英語お役立ち情報English Pronunciation Column

re-で始まる単語の発音は/rɪ/なのか/riː/なのか?

皆さん、こんにちは。Discovering Soundsです!

本記事では、英語の接頭辞「re-」で始まる単語の発音について詳しく解説します。英語において、「re-」は再び、または反復を意味する接頭辞として多用されますが、その発音は文脈や地域によって異なることがあります。特に、/rɪ/と/riː/の発音の違いに焦点を当て、それぞれの発音が使われる状況を明確にします。

re-とは:意味と用法

接頭辞「re-」の意味

英語における接頭辞「re-」は、一般に「再び」や「もう一度」という意味を持ちます。これは行動やプロセスの反復、あるいは元の状態への回帰を示唆する際に用いられます。この接頭辞がつくことで、動詞や形容詞の意味が拡張され、新たなニュアンスを加えることができます。

re-の使用例

  • 「rebuild/riˈbɪld/」(再建する):「build」(建てる)に「re-」を加えることで、「元に戻す」または「再度建てる」という意味になります。
  • 「rewrite/riˈraɪt/ 」(書き直す):「write」(書く)に「re-」がつくことで、「もう一度書く」や「改稿する」という意味合いになります。
  • 「renew/rɪˈnuː/」(更新する):元の状態や条件に戻す、もしくは新たにするという意味があります。

re-の用法

この接頭辞は多岐にわたる動詞や形容詞に付けることができ、それによってその単語の基本的な意味に「再び」や「もう一度」という概念を付加します。この用法は、特に事象や行動が繰り返されるか、以前の状態に戻ることを示す際に用いられます。

re-の発音の違い:/rɪ/ vs /riː/

一般的な発音のルール

英語の接頭辞「re-」には主に二つの発音が存在します:/rɪ/と/riː/です。これらの発音の違いは微妙ですが、単語の意味や文脈によって使い分けられます。

  • /rɪ/: この発音は、通常、単語の強勢が「re-」にない場合に使われます。例えば、「return/rɪˈtɚn/ 」(リターン)や「record/rɪˈkoɚd/」(レコード:動詞)などがこれに該当します。ここでは「re-」は短く、強勢がかかっていない音節として発音されます。
  • /riː/の発音は、接頭辞「re-」が「再び」や「もう一度」という意味で使われる場合、その発音はしばしば/riː/、/ri/となります。この発音は、特に動詞の接頭辞として「re-」が用いられ、行動の反復や継続を意味する際に見られます。/riː/、/ri/として発音される場合、接頭辞「re-」は一つの独立した音節を形成し、母音「i」が長く伸ばされます。

発音の違いの理解

この発音の違いを理解することは、特に英語非母語話者にとって重要です。発音の違いが単語の意味やニュアンスを変える可能性があるため、正確な発音を身につけることが、英語の理解度を高める上で役立ちます。

実践例:re-で始まる単語の発音

re-/rɪ/ の発音例(20個)

  1. record/rɪˈkoɚd/ (記録する)
  2. reduce/rɪˈduːs/(減少させる)
  3. refer/rɪˈfɚ/ (参照する)
  4. reflect/rɪˈflɛkt/(反映する)
  5. refuse/rɪˈfjuːz/(拒否する)
  6. regard/rɪˈgɑɚd/(考慮する)
  7. regret/rɪˈgrɛt/ (後悔する)
  8. reject/rɪˈʤɛkt/ (拒絶する)
  9. relax/rɪˈlæks/ (リラックスする)
  10. release/rɪˈliːs/(解放する)
  11. rely/rɪˈlaɪ/ (頼る)
  12. remain/rɪˈmeɪn/ (残る)
  13. remember/rɪˈmɛmbɚ/(覚えている)
  14. remind/rɪˈmaɪnd/(思い出させる)
  15. remove/rɪˈmuːv/ (取り除く)
  16. repair/rɪˈpeɚ/(修理する)
  17. repeat/rɪˈpiːt/ (繰り返す)
  18. replace/rɪˈpleɪs/ (取り替える)
  19. report/rɪˈpoɚt/ (報告する)
  20. request/rɪˈkwɛst/(要請する)

re-/riː/ 、/ri/ の発音例(20個)

