英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の発音が苦手な人必見!自宅で簡単に英語の発音を習得しよう

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

ネイティブとの会話の中で「Sorry?」や「What did you say?」などと聞き返された経験がある方や、発音に自信がなく英語を話すのが苦手…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、

・日本人がなぜ英語の発音が苦手なのか
・英語の発音を習得する方法

について解説します!

日本人はなぜ英語の発音が苦手?

皆さんは、なぜ日本人が英語の発音を苦手としているのか、気になったことはありませんか?
「そもそもの言語が違うから」「日本人には発音が難しい音があるから」など、さまざまな理由が考えられるでしょう。
日本人が英語の発音を苦手とする理由を理解することで、英語の発音上達の方法が見えてきます。

というわけで、ここからは「私たち日本人が英語の発音を苦手とする理由」について見ていきましょう。

スピーキング力が低い

日本人が英語力が低いと言われる理由の一つに、スピーキング力が低いことが挙げられます。
日本の英語教育は、読み書きを中心としたカリキュラムとなっているため、単語や文法などの知識は割と豊富なのが日本人の特徴。
しかし、話すための学習が少ないためにスピーキング力が上がらないのは、とても残念なポイントでもありますね。
最近は、わざわざ海外旅行に行ったり留学をしたりしなくても、さまざまな手段で英語のネイティブスピーカーと会話をする機会を作ることができます。
自分に合った学習方法を見つけ、話すための英語を身につけましょう。

英語の発音に必要な口周りの筋肉が発達していない

英語を発音するために必要な筋肉自体が発達していないのも、日本人が英語の発音を苦手とする理由のひとつ。
皆さんは、英語を話す時と日本語を話す時では、顎や舌の動かし方が違うのをご存知でしょうか。

日本語で「す」を発音する際には、口をすぼめて「す」というだけですが、英語で「ス」と聞こえる発音はいくつもあります。
例えば、think[θíŋk]や both[bóʊθ]などの[θ]の発音は、舌を下唇の上に軽く乗せ、上の歯と上唇の隙間から息を出して[θ]の発音をします。
実際に試してみると、このような複雑な発音は日本語にないことがわかります。

また、口周りの筋肉が発達していないために、英語を本来の音で発音できないことも多々あるのが日本人の特徴。
顎や舌の動かし方や口周りの筋肉は、体の筋肉と同じように繰り返し練習をして、体に覚えさせ鍛えていきましょう。

英語の発音を楽しく身につけるならWebアプリDiscovering Native

Discovering Soundsでは、手軽に英語の発音矯正ができるWebアプリDiscovering Nativeの提供を開始しました!
英語学習において大切な発音。しかし、正しい発音を身につけるのは難しく、レベルの高いレッスンを提供しているスクールや教材を探すのも一苦労です。
一見大変そうに感じる発音矯正が自宅で手軽にできたら、これまで感じていた発音の習得に対するハードルがグッと下がるのではないでしょうか。

ここからは、WebアプリDiscovering Nativeについて詳しく解説していきます。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!

ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。 最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能! 20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。
体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

 

WebアプリDiscovering Nativeとは

WebアプリDiscovering Nativeは、3DCG映像とAIの技術を用いた体験型の英語発音アプリです。
これまでは、英語の発音学習で「なぜこの発音ができないのか」の「なぜ?」を解説する教材がありませんでした。

Discovering Nativeは、3DCG映像が口の中の舌の動きを徹底的に分解し、さまざまな角度から一つひとつの発音を確認。

さらに、AIが一人ひとりに合った発音トレーニングを提案するので、苦手な英語の音を確実に克服できるようになっています。
Discovering Nativeは「なぜできないのか」に着目し「できない」を解決するために開発された発音矯正アプリです。

3DCG映像で発音に必要な口の中の動きを習得できる

先ほど、日本人が英語の発音が苦手な理由に「英語と日本語では顎や舌の動かし方が違うから」とお伝えしました。
しかし、実際のところネイティブがどのように顎や舌を動かし、どうやって英語の発音をしているのかを理解しなければ、ネイティブの口の動かし方を習得するのは難しいでしょう。

そこで、Discovering Nativeが最もこだわり、導入したのが発音の3DCG動画です。
3DCG動画では口の中が透けて見え、なおかつ正面、45度、90度の3つの視点から英語の発音に必要な口周りの動きを観察できるんです!
3DCG動画を見ながら発音トレーニングをすることで、ネイティブが顎や舌、口周りをどのように動かして英語を発音しているのか体得できます。

Webカメラで口元を見ながら発音練習ができる

Discovering Nativeは、Webカメラで口元を見ながら発音練習ができる「ミラーモード」を搭載しています。

ミラーモードとは、スマホやパソコン、タブレットのカメラ機能を使って3DCG動画を見ながら自分の口の動きを確認できるというもの。
アプリケーション内で動画再生とカメラ機能を使った同時学習は、世界的にも類を見ない機能です。

鏡で口元を見ながら練習することもできますが、鏡を見るたびに画面から視線を外すことになるので集中力も途切れてしまいがち。
Webカメラを使ったミラーモードなら「鏡を見る」「鏡を持つ」という余計な動きが無いため集中して発音練習ができるのも嬉しいですね。

テストで強みと弱みを知ることができる

英語の発音を矯正し習得するためには、まず現状を知ることが大事。

Discovering Nativeには「クイックテスト」と「フルテスト」があり、テストを受けることで自分の発音の強みと弱みを知ることができます。
テンポ良く気軽にできるクイックテストは10問。フルテストは、10分間の発音テストに挑戦し、さらに細かな診断が可能。

単語の発音はもちろんですが、熟語や短文、文章での発音テストもあります。
自分の英語発音の強みが分かれば、自信を持って発音することができる上、弱みは3DCG動画やミラーモードを使って繰り返し練習することで、重点的に強化できるはず。
テストと動画で反復練習をして、ネイティブの発音を身につけましょう!

弱点を知り発音記号単位で練習できる

Discovering Nativeを使えば、テストで発音の弱点を把握した上で、発音記号単位で発音練習ができるのが特徴。

例えば、[p]の発音が弱点と診断されたら、動画で[p]の発音の解説を見ます。
次に、ミラーモードで口の動きを確認しながら、解説動画や正しい発音のためのエクササイズを実践してみる、という流れです。

他にも、

・お手本発音の再生機能
・ユーザー音声の録音
・弱点のハイライト表示

などの多彩な機能を使って、弱点を着実に克服することができます。

まとめ:英語の発音が苦手な人必見!自宅で簡単に英語の発音を習得しよう

今回の記事では、日本人が英語の発音が苦手な理由について解説するとともに、発音矯正に特化したWebアプリDiscovering Nativeを紹介しました。

Discovering Nativeは、3DCG映像が英語発音の際の口の中の舌の動きや、口の開け方などを徹底的に分解。また、発音テストで弱点を探り一人ひとりに合った発音トレーニングを提供します。
今まで英語の発音が上達できずに悩んでいた方は、Discovering Nativeを活用して自宅で手軽に発音矯正をしてみてはいかがでしょうか?
気になる方は、まず1ヶ月間無料のDiscovering Nativeトライアルをお試しください!


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み