」を表現する英語フレーズ6選!~悲しみの表現~

みなさんこんにちは、Discovering soundsです。
今回は「悲しい」を表現する英語フレーズをご紹介します。

一言に「悲しい」といえど、どういった理由で悲しいのかによって用いるべき表現が変わっていきます。
ぜひこれを機にそのような違いを理解し、使いこなせるようになりましょう。

 

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE! ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。 最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能! 20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。 体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

 

「悲しい」を表現する英語フレーズ6選

それでは、早速「悲しい」を表現する英語フレーズをご紹介していきます。

sad

まずご紹介するのは、”sad”です。“sad”は多くの方に聞き馴染みのあるフレーズでしょう。
これは非常に汎用性が高く、あらゆるシーンで使えます。

例として、“The news of the accident left us deeply sad.”(その事故のニュースは私たちを深く悲しませました。)といったようになります。

また、「悲しさ」の程度はそのときどきで異なるのが普通でしょう。その場合には”sad”の前に副詞を添えることによって、強弱を表すことができます。

例えば「深く悲しい」と伝えたい場合は”deeply sad”を、「少し悲しい」と伝えたい場合は”slightly sad”と表現すればよいでしょう。英語では副詞と形容詞(あるいは、形容詞と名詞)の相性を非常に重視します。

そのため、それに合致しない単語の組み合わせは用いられないのが通例です。ですので、これら2つをセットで覚えるようにするとよいでしょう。

gloomy

次にご紹介するのは、”gloomy”です。これを直訳すれば、「憂鬱な」となります。

「悲しい」という意味からは少し外れるかもしれませんが、「気が重い」や「憂鬱だ」ということを表現したい場合はこれを用いるとよいです。

例として、You look gloomy.(浮かない顔をしているね。)といったようになります。

disappointed

続いてご紹介するのは、”disappointed”です。これを直訳すると「失望した」となります。何かに失望して悲しいということを表現したい場合は、これを用いるとよいです。

例としては、I was disappointed with the service at the hotel.(ホテルのサービスにがっかりしました。)といったようになります。

ところで、”disappointed”と似た単語に”disappointing”があります。なんとなく後者を用いても良さそうな気がしますが、実はそれはできません。

そもそもこれらふたつの単語は”disappoint”という動詞の派生語で、前者はそれの過去分詞で後者はそれの現在分詞です。

この動詞の意味は「~を失望させる」です。そのため、現在分詞では進行形のように訳出するため、”disappointing”は「~を失望させるような」という意味になります。

また、過去分詞では受動態のように訳出するので、”disappointed”は「失望した」という意味になるのです。以上を踏まえれば”disappointing”はものを主語とする場合に、”disappointed”は人を主語とする場合に利用するのが通例です。

someone’s heart sink

続いて、”someone’s heart sink”をご紹介します。
これはあまり聞き慣れないフレーズかもしれません。この表現を直訳すれば「気分が沈む」となるので、そこから転じて「気落ちする」という意味で用いられるようになりました。

その他、このフレーズは予測もしていない困難に遭遇して気落ちしたというニュアンスで用いられることが多いです。

a lump in my throat

続いて、ご紹介するのは” a lump in my throat”です。このフレーズもあまり聞き慣れない方が多いのではないでしょうか。

この表現を直訳すると、「のどにしこりがつまる」というようになります。この直訳から転じてのどに何かが詰まっているように、「言葉が詰まって言い表せないほど悲しい」という意味を持つようになりました。
先ほどご紹介した”deeply sad”と類似する表現とみなせるでしょう。

” be cut up about something”

最後にご紹介するのは” be cut up about something”です。“cut up”自体は「~を切り刻む」という意味です。

そのため、このフレーズが受動態になっていることに注意すると、「~によって心が切り刻まれる」という意味になります。そのため「心を切り刻まれるような悲しみ」を表現したい場合はこれを用いるとよいでしょう。

例として、She’s still cut up about the breakup with her boyfriend. (彼女はまだ元彼との別れのことで傷心している。)といったようになります。

まとめ:「悲しい」を表現する英語フレーズ6選!~悲しみの表現~

いかがでしたか?
今回は「悲しい」を表現する英語フレーズをご紹介しました。“sad”のみならず、場面場面でフレーズを使いこなせるようになれれば英語の実力は向上していきます。ですので、今回ご紹介した表現はおさえておくとよいでしょう。

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み