英語お役立ち情報English Pronunciation Column

【FとVの発音方法】下唇は噛まないよ!

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsの富田です。

 

本記事では、当校のYouTubeチャンネル、Discovering Soundsチャンネルより、【FとVの発音方法】下唇は噛まないよ!の動画のご紹介します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

【下唇は噛まない!FとVの発音方法】《英語発音矯正 Discovering Sounds》

今日はFとVの発音の前段階を説明します。FとVの発音のコツをご紹介します。

FとVの発音は本当に下唇を丸め込んでいるのでしょうか?

 

 どうしたらFとVの発音を、何も考えずに出来るようになるのでしょうか?

何も考えずにF/Vが出来るようになるのか?

FとVの口の形は一体どういう状態なのでしょうか?

 

F/Vというのはどう言う状態?

F/Vというのはどういう状態?

F/Vの発音は、下唇を突き出して、上の前歯を触れさせている状態なんです。

これがF/Vの基本なんです。

下唇を突き出すことに慣れていないので、なかなかできないのです。

 

F/Vは下唇を巻き込まない

F/Vは下唇を巻き込まない

巻き込まないことをわかっていても、会話ではなかなかすぐには応用できません。

ではどうしたらいいでしょうか?

 

アイーン体操

F/Vを巻き込まないための体操をご紹介します!

アイーン体操

皆さん、志村けんさんの「アイーン」というギャグを覚えていますか?

この「アイーン」は下唇を突き出さないと出来ないので、下唇を突き出す練習にもってこいなのです。

「アイーン」やるうちにF/Vの下唇の突き出しが出来るようになるのです。

 

F/Vの発音に必要なのは?

下唇の鍛錬が大事!

下唇の鍛錬なのです!

 

どうやって下唇を鍛えていくか?

どうやって下唇を鍛えていきましょう?

下唇を鍛えるには、ある部分を鍛える必要があります。

その部分とはどこでしょうか?

 

下唇の鍛え方

それはズバリ、

オトガイ筋

オトガイ筋です!

オトガイ筋はどこにあるのでしょうか?

 

オトガイ筋はどこにあるの?

オトガイ筋ってどこ?

オトガイ筋は下唇の下にある筋肉です。

もっと詳しくみていくと・・・

オトガイ筋はこれだよ

これがオトガイ筋です!

 

オトガイ筋をどうやって鍛えましょう?

オトガイ筋をどうやって鍛えましょう?

オトガイ筋を鍛えるエクササイズを作りました!

 

下唇持ち上げ体操です!

下唇持ち上げ体操

下唇を少し突き出すと、下唇の下が梅干のようにシワができます。

 

梅干のようなシワはこんな感じです。

下唇持ち上げ体操の梅干しチック

この状態から、下唇を下げる、上げるを繰り返します。

オトガイ筋だけを上げ下げするのがポイントです!

 

【下唇は噛まない!FとVの発音方法】:おさらい①

F/Vおさらい1:オトガイ筋を鍛えること

①オトガイ筋を鍛えることが大事です。

 

【下唇は噛まない!FとVの発音方法】:おさらい②

F/Vおさらい2:下唇の突き出しをちょびっとする訓練

②下唇の突き出しをちょびっとする訓練をします。

 

まとめ:【下唇は噛まない!FとVの発音方法】

皆さん、どうでしょうか? F/Vの発音のコツ、わかりましたか?

正しく発音しようと思うと、口の筋肉を鍛える必要があるのですね。

 

Discovering Soundsは専任コーチが受講生ひとりひとりの発音を確認する発音矯正を行っており、英語の発音方法の修得には非常におすすめです。英語の発音を上達させたいという方は、是非Discovering Soundsの利用を検討してみてください!

 


関連記事はこちら

monthsの発音は?

英語嫌いを克服!英語学習を楽しくする3つのポイント

英語の発音は日本語とは口の動きから違う?アプリで発音矯正!

英語の発音がわからない方必見!英語発音の習得方法を徹底解説

発音練習が必須!英語がペラペラになるまでの道のり

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み