英語お役立ち情報English Pronunciation Column

オススメの英文チェッカーと翻訳ツールは?

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

 

英語を書く練習をするとき、文法はこれであっているのか確認したいときありますよね!英語を使う人にとって、英文チェッカーは必需品です。

英文の添削をするからこそ、ミスがわかり、自分の英語のスキルもどんどん上がっていく、そんな素晴らしい英文チェッカーと、オススメ翻訳ツールを今日はご紹介したいと思います。

本記事では、オススメの英文チェッカー(Grammar Checker) と、翻訳ツールをご紹介します。

 

英文チェッカー(Grammar Checker)とは?

英語を毎日仕事で使っている、試験対策の論文を書く練習をしているときなど、英文法を正しく使えているか不安なときないでしょうか?

英文チェッカー(Grammar Checker) は、自分が書いた文章をコピペするだけで、スペル・文法ミスがないかどうか確認できる、AIを駆使した英文添削の大変便利なソフトです!

しかも素晴らしいツールが無料で使えるようになっています。

 

どんな英文チェッカー(Grammar Checker)があるの?

無料・有料で使える英文チェッカーで、英語圏の会社が作っているツールで、かつよく知られているのが以下の5つになります。

Ginger 無料

Grammarly 無料&有料

ProWritingAid 有料

Hemingway Editor 有料

TRINKA 無料(文字数制限あり)&有料

 

それぞれの英文チェッカー(Grammar Checker)の特徴

上記でご紹介したツールの簡単な特徴をご紹介したいと思います。

①  Ginger

まず1つ目は、「英文チェッカー」と検索すると、1番に表示されるGingerです。

アメリカに本社があり、日本語のサイトがあります。スペルミスや、文法エラーを指摘、rephraseの提案もしてくれます。

自分が書いた文章の下に、rephraseした文章の一覧がズラっと表示され、rephraseの勉強にはもってこいのツールとなっています。

 

②  Grammarly

2つ目はGrammarlyです。

アメリカに本社があり、英語のサイトだけです。精度が高く、世界的にとても有名なツールとなっています。

無料版と有料版があり、無料版でも十分に利用できます。有料版でしか説明してくれない文法なのもあるので、有料版のご利用もオススメです。

 

③  ProWritingAid

3つめはProWritingAidです。

本社はイギリスにあり、英語のサイトだけです。残念ながら有料ツールとなります。ただ1ヶ月のサブスクが20ドル、1年で79ドル、ライフタイム399ドルとなっているので、他のツールよりは年間サブスクは安い印象です。

 

④  Hemingway Editor

4つ目はHemingway Editorです。

アメリカに本社があり、英語のサイトだけです。ブラウザ上で使う場合は無料で使えますが、パソコン用のアプリをダウンロードする場合、有料となっています。

インターフェースはなんとなくGrammarlyに似ていますが、実際使ってみたところ、非常に使いづらく、添削精度も良くない印象です。

 

⑤  TRINKA

5つ目はTRINKAです。

インド発の企業で、日本語サイトがあります。こちらは無料で使えるのには文字数制限があるので、ガッツリ使うタイプの方には有料版があります。

 

どの英文チェッカー(Grammar Checker)がベストなのか?

無料で使える便利な英文チェッカー(Grammar Checker) の中で、私がオススメしたいのは、Grammarlyというツールです。

私は個人的にこのツールを一番よく使います。Grammarlyの優れているところは、その添削精度と言えます。ただ単にスペルや文法エラーをチェックしてくれるだけでなく、余計な副詞を使っていたら使わないように提案したり、文章全体の書き換えも提案してくれます。

私は年間サブスクを購入していますが、無料でも十分な添削機能が使え、自分が間違いやすところなどを確認でき、本当に使えるツールです。

設定で、どの目的で文章を書くのかを選べるので、論文を書くなら論文を書くための添削をしてくれる優れモノです!

 

英文チェッカー(Grammar Checker)とセットで使いたい翻訳ツール!

無料で使える素晴らしい翻訳ツールをご紹介します。Google翻訳ではなく、DeepLというツールです!

DeepL翻訳ツール

このツールのすごいのは、無料なのに本当に翻訳レベルが高いところです。かなり専門的な文章も、綺麗に翻訳してくれます。DeepLは、日本語→英語、英語→日本語はもちろんのこと、それ以外の24ヶ国語にも対応しています。私は日本語→英語、英語→日本語、ギリシャ語→日本語、日本語→ギリシャ語での利用しかしたことがないので、他言語の翻訳精度はわかりませんが、ギリシャ語の精度もなかなか良かった印象です。

ちょっと専門的な英語の記事を読んでわからないときや、表現したい言い回しが見つからないときに、サッとDeepLで翻訳したりしています。Grammarlyで文法チェック後に、さらにDeepLで翻訳し、再チェックして論文の全体の確認をしています。

 

まとめ:オススメの英文チェッカーと翻訳ツールは?

以上、いかがでしたでしょうか? GrammarlyDeepL、この2つのツールを使えば、英文を書くのも、確認するのも大変楽になりますよ!

今回の記事では、私のオススメ英文チェッカーと翻訳ツールをご紹介しました!

さらなる英語力向上に向けて、色んなツールを使い分けていきましょう。

 

さらなる英語力向上に、Discovering Soundsの60分の体験レッスンから気軽に始めてみてはいかがでしょうか。発音矯正のためのプログラムを通して体系的に英語の発音を学ぶことができます。Discovering Sounds独自の、ネイティブ筋エクササイズを実践することで、正しい発音方法を徐々に身につけることができますよ。


関連記事はこちら

ネイティブの英語が聞き取れない3つの理由とは?

英語で残念な気持ちを伝える時のフレーズをご紹介!

【Lの発音】○○筋を鍛えてLの発音をマスター!《英語発音矯正 Discovering Sounds》

英語の擬音語(オノマトペ)を一覧でまとめてご紹介!

【下唇は噛まない!FとVの発音方法】《英語発音矯正 Discovering Sounds》

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み