英語お役立ち情報English Pronunciation Column

AI音声生成ツール – Eleven Labsとは?

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsです!

AI(人工知能)技術が進化する中、さまざまな分野でAIを活用したツールが登場しています。特に、音声合成技術は目覚ましい進歩を遂げており、リアルな人間の声に近い音声が生成できるようになっています。本記事では、AI音声生成ツール「Eleven Labs」について解説します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

Eleven Labsとは?

Eleven Labsは、AI技術を活用してリアルな人間の声に近い音声を生成することができるツールです。自然言語処理やディープラーニング技術を用いて、文章を入力するだけで、高品質な音声データを生成できます。英語指導者、英語学習者、ビジネスマン、声優志望者など、幅広いユーザーに対して、このツールは大変役立ちます。

Eleven Labsの主な特徴

Eleven Labsの主な特徴をご紹介します。

  1. 高品質な音声生成:自然でリアルな人間の声に近い音声が生成できます。今までAI音声生成ツールは機械的な音が目立ちました。Eleven Labsはかなりリアルな人間の声に近いのが特徴です。
  2. カスタマイズ性:声のトーンやスピード、アクセントなど、さまざまな要素をカスタマイズして音声を生成することができます。これにより、自分に合った音声学習教材を作成することが可能です。
  3. 無料で利用可能:Eleven Labsは、一定の制限の範囲内で無料で利用することができます。ただし、文字数はとても少ないので、月5ドルから使えるサブスクでお試しされるのがいいと思います。
  4. 複数言語対応:Eleven Labsは英語だけでなく、複数の言語に対応しています。多言語学習者にも適したツールです。

さまざまな用途で活用可能

Eleven Labsは、以下のような用途で活用することができます。

  1. 英語学習:英語学習者にとって、正確な発音やアクセントの習得は大変重要です。Eleven Labsを利用して、ネイティブスピーカーのような音声を生成し、リスニング練習や発音練習に活用することができます。また、自分の発音を録音して比較することで、発音の改善点を見つけることも可能です。
  1. ビジネス用途:プレゼンテーションやビデオ会議で使用する音声データを生成することができます。また、海外とのコミュニケーションや多言語対応の資料作成にも役立ちます。
  2. 声優志望者:声優志望者にとって、アクセントや声質の習得は重要です。Eleven Labsを使って、さまざまな声質やアクセントの音声を生成し、自分の声に合わせて練習することができます。
  3. コンテンツ制作:動画制作やポッドキャストなど、さまざまなコンテンツ制作において、音声データが必要となります。Eleven Labsを利用して、効果音やナレーションなど、高品質な音声データを生成することができます。

Speech Synthesisについて

上の特徴でもお話したように、無料で使える文字数は333 charactersで、単語数が333でないことに注意しましょう。charactersはこれだけで10 charactersありますので、単語1つで10消化してしまいます。そう考えると無料で使える文字数があまりに少ないのが残念ですね。

一番安いサブスクで、月5ドルとなっています。月5ドルだと、30,000 charactersとなっています。だいたい500文字くらいのダイアログをEleven Labsに読ませて4回同じテキストでテストしたとすると、15ダイアログくらいは1ヶ月で音声作成できる計算になります。(あくまでも目安です)

ただ難しいのが「Speech Synthesis」です。どの程度の感情を入れてAIに読ませるかの選択で、このSpeech Synthesisの「Voice Setting」で、気に入ったものができるまでテストすることになります。

数ヶ月使っていると、だいたいこの辺のVoice Settingでこれくらいの感情表現の音声を作れるというのはわかってくるのですが、それでも、1回作って読み手の音声が気に入らなかったり、ちょっとイントネーションが気に入らなかったりすると、やはり同じテキストを数回読ませることになります。1発でこれと思う物が作れるまでには時間がかかりそうです。

Voice Settingの使い方

Voice Settingには、「Stability」と、「Clarity + Similarity Enhancement」という2種類があります。初めて使うときは、このどちらも数値が 75になっていると思います。Stabilityと、Clarity + Similarity Enhancementが両方75の場合、学校のテキストの音声でそこまで感情をいれたくない場合のサンプルや、ニュースを読ませるときのような音声が作成できます。

Stabilityを25~50にし、Clarity + Similarity Enhancementを45~75の間に設定すると、モノローグやStory Tellingのような感情を込めたものを作成できます。

ただ自分の思っている感情表現や、イントネーションのものに仕上げるためには、何回かテストが必要です。

またどんなに優れたリアルな音声といっても、AIなので、不自然なイントネーションはところどころに見受けられます。それが気にならない場合は、とても優秀なAI音声生成ツールとして大活躍することでしょう。

まとめ:AI音声生成ツール – Eleven Labsとは?

AI音声生成ツール「Eleven Labs」は、リアルな人間の声に近い音声を生成することができるツールです。幅広いユーザーに役立ちます。また、カスタマイズ性が高く、よりリアルな人間に近い音声を作成することができます。

さまざまな用途で活用できるEleven Labsは、英語学習やビジネス、コンテンツ制作など、多くの分野で大変有用です。最新のAI音声生成技術をぜひ活用し、効果的な学習やビジネス展開を行いましょう。


関連記事はこちら

よく使われる前置詞「at,in,on」の違いと使い方を分かりやすく紹介!

[’s]と[of~]の違いと使い分けとは?

英語脳とは?英語脳の作り方・トレーニング方法を紹介!

よく聞く英語のヤミーってどういう意味?「美味しい」の英語表現も覚えておこう

英語の発音を特訓しよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み