英語お役立ち情報English Pronunciation Column

ex-で始まる単語の発音は/ɪks/なのか/ɛks/なのか?

皆さん、こんにちは。Discovering Soundsです!

本記事では、英語の接頭辞「ex-」で始まる単語の発音について詳しく解説します。

この接頭辞は、一般に「以前の」、「元の」、「外への」などの意味を持ち、多くの単語に使用されます。特に/ɪks/と/ɛks/の発音の違いに焦点を当てて詳しく見ていきましょう。

ex-とは:意味と用法

接頭辞「ex-」の意味

英語の接頭辞「ex-」は、動詞や形容詞に「以前の」、「元の」、「外への」といったニュアンスを加えるために使われます。この接頭辞が付くことで、元の単語の意味が拡張されたり、新たなニュアンスが加わったりします。

ex-の使用例

explain /ɪkˈspleɪn/」(説明する):何かをはっきりと理解できるようにすること。

exclude /ɪkˈskluːd/」(除外する):何かを集団やリストから外すこと。

ex-president /ˈɛksˌprɛzɪdənt/」(元大統領):以前大統領だった人。

ex-の用法

「ex-」は、以前の状態や地位を示す名詞や、外部への動作や変化を表す動詞に付けられます。この接頭辞が加わることで、元の単語が持つ意味に「過去の」、「元の」、「外部への」といった概念が付加されます。

ex-の発音の違い:/ɪks/ vs /ɛks/

一般的な発音のルール

「ex-」の発音には、主に/ɪks/と/ɛks/の二つのバリエーションが存在します。

/ɪks/ の発音

/ɪks/: この発音は、通常、単語の強勢が「ex-」にない場合、つまり「ex-」が無強勢の音節として発音される場合に使われます。例えば、「explain /ɪkˈspleɪn/」や「exclude /ɪkˈskluːd/」などがこれに該当します。ここでは「ex-」は短く、軽く発音されます。

/ɛks/ の発音

/ɛks/: この発音は、特に「ex-」が単語の最初にあり、かつ強勢がかかる場合に使われます。例えば、「ex-president /ˈɛksˌprɛzɪdənt/」(元大統領)などがこれに当てはまります。この場合、「ex-」は独立した音節として発音され、母音「ɛ」が強調されます。

発音の見分け方

これらの発音の違いは、「ex-」にアクセントがあるかないかで判断できます。発音の違いが意味のニュアンスに影響を及ぼす場合があるため、辞書や発音ガイドを参照することで、正確な発音を身につけることが、英語の理解を深めるのに役立ちます。

実践例:Ex-で始まる単語の発音

ex-/ɪks/ の発音例

  • explain /ɪkˈspleɪn/(説明する): 何かを明確に理解させる行為。
  • exclude /ɪkˈskluːd/(排除する): あるものや人を外すこと。
  • expand /ɪkˈspænd/(拡大する): 大きくなるまたは広がる行為。
  • expect /ɪkˈspɛkt/(期待する): 何かが起こると思うこと。
  • experience /ɪkˈspɪriəns/(経験する): 何かを個人的に体験すること。
  • explore /ɪkˈsploɚ/ (探検する): 新しいことを探求する行為。
  • express /ɪkˈsprɛs/(表現する): 感情や意見を明確に示すこと。
  • exceed /ɪkˈsiːd/(超える): 特定の限界や量を超えること。
  • excel /ɪkˈsɛl/(優れる): 何かにおいて非常に良いこと。
  • exchange /ɪkˈstʃeɪndʒ/(交換する): 一方の物やサービスを別のものと交換すること。
  • excite /ɪkˈsaɪt/(興奮させる): 興奮や関心を引き起こすこと。
  • excrete /ɪkˈskriːt/(排泄する): 生物が体内の廃物を外に出すこと。
  • excuse /ɪkˈskjuːz/(言い訳する): 誤りや行動を正当化するための理由を提示すること。
  • except /ɪkˈsɛpt/ (除く): 特定のアイテムや事象を除外すること。
  • external /ɪkˈstɚnl̟/(外部の): 外側にあるか、外部から来ること。
  • extent /ɪkˈstɛnt/(程度): 程度や範囲を示す。
  • extreme /ɪkˈstriːm/(極端な): 非常に高い程度や最も遠い点を示す。
  • exposure ɪkˈspoʊʒɚ/(露出): 何かが開示されること、または何かにさらされること。
  • experiment /ɪkˈsperəmənt/(実験する): 科学的なテストや試験を実施すること。
  • expensive /ɪkˈspɛnsɪv/(高価な): 高い費用がかかること。
  • expenditure /ɪkˈspɛndɪtʃɚ/(支出): お金やリソースの支出や消費。
  • explicit /ɪkˈsplɪsət/(明白な): 非常に明確で疑いようのないこと。
  • excruciating /ɪkˈskruːʃiˌeɪtɪŋ/ 極めて苦痛な): 極端な苦痛や苦しみを感じさせること、またはそのような状態を表す形容詞。

