英語お役立ち情報English Pronunciation Column

イギリス英語とアメリカ英語の発音記号の違い

皆さん、こんにちは。Discovering Soundsです。

英語を学ぶ上で、イギリス英語とアメリカ英語の違いを無視することはできません。とくに発音は、これら2つのバリエーションの間で顕著な違いがあります。発音を正確に学ぶためには、それぞれの発音記号を理解すると大変便利です。

アメリカ英語とイギリス英語の発音の比較

比較方法1:R音声のあるなし

アメリカ英語では、特定の単語の末尾や中間に位置する”r”は発音されます。これに対して、イギリス英語の多くの方言では、単語の末尾に位置する”r”は発音されません。

 

単語

アメリカ英語の発音

イギリス英語の発音

firm

ˈfɚm

ˈfɜːm

far

ˈfɑɚ

ˈfaː

stair

ˈsteɚ

ˈsteə

hear

ˈhiɚ/ˈɚ

ˈhɪə

door

ˈdɔɚ/ˈdoɚ

ˈdɔː

poor

ˈpuɚ/ˈpʊr

ˈpɔː

 

比較方法2:/æ/ と /ɑː/

アメリカ英語の/æ/音は、イギリス英語の/ɑː/よりも前舌で、かつ短い音として発音されます。逆にイギリス英語の/ɑː/は、後ろで長い音として発音されます。

単語

アメリカ英語の発音

イギリス英語の発音

can’t

ˈkænt

ˈkaːnt

average

ˈævərɪdʒ

ˈavərɪdʒ

manage

ˈmænɪdʒ

ˈmanɪdʒ

lab

ˈlæb

ˈlɑːb

 

比較方法3:全く発音が違う単語

これらの単語は、アメリカとイギリスでの発音が大きく異なります。例えば、「schedule」はアメリカでは”sk”の音から始まりますが、イギリスでは”sh”の音から始まります。これは言語の進化の過程で、それぞれの地域で異なる発音が定着した結果です。

単語

アメリカ英語の発音

イギリス英語の発音

schedule

ˈskɛdʒul

ˈʃedjuːl

laboratory

ˈlæbrəˌtɔːri

ləˈbɒrətri

privacy

ˈpraɪvəsi

ˈprɪvəsi

mobile

ˈmoʊbəl

ˈməʊbaɪl

route

ˈruːt/ˈraʊt

ˈruːt

vase

ˈveɪs

ˈvaːz

Jaguar

ˈʤægwɑːr

ˈʤægjuːar

patent

ˈpætənt

ˈpeɪtənt

Asian

ˈeɪʒən

ˈeɪʃən

figure

ˈfɪgjər

ˈfɪgə

leisure

ˈliːʒər

ˈlɛʒə

progress

ˈprɑːgres

ˈprəʊgres

either

ˈiːðər or ˈaɪðər

ˈaɪðə

 

なぜこのような違いがあるのか

言語は、時間とともに変化し進化します。アメリカとイギリスは異なる歴史的背景と地理的環境に位置するため、発音の違いが生まれました。また、それぞれの国で異なる言語や文化が混ざり合いながら、英語の発音も変わってきたのです。このため、同じ英語であっても、それぞれの国や地域に応じて異なる発音や語彙が生まれてきました。

 

まとめ:イギリス英語とアメリカ英語の発音記号の違い

 イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いは、それぞれの歴史的・文化的背景からくるものです。正確な英語の発音を身につけるためには、これらの違いを理解し、適切な発音記号を使用することが重要です。英語を話す際、どちらのアクセントを選ぶかは、目的や好みによるでしょう。しかし、その選択をするためにも、まずは両方の発音の違いを知ることが大切です。

興味を持たれた方は、Discovering Soundsのレッスンをぜひ体験してみてください。Discovering Soundsにはイギリス英語発音矯正コースもございます。発音の向上をサポートするため、皆様のお越しを心よりお待ちしております。


関連記事はこちら

monthsの発音は?

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み