英語お役立ち情報English Pronunciation Column

英語の/t/の発音は5種類ある!ー”Strong-t”とは?

皆さん、こんにちは。

Discovering Soundsです!

今日は「英語の/t/の発音は5種類ある!ー”Strong-t”とは?」の内容について紹介したいと思います。

英語の/t/の発音は、実は5種類もあるんです!

本記事では、英語の/t/の発音の中でも、「Strong-t」についてご紹介します。

DSCOVERING NATIVE

3DCGとAIの技術を用いた体験型英語発音矯正アプリ、DISCOVERING NATIVE!
ブラウザ上で動くので、パソコンやスマホなどお手もちのデバイスでサクサク学習できます。

最新の技術を詰め込んだ英語発音矯正アプリが、今なら1ヵ月無料のトライアル可能!
20秒ですぐに始められて、クレジットカード登録も不要です。

体験型英語発音矯正アプリDISCOVERING NATIVEはコチラ

英語の/t/の発音の種類

英語の/t/の発音は実は色々種類がありますが、英語学習初心者は、英語の/t/を全部舌でしっかり弾いて取りがちになります。

単語や熟語によっては、発音方法を変えなくてはいけないということを今日はご紹介したいと思います。

まず、/t/の発音の種類には以下の5種類があります。

① Strong-t

② Soft-t

③ Silent-t

④ Stop-t

⑤ Glottal-t / Glottal Stop

今日は、①のStrong-tにフォーカスしてご紹介したいと思います。

 

Strong-tとは?

“Strong-t”は、/t/の発音がより明確に発音されるものとして記述される用語です。

英語では、Strong-tの音は、舌を弾いて、空気を破裂させることで一般的に生成されます。

当校ではStrong-tの音は、中舌を歯茎寄りの硬口蓋につけて、それを弾くことで生成されます。当校の「中舌ぶりっじ体操」という、以下の筋トレエクササイズの動画をご覧ください。

英語のStrong-tの音の出現は、話されている単語、話者のアクセントなどいくつかの要因があります。

Strong-tの発音が起こる主な条件は次のとおりです。

  1. アクセントのある音節: Strong-tの音は、単語のアクセントのある音節で、より明確に発音されます。

  2. 発話の文脈: Strong-tの音は、明確で慎重な方法で話す場合や、正式なスピーチをする場合などの特定の発話文脈でも、より明確に発音されることがあります。

全体として、英語のStrong-tの音はこれらの要因の組み合わせによって生成されます。その発生の条件は、話者によって異なり、状況によっても異なります。

では、どのような単語があるか見てみましょう。

 

Strong-tの単語例

上記の1にアクセントのある音節はStrong-tになるとありますが、その場合の単語例を見てみましょう。

まず語頭に/t/でその音節にアクセントがある単語です。この場合はStrong-tになります。

  1. talk
  2. talent
  3. tape
  4. task
  5. taste
  6. tent
  7. test
  8. taxi
  9. tell
  10. tent
  11. text
  12. time
  13. tip
  14. tin
  15. tire
  16. tissue
  17. toast
  18. tone
  19. table

次に語中の/t/でその音節にアクセントがくる単語を見てみましょう。

  1. Italian
  2. state
  3. content
  4. to protest
  5. stable
  6. presentation
  7. hotel
  8. container
  9. attract
  10. testament
  11. intent
  12. standard
  13. staff
  14. entertainment
  15. understand

語中の/t/の音節にアクセントは来ませんが、/t/を通常通り弾いて取る単語を見てみましょう。

  1. actor
  2. artist
  3. contest
  4. contract
  5. counter
  6. restaurant
  7. instrument
  8. consultant
  9. dentist
  10. habitat
  11. distance

ご紹介したこれらの/t/は、全て、舌を弾いてとる/t/の発音になります。

 

まとめ:英語の/t/の発音は5種類ある!ー”Strong-t”とは?

今回は、「英語の/t/の発音は5種類ある!ー”Strong-t”とは?」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?/t/の発音は1つだけではないのですね。

皆さんも/t/の発音の習得に、まずしっかり弾いて取る/t/から練習してみましょう。

 

英語の発音を習得したいとお考えの方は、Discovering Soundsのレッスンがおすすめです。

少しでも興味のある方は、お気軽に体験レッスンにお申し込みください。


関連記事はこちら

「That’s all」と「That’s it」の違いは?「以上です」の英語表現について

英語発音スキルをアップさせる勉強法を徹底解説

英語学習の次のステップ!略語・スラングを使いこなそう

英語が全くできない超初心者必見!自分に合った学習方法を見つけよう

海外で悪い意味のハンドサイン!やってはいけないコルナサインなど

お気軽にお申し込みください!

60分体験レッスンのお申し込み