ex-/ɛks/ の発音例

  • ex-president /ˈɛksˌprɛzədənt/(元大統領): 以前大統領だった人。
  • ex-wife /ˈɛksˌwaɪf/(元妻): 以前結婚していた妻。
  • exhale /eksˈheɪl/(息を吐く): 呼吸で空気を外に出す行為。
  • excess /ˈɛksɛs/(過剰): 必要以上の量または程度。
  • excel /ɛkˈsɛl/(優れている): 何かにおいて非常に良いこと。
  • excerpt /ˈɛkˌsɚpt/(抜粋): 文章や音楽の小さな部分。
  • exclamation ɛkskləˈmeɪʃən/(感嘆): 強い感情を表現する言葉や句。
  • exculpate /ˈɛkˌskʌlˌpeɪt/(無罪を証明する): 罪や責任がないことを示す行為。
  • execute /ˈɛksɪˌkjuːt/(実行する): 計画や命令などを実際に行うこと、または死刑を執行すること。
  • excavate /ˈɛkskəˌveɪt/(発掘する): 地中や遺跡から物を掘り出す行為。
  • export /ɛkˌspoɚt/ (動詞)/ˈɛkˌspoɚt/(名詞): (動詞) ある国から他の国へ商品やサービスを送ること、(名詞) 輸出される商品やサービス。
  • expert /ˈɛkˌspɚt/(専門家): 特定の分野において高度な知識や技術を持つ人。
  • excellent /ˈɛɛksələnt/(優れた): 非常に良い品質や程度を示す形容詞。
  • extra /ˈɛkstrə/(余分な、追加の): 通常または予定された量や数を超えるもの。
  • exercise /ˈɛksɚˌsaɪz/(運動する): 身体的活動を行うこと、特に健康やフィットネスのために。
  • exterior /ɛkˌstirijɚ/(外側の): 何かの外部または外面に関連する形容詞。

これらの例を見ると、/ɪks/の発音は、主に単語の最初の部分に強勢がない場合に使われ、/ɛks/の発音は単語の最初の部分に強勢がある場合に使われることがわかります。正しい発音を身につけることが英語の理解を深めるために重要です。

まとめ:接頭辞「ex-」の発音の理解と練習

英語の接頭辞「ex-」は、その使用頻度が高く、正確な発音を理解しておくことが重要です。この記事を通じて、/ɪks/と/ɛks/の発音の違いを理解し、それぞれの発音が使われる条件や単語例を学ぶことができます。定期的な練習と実際の使用を通じて、これらの発音の違いを自然に使い分けることができるようになります。

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

「That’s all」と「That’s it」の違いは?「以上です」の英語表現について

英語発音スキルをアップさせる勉強法を徹底解説

英語学習の次のステップ!略語・スラングを使いこなそう

英語が全くできない超初心者必見!自分に合った学習方法を見つけよう

海外で悪い意味のハンドサイン!やってはいけないコルナサインなど

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み