英語お役立ち情報English Pronunciation Column

「0.01」を英語で言える?数字の言い回しをマスターしよう!

皆さん、こんにちは!
Discovering Soundsです。

会社のデータや学校の授業などで目にする少数。皆さんは0.01などの小数を英語で言えますか?また、分数や四捨五入など数字にまつわる英語表現をご存知でしょうか。

今回は、さまざまな数字の表現をご紹介します。ぜひ覚えて実際の場面で使えるようになりましょう!

数字にまつわる言い回しをマスターしよう

日常会話で数字や計算の話をする機会は意外と多いものです。
仕事や勉強で使う計算やデータなど、英語で表現する際にさらっと言えたらかっこいいですよね。

ここからは、数字にまつわる基本的な英語表現をご紹介します。

小数点の読み方

少数は英語でdecimal /ˈdesəməl/ 、小数点はpoint /pɔɪnt/ と表現します。
小数点は数字と数字の間に”point”を置いて表現するだけ。

例えば、「1.5」は、one point five /wʌn pɔɪnt faɪv/、3.05は、three point zero five /θriː pɔɪnt ˈzɪroʊ faɪv/となります。
また、3.05など小数点以下で使われるzeroは、three point oh five /θri pɔɪnt oʊ faɪv/ と言ってohと表現されることもあります。

さらに、0.01など小数点の前に0がある場合、0はnought /nˈɔːt / と発音し、nought point oh one /nˈɔːt pɔɪnt oʊ wʌn/ と表現するので覚えておきましょう!

・Airline ticket prices will be 2.5 times the normal price during the holiday season.
 /ˈeərlaɪn ˈtɪkət ˈpraɪsəz wɪl bi tu pɔɪnt faɪv taɪmz ðə ˈnɔrməl praɪs ˈdʊrɪŋ ðə ˈhɑləˌdeɪ ˈsiːzən/
(ホリデーシーズンの航空券の価格は通常の2.5倍になりそうだ)

・While wages in Japan have increased only 1.1 times over the past 30 years, they have increased 2.1 times in Germany.
 /waɪl ˈweɪʤəz ɪn ʤəˈpæn həv ɪnˈkriːst ˈoʊnli wʌn pɔɪnt wʌn taɪmz ˈoʊvər ðə pæst ˈθəːrti jɪrz ðeɪ həv ɪnˈkriːst tu pɔɪnt wʌn taɪmz ɪn ˈʤəːrməni/
(日本の賃金は過去30年間で1.1倍なのに対し、ドイツでは2.1倍になった)

・Only 0.07% of the Earth’s freshwater is available for human use.
 /ˈoʊnli oʊ pɔɪnt oʊ ˈsɛvən pərˈsɛnt əv ði əːrθs ˈfreʃwɔːtər ɪz əˈveɪləbəl fər ˈhjumən juz/
(人類が使用できる真水は地球上の真水わずか0.07%だ)

分数の読み方

分数の英語表現も日常会話でよく使われます。
分数は英語でfraction /ˈfrækʃən/と言います 。

2分の1は、a half /ə hæf/ または、前置詞inを使ってone in two /wʌn ɪn tu/と表現します。
また、4分の1はquarter /ˈkwɔːrtər/、3分の2は、two third /tu θəːrd/ やtwo in three /tu ɪn θriː/と言います。
one in twoで2つのうちの1つ、つまり2分の1という表現に。日本語とは数字の順番が異なりますが、積極的に使って覚えていきましょう!

・Two-thirds of my Spanish classes are women.
 /tu θəːrdz əv maɪ ˈspænɪʃ ˈklæsəz ər ˈwɪmən/
(スペイン語クラスの3分の2は女性だ)

・I ate a quarter of a whole cake by myself.
 /aɪ eɪt ə ˈkwɔrtər əv ə hoʊl keɪk baɪ ˌmaɪˈsɛlf/
(ホールケーキの4分の1を一人で食べてしまった)

足し算・引き算の読み方

足し算は英語でaddition /əˈdɪʃən/、引き算はsubtraction /səbˈtrækʃən/ です。
「足し算をする」は、add up /æd ʌp/「引き算をする」はdo subtraction /dʊ səbˈtrækʃən/ と表現します。

また、英語で「1+1=2」はone plus one equals two /wʌn plʌs wʌn ˈikwəlz tu/、「2-1=1」はtwo minus one equals one /tu ˈmaɪnəs wʌn ˈikwəlz wʌn/となります。

・Add up how many apples there are in the two baskets.
 /æd ʌp haʊ ˈmɛni ˈæpəlz ðər ər ɪn ðə tu ˈbæskəts/
(ふたつのかごにりんごがいくつあるか足し算してごらん)

掛け算・割り算の読み方

掛け算は英語で、multiplication /ˌmʌltɪplɪˈkeɪʃən/、 割り算はdivision /dəˈvɪʒən/ です。
「掛け算をする」は、multiply /ˈmʌltəplaɪ/、「割り算をする」は、divide /dəˈvaɪd/と表現します。

「5×3=15」は、five times three equals fifteen /faɪv taɪmz θri ˈikwəlz fɪfˈtin/、「42÷7=6」は、forty-two divided by seven equals six /ˈfɔrti tu dɪˈvaɪdəd baɪ ˈsɛvən ˈikwəlz sɪks/となります。

・Let’s multiply and get the answer.
 /lɛts ˈmʌltəˌplaɪ ənd ɡɛt ði ˈænsər/
(掛け算をして答えを出してみよう)

四捨五入の読み方

四捨五入の英語表現も覚えておくと便利です。
四捨五入は英語でround /raʊnd/またはround off /raʊnd ɔf/と言います。また切り上げはround up /raʊnd ʌp/、切り捨てはround down /raʊnd daʊn/です。

・Round off to the nearest whole number.
 /raʊnd ɔf tə ðə ˈnɪrəst hoʊl ˈnʌmbər/
(小数点以下は四捨五入してください)

まとめ:「0.01」を英語で言える?数字の言い回しをマスターしよう!

今回は、小数点を含んだ数字や、足し算や引き算などの表現方法を紹介しました。

分数の表現方法は分母と分子の数字の順番が日本とは異なるので初めのうちは混乱してしまうかもしれません。
数字の英語表現は覚えておいて損はありません。数字を見つけたら声に出して言ってみるなど、日頃から数字の英語表現に慣れる工夫をしてみましょう!

Discovering Soundsは英語の発音に特化した発音スクールです。流暢な発音で伝わる英語を身につけたい方は、Discovering Soundsのレッスンの体験レッスンをぜひお試しください!


関連記事はこちら

英語の無生物主語とは?無生物主語の使い方や訳し方を紹介!

英語の分数の読み方・書き方をわかりやすく紹介!

「かもしれない」の可能性を表現する英語を4つ紹介!

「though」の 使い方~接続詞・副詞・文末での活用~

日本に居ながら、ネイティブ並みの英語の発音を身に付けることは可能か?

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み