英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の敬称Miss(ミス)Mrs(ミセス)Ms(ミズ)の違いとは?

「英語圏は”Miss”・”Mrs”・”Ms”などの敬称があってわかりづらいな…」
「”Miss”・”Mrs”・”Ms”はどのような違いがあるのだろう…」

みなさんこんにちは、Discovering soundsです。

今回は、”Miss”・”Mrs”・”Ms”の違いについて解説していきます。私たち日本人はどの女性に対しても、敬称で”〜さん”というのが通例です。

一方で英語圏では”Miss”・”Mrs”・”Ms”を用いるのですが、これにはしっかりとした使い分けが存在します。この使い分けについて、以下で詳しく見ていきましょう。

”Miss”の意味

まず、”Miss”について見てみます。“Miss”は未婚女性に対する敬称です。

通常若い女性や結婚していない女性に対して用いられ、この敬称は”Miss Smith”のように女性の姓と共に使用されます。

例えば、学校の先生が若い女子生徒を呼ぶ際に”Miss”を使用することが多いです。歴史的には、”Miss”は18世紀から使用されており、若い未婚女性や子供に対して使われることが一般的でした。

そこから転じて20世紀中頃までは、結婚する前の女性に対してのみ使われていました。しかし、現代においては、”Miss”は一部の女性にとっては時代遅れと感じられることもあります。

特に、女性の結婚状況を強調することに抵抗を感じる場合です。

”Mrs”の意味

続いて、”Mrs”の意味について見ていきましょう。”Mrs”は既婚女性に対する敬称で、通常は夫の姓と共に使われます。

例えば、結婚した女性が”Jane Smith”であれば、敬称は”Mrs Smith”となります。この敬称は、結婚したことを示すためのものであり、夫婦としての関係を強調します。

実は歴史的に見ても、”Mrs”は非常に長い間使用されてきました。中世ヨーロッパでは、女性が結婚すると夫の姓を名乗り、”Mrs”を付けることでその結婚関係を明示していました。

これは家族の一体感や社会的地位を示す役割も果たしていたのです。しかし、現代の一部の女性は、”Mrs”を使用することに対して、伝統的な性別役割を強調するものとして抵抗を感じる場合があります。

”Ms”の意味

続いて、”Ms”の意味について見ていきましょう。

“Ms”は、結婚状況に関わらず女性に対する敬称であり、1970年代に広く普及しました。”Ms”は、結婚しているかどうかを示さず、女性の個人としてのアイデンティティを尊重するための敬称です。
例えば、女性が結婚しているかどうかに関係なく、”Jane Doe”であれば”Ms Doe”と呼ばれます。

“Ms”は、女性の権利運動が盛んになった20世紀後半において、その必要性が認識されました。特に、女性が結婚しているかどうかで社会的役割や期待が変わることに対する反発から、この敬称が広まったのです。

現在では、ビジネスや公式な場面での標準的な敬称として使用されます。これは、個人の結婚状況に関わらず平等に接するための手段として評価されています。

敬称の選び方の注意点

”Miss”・”Mrs”・”Ms”の意味について説明しましたが、以下では敬称の選び方の注意点を見ていきます。

相手の好みを尊重する

最も重要なのは、相手がどの敬称を好むかを確認することです。相手に尋ねるなり、名刺や署名などで確認することが望ましいです。

文脈に応じた使い分け

ビジネスシーンや公式な場面では、”Ms”を使用するのが一般的です。一方で、プライベートな場面や相手が若い未婚女性であることが明確な場合は、”Miss”を使用することもあります。

性に対する多様性の尊重

現代社会では、ジェンダーの多様性が認識されており、伝統的な敬称を使用しない人々も増えています。

例えば、”Mx”(発音は「ミックス」または「ムックス」)という敬称が、ジェンダーニュートラルな選択肢として使われることがあります。

文化的背景を考慮する

英語圏でも、国や地域によって敬称の使用に関する慣習が異なることがあります。アメリカやカナダでは”Ms”が広く受け入れられていますが、イギリスやオーストラリアでは”Miss”や”Mrs”が今でも多く使われる場合があります。

まとめ:英語の敬称Miss(ミス)Mrs(ミセス)Ms(ミズ)の違いとは?

“Miss”・”Mrs”・”Ms”の使い分けは、相手の結婚状況や個人の好みを尊重することが基本です。特にビジネスシーンでは、”Ms”を使用することが安全で一般的な選択肢となります。

ですが最終的には、相手の意向を確認し、敬意を持って適切な敬称を選ぶことが大切です。これにより、相手に対する敬意や配慮を示すことができ、良好なコミュニケーションを築く一助となるでしょう。

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

/ʃ/になるスペルは14通りで判断!

覚えておくと使えるフレーズ集!ネイティブ英語を使いこなそう

英語のリエゾンとは?リンキングと何が違うの?

英語の発音習得には「口」のトレーニングが不可欠!

英語のストレスアクセントとピッチアクセントとは?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み