  1. reappear/ˌriːjəˈpiɚ/(再び現れる)
  2. reapply/ˌriːjəˈplaɪ/(再申請する)
  3. rearrange/ˌriːjəˈreɪnʤ/(再配置する)
  4. reassess /ˌriːəˈses/ˌriːjəˈsɛs/ (再評価する)
  5. reassure/ˌriːjəˈʃɚ/ (再保証する)
  6. rebuild/riˈbɪld/ (再建する)
  7. recapture/riˈkæptʃɚ/ (再捕獲する)
  8. re-create/ˌriːkriˈeɪt/(再創造する)
  9. recycle/riˈsaɪkəl/(リサイクルする)
  10. redeem/rɪˈdiːm/ (償還する)
  11. redevelop/ˌriːdɪˈvɛləp/(再開発する)
  12. rediscover/ˌriːdɪˈskʌvɚ/ (再発見する)
  13. redo/riˈduː/ (やり直す)
  14. reevaluate/ˌriːjɪˈvæljəˌweɪt/ (再評価する)
  15. reexamine/ˌriːɪgˈzæmən/ (再検討する)
  16. refill/riˈfɪl/(再び満たす)
  17. reignite/ˌriːjɪgˈnaɪt/ (再点火する)
  18. remodel/riˈmɑːdl̟/(改築する)
  19. repay/riˈpeɪ/ (返済する)
  20. reimburse/ˌriːjəmˈbɚs/(払い戻す)

接頭辞「re-」が/rɪ/、/riː/にならず、/rɛ/になる場合

接頭辞「re-」の多様な発音

英語の接頭辞「re-」は、その発音が文脈や単語によって変化することがあり、常に一定の発音パターンに従うわけではありません。通常、/rɪ/や/riː/として発音されることが多いですが、特定の単語においては、/rɛ/として発音されることがあります。

/rɛ/と発音される「re-」の例

  1. recognize /ˈrɛkɪgˌnaɪz/(認識する)
  2. recommend /ˌrɛkəˈmɛnd/(推薦する)
  3. register /ˈrɛʤɪstɚ/(登録する)
  4. regular /ˈrɛgjəlɚ/(定期的な)
  5. renovate /ˈrɛnəˌveɪt/(改修する)
  6. rescue /ˈrɛskjuː/(救助する)
  7. rebel /ˈrɛbəl/(反逆者)
  8. record /ˈrɛkɚd/(記録、レコード)

発音の見分け方

このような単語の発音には明確な規則が存在せず、それぞれの単語の発音は辞書や発音ガイドで確認する必要があります。しかし、これらの単語の多くは一般的な英語使用において頻繁に用いられるため、繰り返し聞くことで自然と認識できるようになる場合が多いです。

発音の練習

これらの単語を正確に発音するためには、実際に聞いたり話したりすることが不可欠です。オンラインの発音ガイドや音声サンプルを利用して、これら特定の単語の発音を練習し、自然な英語発音を身につけることをお勧めします。また、ネイティブ話者の会話や映画、テレビ番組などを通じてこれらの単語の使用例に耳を傾けることも有効です。

まとめ:接頭辞「re-」の発音の理解と練習

接頭辞「re-」の発音の多様性

英語の接頭辞「re-」は、その発音が多様であり、単語の意味や文脈によって異なることが理解されました。一般的には、/rɪ/や/riː/として発音されることが多いですが、特定の単語では/rɛ/として発音されることもあります。

発音の練習の重要性

英語の発音を正確に習得するためには、これらの発音の違いを理解し、実際に練習することが重要です。リスニングや発音練習を通じて、これらの違いに慣れ、適切な場面で正しい発音を使用する能力を高めましょう。

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

「That’s all」と「That’s it」の違いは?「以上です」の英語表現について

英語発音スキルをアップさせる勉強法を徹底解説

英語学習の次のステップ!略語・スラングを使いこなそう

英語が全くできない超初心者必見!自分に合った学習方法を見つけよう

海外で悪い意味のハンドサイン!やってはいけないコルナサインなど

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み