英語お役立ち情報English Pronunciation Column

アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いについて

みなさんこんにちは、Discovering soundsです。

同じ英語といえども、それが話されている地域によって発音や文法そして語法などが微妙に異なることがあります。発音に注目したとき、アメリカ英語とイギリス英語はどのように違うのでしょうか。
今回は「アメリカ英語」と「イギリス英語」における発音の違いを解説しますので、ぜひご覧ください。

 

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE! ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。 最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能! 20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。 体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

 

アメリカ英語とイギリス英語の発音の違い

それでは早速、アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いを見ていきましょう。

“t”の発音

その違いの1点目として、”t”の発音があります。例えば、”water”という単語を考えてみます。
イギリス英語においては”t”をしっかりと発音するのが一般的です。

一方でアメリカ英語では”t”をしっかりと発音せず、「ウォラ」と発音するのが普通です。このように”t”をしっかりと発音せず、はじいて発音することを「はじき音化」といいます。所謂 flappingです。

特に単語の途中で出てくる”t”については、アメリカ人は”d”に近い音で発音します。

”a”の発音

その違いの2点目として、”a”の発音があります。単語中の“a”をイギリス人が発音するときはそのまま「ア」と発音しますが、アメリカ人は「エィ」と発音します。

例えば、”tomato”を考えてみます。イギリス英語ではそのまま「トマト」と発音しますが、アメリカ英語では「トメィトゥ」と発音します。

ただし“a”の発音についてこのような違いがありますが、アメリカ英語において必ずしも「エィ」と発音しないことには注意しましょう。

例えば”example”に関しては”a”を「アップルのア」で発音します。

”r”の発音

その違いの3点目として、”r”の発音があります。イギリス英語では“r”のうしろに子音が続く以外では、発音されないことが普通です。

一方でアメリカ英語ではしっかりと発音するのが一般的です。この際、舌を巻くようにして発音します。
例えば、”more”という単語を見てみましょう。

イギリス英語ではこれを「モー/mɔː/」と発音しますが、アメリカ英語では「モアー/mɔːr/」と発音します。

”o”の発音

その違いの4点目について、”o”の発音があります。イギリス英語では”o”をそのまま「オ」と発音しますが、アメリカ英語では「ア」と発音します。例えば、”body”の発音を考えてみます。イギリス英語では「ボディ」と発音しますが、アメリカ英語では「バディ」と発音します。

なぜイギリス英語とアメリカ英語とで発音が異なるのか

以上のように、イギリス英語とアメリカ英語の発音には大きな違いがあります。なぜ同じ言語であるのに、こうも異なるのでしょうか。その理由について見ていきたいと思います。

アメリカ英語は独立精神の現れである

考えられる理由の1点目として、アメリカの「独立精神」の精神の現れが考えられます。アメリカの歴史を振り返ると、イギリスからの独立を機にアメリカは独自の発展を遂げることとなります。

もともと英語はイギリスで生まれた言語ですから、当時のアメリカにおいてはイギリスで話されている英語をそのまま受容するのに抵抗があったはずです。

そのようなイギリスへの思いから、アメリカ英語は独自に発展していくこととなるのです。それが現在に至るまで受け継がれています。

イギリスにおいても独自に英語が発展を遂げる

アメリカ英語が独自に発展していったことは説明しましたが、イギリス英語においても独自の発達が遂げられました。そもそも英語はフランス語などの他の言語を取り入れながら発展していったという経緯があります。

アメリカが独立した以降は、イギリスにおいてはフランス語からの影響を大きく受けながら英語が発展していきました。これもイギリスとアメリカの両国における英語の違いを生み出したものと考えることができるでしょう。

まとめ:アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いについて

いかがでしたか?
今回はアメリカ英語とイギリス英語の発音の違いを解説しました。
・”a”や”t”などにおいて、アメリカ英語とイギリス英語で発音の違いが見られる
・両国の歴史的背景や文化的背景によってそれぞれで独自に英語が発達し、違いが見られるようになった
が今回のポイントでした。英語の発音マスターしたいといった場合には、イギリス英語とアメリカ英語のどちらの英語発音を学びたいかを決めましょう。

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

世界の国名を英語で発音してみよう!

英語の発音を上達したい方必見!効果的な練習方法を一挙紹介

英語の発音はオンラインで矯正できる?発音矯正で英語スキルに自信を持とう

Discovering Soundsで「特許」を取得しました!

アメリカ合衆国の有名な20州を発音してみよう!

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み