英語お役立ち情報English Pronunciation Column

海外で使ってはいけないFワード・Cワード・Bワードとは?

みなさんこんにちは、Discovering soundsです。

今回は「Fワード」「Cワード」「Bワード」について解説していきます。これらについて、聞き馴染みのない方も多いかと思いますが、海外では使ってはいけないNGワードを指しているのです。

以下では、これらの内容について詳しく見ていくことにしましょう。

「Fワード」「Cワード」「Bワード」の本質

「Fワード」「Cワード」「Bワード」のこれらは、いわば「汚い言葉遣い」です。日本語においてもここでは具体的には述べませんが、他者を罵ったり、侮辱するようなことばがたくさんあります。同様に英語においてもそのようなことばがあるのです。

その最たるものが「Fワード」「Cワード」「Bワード」であるわけですが、英語においてそのような汚い言葉遣いの総称を”swear word”と言います。

これらのワードの意味をきっちり理解した上で、耳にしてもその使用は差し控えるようにしましょう。

「Fワード」とは何か?

「Fワード」の内容について見ていきましょう。「Fワード」は”fuck”(ファ○ク)を用いたフレーズの総称です。

アメリカでは放送禁止用語にも指定されています。いくつかこれを用いた表現をご紹介します。

Fuck you!

“Fuck you!”は”fuck”よりも強く相手を罵ることばです。映画などでよく聞くことがあるかもしれません。しかしその強力な意味から、親しい関係性にある人に対しても用いないようにしましょう。

Fuck sake!

“Fuck sake!”は自分自身のイラつきを人やものにぶつけるときに用います。この表現はどちらかというとイギリス英語でよく用いられます。“for god’s sake!”もこれと同様の意味を持ちます。

Fuckを使ったさまざまな表現

Fuckを使った表現としては、下記のような表現があります。
“Fuck up” (しくった)
“Fuck off”(消えろ)
“Fuck yourself”(だまれ)
“Fuck my life”(ついてない)
“What the fuck”(なんだって!?)
“Fuck it”(どうでもいいわ!)
“Fuck me”(まじかよ!ちくちょう!)
“Fuck no”(そんなわけないだろ)
“Holy fuck”(マジで!?)
“Fuck Yes”(もちろん!)

耳にした際に、言葉の意味を理解できるために押さえておくと良いでしょう。

Fucking+形容詞

続いて、” Fucking+形容詞”についてです。

実は” Fucking+形容詞”は「超~」「とても~」という意味になり、“Fucking cute”というと「超かわいい」、“Fucking awesome”「超すげえ」といったように、形容詞の意味を強めるときに使われることもあります。

「Cワード」とは何か?

続いて、「Cワード」について見ていきます。

“Cunt”(カント)のことをいいます。聞き慣れない方も多いかと思いますが、この単語自体は「女性器」を意味します。

そこから転じて、「たちの悪い人」「いやな人」という意味を持つようになりました。もともとのこの単語のもつ意味を考えれば、公の場で使うべき語でないことが分かります。この表現も使用を差し控えるようにしましょう。

「Bワード」とは何か?

続いて、「Bワード」について見ていきます。これは”Bitch”(ビ○チ)を指します。

この表現は日本語でも女性を罵るときに用いるものであるとご存知の方も多いでしょう。
もとのこの単語の意味は「雌犬」ですが、そこから転じて「いやな女」という意味を持つようになりました。

もとは女性に対して罵る場合に使われることが多かったですが、男性に対しても「いやなやつ」という意味で罵る場合も使われることもあるようです。

また人だけでなく、ものや事柄に対しても「いやなもの」「いやなこと」という意味で使われることもあります。

その他の” swear word”

上記で説明したもの以外の” swear word”をご紹介します。

「Sワード」と言われる”Shit”があります。

”Shit”は「大便」を意味し、そこから転じて「くそったれ」などの意味を持つようになりました。

“Pussy”も” swear word”のひとつです。これはもとは「女性器」という意味ですが、「女々しい」という意味で男性に対して用いられることもあるようです。

まとめ:海外で使ってはいけないFワード・Cワード・Bワードとは?

いかがでしたか?
今回は海外で使ってはいけない「Fワード」「Cワード」「Bワード」について解説しました。
・「Fワード」は強く相手を罵る表現
・「Cワード」は「たちの悪い人」「いやな人」という意味を持つ表現
・「Bワード」は女性を侮蔑するだけでなく、ものやことに対しても罵る表現

このようなワードは、日常英会話に親しむほど耳にする機会がどうしても出てきてしまいます。また、過激な音楽などでも使われていたりします。ですので、知識を持ちつつも、それを不本意に使わないという心構えが必要でしょう。


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み